交通事故被害者が知っておきたい賠償請求の基本

自動車損害賠償保障法(自賠法)が制定されたのは1955年。それまで、交通事故の損害賠償に適用される法律は民法だけでした。すなわち、不法行為による損害賠償について規定した民法709条と、使用者責任について規定した民法715条などです。

 

民法の規定にもとづき被害者が加害者に損害賠償請求するためには、加害者に過失があったこと、どれだけの損害を被ったかを被害者側が証明しなければなりませんでした。

 

しかし、「加害者に過失があったことの証明」は、相手のことだけに困難をともないました。

 

損害賠償請求で被害者がすることは損害額の算定とその証明

自動車に乗る人が増え、交通事故も増加したことから、自動車事故にともなう損害賠償において被害者を保護する必要に迫られ、自賠法の制定に至ったのです。

 

立証責任の転換

自賠法の制定により、自動車事故に関して、加害者に過失があったことを被害者が証明する必要がなくなり、逆に、加害者が自分に過失がなかったこと(無過失)を証明しない限り、加害者に過失があったとみなされることになりました。「立証責任の転換」といわれます。

 

ただし、被害者が被った損害額の証明は、被害者側が行う必要があります。

 

なお、自賠法が適用されるのは人身事故だけです。物損事故の場合は、民法の規定が適用され、加害者の過失を被害者が証明しなければなりません。

 

つまり、人身事故の場合、損害賠償請求するにあたって被害者側がしなければならないことは、「損害額の算定とその証明」につきます。

 

賠償請求できる損害

賠償請求できる損害には、積極損害・消極損害・慰謝料があり、このうち積極損害と慰謝料は、ほぼ定額化・基準化されていますから、被害者にとって一番大事なのは消極損害(休業損害・逸失利益)の算定ということになります。

 

また、賠償額の算定には、自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準があります。保険会社が提示する賠償金(示談金)は、低い自賠責保険や任意保険の基準で算定しますが、被害者側は高い裁判所基準で算定し、保険会社と示談交渉に臨む必要があります。

 

ここでは、損害賠償請求にあたって、交通事故被害者が知っておきたい基本知識をまとめています。

交通事故損害賠償請求の基礎知識記事一覧

dummy
交通事故損害賠償請求権の法律根拠は?民法709条と自賠法3条

交通事故の損害賠償請求権は、民法709条の「不法行為責任」と、自賠法(自動車損害賠償保障法)3条の「運行供用者責任」に規定されています。このほか、監督義務者責任(民法714条)や使用者責任(民法715条)などがあり、それぞれの法律上の規定に基づき、損害賠償を請求することができます。ここでは、民法にもとづく損害賠償請求と、自賠法に基づく損害賠償請求の違いについて、見ていきましょう。

Read More
dummy
交通事故で損害賠償請求できる相手方は誰か|加害者の責任原因

Point交通事故で損害賠償義務を負うのは、運転者だけとは限りません。加害車両の保有者、相手が業務上の事故なら会社、未成年者なら両親なども賠償義務者になります。加害車両に任意保険が付いていない場合は、賠償資力の有無が問題になりますから、誰を相手に損害賠償請求するかが重要になります。賠償義務者は「責任原因」により異なる交通事故による賠償責任については、民法、自動車損害賠償保障法(自賠法)で定められて...

Read More
dummy
交通事故で賠償請求できる損害|積極損害・消極損害・慰謝料

Point交通事故で賠償請求できる損害項目は、大きく分けて3種類。積極損害・消極損害・慰謝料の3つです。賠償請求する額は、これらを積算した額です。損害の費目は、傷害事故、後遺傷害事故、死亡事故、物損事故によって異なります。交通事故で賠償請求できる損害には、大きく「財産的損害」と「精神的損害」があります。財産的損害には「積極損害」と「消極損害」があり、精神的損害は「慰謝料」です。つまり、交通事故で賠...

Read More
dummy
交通事故の損害賠償額算定基準|自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準

Point交通事故の損害賠償額算定基準には、自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準(弁護士会基準)の3種類があります。被害者は、損害額が最も高く算定できる裁判所基準で算定し、加害者(保険会社)と交渉する必要があります。弁護士に依頼すると、裁判所基準で損害賠償額を算定し、保険会社と交渉してもらえます。だから、弁護士に頼むと損害賠償金を増額できるのです。3つの損害賠償額算定基準任意保険会社が最初に提...

