好意同乗・無償同乗の場合の損害賠償請求

友人の運転する車に乗せてもらっていたとき、その友人の過失で交通事故を起こしてしまい、私も負傷しました。

 

友人の保険会社から、治療費や慰謝料は出るのでしょうか。

 

好意同乗・無償同乗であっても、交通事故で負傷した同乗者は、運転者に対して損害賠償を請求できます。

 

好意で乗せてくれた友人に賠償請求するのは、気が引けるかもしれませんが、そういう気遣いは不要です。運転者に損害賠償請求するというのは、運転者の加入している自動車保険に保険金の支払いを請求することだからです。

 

遠慮して請求しないのは、保険会社の思う壺です。相手が友人でも気兼ねなく賠償請求して、しっかりと保険会社から賠償金の支払いを受けてください。

 

その際、注意すべきことが1つあります。保険会社は好意・無償同乗に付け込んで、自賠責保険レベルの低い賠償金額しか提示しません。あなたが本来受け取れる正当な賠償金を得るには、弁護士に相談することをおすすめします。

 

同乗者の損害賠償請求
  1. 好意・無償同乗者は、運転者に損害賠償請求することで、保険会社から賠償金の支払いを受けられます。
  2. 同乗者に過失がある場合は、過失相殺により賠償金額が減額されます。

 

弁護士法人・響

詳しい解説

同乗者は、運転者に損害賠償請求できる

好意で車に乗せてもらいながら、いざ事故が起きたら損害賠償を請求することに、疑問を感じる方もいるでしょう。

 

かつては、好意同乗・無償同乗という理由だけで賠償金額が減額されていましたが、最近は、好意・無償同乗という理由で賠償金額を減額されることはありません。

 

ただし、運転者と同乗者との関係によっては、同乗者が保険会社から損害賠償金の支払いを受けられないことがあります。

同乗者に保険会社から「賠償金が支払われない」ケースとは

同乗車両の運転者の過失で交通事故が発生し、同乗者が負傷したにもかかわらず、保険会社から同乗者に賠償金(保険金)が支払われないのは、おもに2つのケースがあります。

 

同乗者が運行供用者の場合は、自賠責保険が支払われない

1つは、同乗者が運行供用者にあたる場合です。運行供用者というのは、その車の所有者や運行支配者です。この場合は、自賠責保険が支払われません。

 

自動車損害賠償保障法(自賠法)は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」(第3条)と定めています。

 

自賠法では、運行供用者以外は全て他人で、他人を死傷させたときは損害賠償の責任を負います。

 

したがって、同乗者が運行供用者でない限り、自賠責保険から保険金が支払われますが、運行供用者にあたる場合は支払われません。

 

同乗者が運転者の家族の場合は、対人賠償保険が支払われない

もう1つは、同乗者が運転者の家族の場合です。こちらは、任意保険の対人賠償保険が支払われません。被保険者の家族は、対人賠償保険の免責事由にあたるからです。

 

ただし、対人賠償保険が支払われないとしても、人身傷害保険や搭乗者保険でカバーできます。

 

なお、自賠責保険は、同乗者が家族であっても、運行供用者でない限り、保険金が支払われます。

同乗者に過失があるときは減額される

最近は、好意同乗・無償同乗という理由で、賠償金額が減額されることはありませんが、同乗者に過失があるときは、賠償金額が過失相殺により減額されます。

 

例えば、運転者が飲酒していることを知りながら同乗した場合や、スピード違反を煽って事故を誘発したような場合です。

 

同乗者に、事故発生の原因となる行為があったか、賠償金を減額すべき理由があるか、個別具体的に判断されます。

 

好意同乗・無償同乗の過失相殺について詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

好意同乗・無償同乗であっても、交通事故で負傷した同乗者は、運転者に対して損害賠償を請求できます。つまり、運転者の加入する保険会社から、賠償金(保険金)を受け取ることができます。

 

ただし、同乗者に過失がある場合は、賠償金額が減額されることがあります。

 

保険会社が提示する賠償額は、あなたが本来受け取ることができる賠償金額に比べるとはるかに低額です。正当な賠償金額を得るには、交通事故に強い弁護士に相談することをおすすめします。

 

弁護士法人・響

 

参考文献

・『交通事故の法律相談Q&A』法学書院 77~79ページ
・『交通事故の法律知識』自由国民社 12ページ
・『新版 交通事故の法律相談』学陽書房 278ページ

関連ページ

交通事故で夫が死亡したとき損害賠償請求権は誰にあるのか
交通事故で夫が死亡したとき損害賠償請求をできるのは、原則として死亡した被害者の相続人です。誰が相続人になるかは民法の規定によります。相続人になれない場合でも近親者には固有の慰謝料請求権があります。
交通事故で夫が死亡したとき胎児に損害賠償請求権はあるか
交通事故で夫が死亡したとき、損害賠償債権が相続人に相続されるので、死亡した被害者の妻のお腹の中の子ども(胎児)の損害賠償請求権が問題になることがあります。
交通事故で内縁関係の夫が死亡したとき内縁の妻の損害賠償請求権
内縁関係の夫が交通事故で死亡したとき、内縁の妻は相続人にはなれないので死亡した被害者本人の損害賠償請求権を相続することはできませんが、近親者として固有の慰謝料などを請求することができます。
未成年者の交通事故は親権者・未成年後見人が法定代理人として交渉
未成年者が交通事故の被害に遭ったとき、損害賠償請求や示談交渉は、親権者である父母が法定代理人として行います。親権者が両親ともいない場合は、未成年後見人を家庭裁判所に選任してもらいます。
交通事故で植物状態(遷延性意識障害)になったときの損害賠償請求
交通事故で被害者が植物状態8遷延性意識障害)になり、被害者本人が損害賠償請求をできない場合は、成年後見人が法定代理人として、示談交渉や損害賠償請求を行います。