運行供用者と運行供用者責任

自賠法(自動車損害賠償保障法)は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」と定めています。これが、運行供用者責任です。

 

このように自賠法は、運行供用者責任を規定しているものの、「自己のために自動車を運行の用に供する者(運行供用者)」とは、どういう者か、自賠法に定義規定がありません。

 

運行供用者責任をめぐる争いは、たいてい、「運行によって」発生した事故であるかということと、運行供用者の範囲に関するものです。

 

ここでは、運行供用者責任についてまとめています。

自動車事故における運行供用者責任記事一覧

自賠法(自動車損害賠償保障法)は、運行供用者に損害賠償責任があることを定めていますが、運行供用者の定義規定はありません。自賠法に定義規定があるのは、保有者と運転者です。ここでは、運行供用者・保有者・運転者の関係と違いについて見てみましょう。

人身事故の損害賠償請求は、自賠法(自動車損害賠償保障法)3条にもとづき、運行供用者に対して行うのが一般的です。そのためには、誰が運行供用者か、を判断しなければいけません。たいていは、自動車の保有者が運行供用者に当たりますが、そうでない場合もあります。運行供用者をどう判断するのか、その判断基準を見ていきましょう。