Read More
dummy
交通事故で自賠責保険に被害者請求した方が得する4つのケース

交通事故により受傷したときの損害賠償請求は、通常、加害者側の任意保険会社との示談交渉となりますから、相手方の自賠責保険に直接請求するケースは、それほど多くはありません。とはいえ、自賠責保険に直接請求した方がよい場合(直接請求すべき場合、直接請求した方が得する場合)があります。ここでは、4つのケースをご紹介します。自賠責保険に被害者請求した方がよいケース加害者が任意保険に未加入だった場合示談交渉が長...

Read More
dummy
自賠責保険への被害者直接請求権は健康保険・労災保険の求償権に優先

交通事故で被害者が健康保険や労災保険から給付を受けても、なお損害を填補できないときは、自賠責保険に直接請求することができます。この場合、自賠責保険に対する「被害者の直接請求権」と「社会保険者の求償権」が競合することがあります。かつては、自賠責保険会社が、請求額に応じて按分して支払っていましたが、公的医療保険と労災保険について最高裁の判決が出そろい、被害者の直接請求権が保険者の求償権に優先することが...

Read More
dummy
健保一括とは?自賠一括・対人一括・人傷一括との違いと注意点

人身事故の場合は、任意保険会社が、自賠責保険分を含め、保険金(損害賠償額)を一括払いするのが一般的です。任意保険会社による一括払いには、「対人一括」「人傷一括」「健保一括」の3つの一括払いがあります。この3つの一括払いの違いと、一括払いを利用するときの注意点を解説します。特に「健保一括払い」は、病院側とトラブルになりやすいので注意が必要です。

Read More
健康保険の一部負担金の一括払い(健保一括)は本当に違法?

交通事故の治療に健康保険や国民健康保険を使用するときは、診療のたびに窓口で一部負担金(自己負担分)を支払わなければなりません。この一部負担金を任意保険会社による一括払いにすることは、「健保使用一括払い」または「健保一括払い」と呼ばれ、病院側から断られます。一部負担金についての健康保険法や国民健康保険法の規定に違反するから、というのが理由です。「健保使用一括払い」は、本当にできないのでしょうか?

Read More
dummy
保険会社の示談代行は、なぜ弁護士法違反・非弁活動にならないのか?

今の任意自動車保険(対人・対物賠償責任保険)には、通常、示談代行サービスが付いていますから、被害者は、加害者側の任意保険会社の担当者と示談交渉するのが一般的です。でも、弁護士でない保険会社の担当者が、加害者の代理人として示談交渉することが、なぜ非弁活動(弁護士法72条違反)とならないのか、不思議に思いませんか?実は、被害者の迅速・公平な救済の観点から、保険会社と日弁連との間で協議を重ね、こうすれば...

Read More
もらい事故は保険会社が示談交渉を代行できない理由とは?

任意自動車保険(対人・対物賠償責任保険)には、通常、保険会社による示談代行サービスが付いています。ところが、もらい事故だと、保険会社は示談交渉をしてくれません。というか、保険会社は示談代行できません。もらい事故の場合には、なぜ保険会社は示談代行できないのか、その場合、正当な損害賠償を受けるには、どうすればよいのか、ご紹介します。

Read More
示談代行
保険会社同士が示談代行により示談交渉するメリット・デメリット

自動車同士の衝突事故で、双方に過失責任(不法行為責任)がある場合は、どちらのドライバーも任意保険の示談代行サービスを受けることができ、保険会社同士の示談交渉により解決することが可能です。ただし、人身損害を被った被害者にとっては、保険会社同士の示談交渉にはリスクがありますから、注意が必要です。

Read More
dummy
自動車同士の事故で相互の損害賠償請求権の相殺は可能か?

