運行供用者と運行供用者責任

自賠法(自動車損害賠償保障法)は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」と定めています。これが、運行供用者責任です。

 

このように自賠法は、運行供用者責任を規定しているものの、「自己のために自動車を運行の用に供する者(運行供用者)」とは、どういう者か、自賠法に定義規定がありません。

 

運行供用者責任をめぐる争いは、たいてい、「運行によって」発生した事故であるかということと、運行供用者の範囲に関するものです。

 

ここでは、運行供用者責任についてまとめています。

ページの先頭へ戻る