交通事故における共同不法行為の過失相殺

交通事故により生じた損害に複数の加害者が関与している場合、その不法行為が客観的に見て一体と認められ、それぞれの不法行為と結果との間に相当因果関係が認められるときは、共同不法行為が成立します(民法719条1項)

 

このとき、発生した損害に被害者にも過失がある場合は、損害賠償額を定めるにあたって、過失相殺が行われます。

 

ここでは、共同不法行為の過失相殺について見ていきます。

交通事故における共同不法行為の過失割合と過失相殺記事一覧

共同不法行為が成立するときの過失相殺には、「絶対的過失相殺」と「相対的過失相殺」という2つの方法があります。絶対的過失相殺の方法を採用するか、相対的過失相殺の方法を採用するかは、共同不法行為の内容によります。ここでは、共同不法行為がどんなものかを簡単に見たうえで、絶対的過失相殺と相対的過失相殺の特徴と違い、それぞれどんな事故に適用されるのか説明します。目次共同不法行為と過失相殺「絶対的過失相殺」と...

交通事故と医療過誤が競合する事案は、従来、分割責任の考え方を採用する傾向がありましたが、平成13年3月13日に最高裁は、共同不法行為の成立を肯定し、連帯責任となる判決を出しました。同時に、交通事故と医療過誤の共同不法行為が成立するときの過失相殺については、相対的過失相殺の方法を採用することも判示しました。目次最高裁判例(平成13年3月13日)のポイント平成13年の最高裁判例は、どんな事案か共同不法...

複数の車両が関与して交通事故が発生した場合、多くは共同不法行為が成立し、各加害者が連帯して全損害を賠償する責任を負います(民法719条1項)。共同不法行為で被害者にも過失があるときには、過失相殺が行われますが、その際、絶対的過失割合を認定できるときは、絶対的過失相殺の方法により過失相殺します。これを判示したのが、平成15年7月11日の最高裁判決です。目次最高裁判例(平成15年7月11日)のポイント...