民法509条の改正(2020年4月1日施行)により、不法行為に基づく損害賠償請求権(不法行為債権)を受働債権とする相殺が一部可能となりました。それ以前は、自動車同士の事故で相互に生じた損害賠償請求権は、相殺が一律に禁止でした。民法改正で、これがどう変わったのか、詳しく見ていきましょう。

Read More
dummy
幼児や小さな子供の交通事故による逸失利益も損害賠償請求できる

Point幼児や小学生・中学生が交通事故に遭い、後遺症(後遺障害)が残ったり、死亡したとき、逸失利益を賠償請求できます。子どもの逸失利益は、統計上の平均賃金をベースに、原則18歳から67歳までを就労可能年数として算定します。幼児・小中学生が被害者の場合も逸失利益を請求できる子どもが交通事故の被害に遭い、重い後遺障害が残ったりしたら、子どもの将来が心配なものです。普通に働いて収入を得ることが難しくな...

Read More
dummy
交通事故の逸失利益算定方式についての「三庁共同提言」

東京地裁・大阪地裁・名古屋地裁の民事交通部が、「交通事故による逸失利益の算定方式についての共同提言」(1999年(平成11年)11月22日)を発表しました。これを「三庁共同提言」と呼びます。三庁共同提言が発表されて以降、全国の地方裁判所における逸失利益の算定は、おおむね共同提言の内容に沿って行われています。三庁共同提言が発表された背景、共同提言の内容について、見ていきましょう。

Read More
dummy
後遺障害の労働能力喪失率|自賠責保険の労働能力喪失率表と問題点

Point自賠責保険の支払基準において、後遺障害等級に対応する労働能力喪失率が決められています。通常は、これを用いて逸失利益を算定します。裁判では、自賠責保険の労働能力喪失率が被害者の実情に照らして不適切な場合、修正されることがあります。労働能力喪失率とは?交通事故の後遺症により、労働能力が低下した割合を「労働能力喪失率」といいます。自賠責保険の支払基準では、後遺障害の等級に対応して労働能力喪失率...

Read More
dummy
民法改正で法定利率3%へ!交通事故損害賠償額の逸失利益が増える

民法の一部を改正する法律の施行(2020年4月1日)により、法定利率が年5%から年3%となります。加えて、法定利率を3年ごとに1%刻みで見直す変動制が導入されました。法定利率の引き下げにより、交通事故の損害賠償額が従来より増えるケースがあります。損害賠償額の計算がどう変わるのか、見ていきましょう。なお、新しい法定利率が適用されるのは、2020年4月1日以降に発生した事故からです。2020年3月31...

Read More
dummy
交通事故の損害賠償責任者

交通事故で損害賠償請求できる相手方は、加害車両の運転者(直接の加害者)だけとは限りません。直接の加害者以外の者に対しても損害賠償請求できる場合がります。例えば、相手が会社の業務で車を運転していて起こした事故なら、雇用主(使用者)に対して、損害賠償請求することもできます。人身事故の場合は、民法だけでなく自賠法(自動車安全保障法)にもとづき、運行供用者に対して賠償請求することもできます。誰に損害賠償請...

Read More
dummy
自動車事故における運行供用者責任と運行起因性

自賠法(自動車損害賠償保障法)は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」と定めています。これが、運行供用者責任です。このように自賠法は、運行供用者責任を規定しているものの、「自己のために自動車を運行の用に供する者(運行供用者)」とは、どういう者か、自賠法に定義規定がありません。運行供用者責任をめぐ...

Read More
dummy
交通事故で後遺症・後遺障害が残ったときの損害賠償請求

交通事故で後遺症が残った場合の損害賠償請求は、後遺障害等級の認定を受けることが必用です。たんに「後遺症が残ったから」というだけでは、損害賠償請求は認められません。後遺障害等級は、状態に応じて1級から14級、さらに重度で要介護の1級と2級の等級があります。基本的に、認定された後遺障害等級に応じて損害賠償額が決まります。後遺障害の等級認定をするのは、損害保険料率算出機構です。相手方保険会社が等級認定を...

Read More
dummy
交通事故の損害賠償請求権・被害者請求権の消滅時効

交通事故で発生した損害の賠償請求などの請求権には、次の3つがあります。加害者に対する損害賠償請求権(民法709条・自賠法3条)自賠責保険に対する被害者請求権(自賠法16条1項・同17条1項)政府保障事業に対する填補金請求権(自賠法72条1項)これらの請求権には、時効がありますから、注意が必要です。

Read More
ページの先頭へ戻る