交通事故被害者が知っておきたい賠償請求の基本

古い話になりますが、自動車損害賠償保障法(自賠法)が制定されたのは1955年。それまで、交通事故の損害賠償に適用される法律は民法だけでした。すなわち、不法行為による損害賠償について規定した民法709条と、使用者責任について規定した民法715条などです。

 

民法の規定にもとづき被害者が加害者に損害賠償請求するためには、加害者に過失があったこと、どれだけの損害を被ったかを被害者側が証明しなければなりませんでした。

 

しかし、「加害者に過失があったことの証明」は、相手のことだけに困難をともないました。

 

損害賠償請求で被害者がすることは損害額の算定とその証明

自動車に乗る人が増え、交通事故も増加したことから、自動車事故にともなう損害賠償において被害者を保護する必要に迫られ、自賠法の制定に至ったのです。

 

立証責任の転換

自賠法の制定により、自動車事故に関して、加害者に過失があったことを被害者が証明する必要がなくなり、逆に、加害者が自分に過失がなかったこと(無過失)を証明しない限り、加害者に過失があったとみなされることになりました。「立証責任の転換」といわれます。

 

ただし、被害者が被った損害額の証明は、被害者側が行う必要があります。

 

なお、自賠法が適用されるのは人身事故だけです。物損事故の場合は、民法の規定が適用され、加害者の過失を被害者が証明しなければなりません。

 

つまり、人身事故の場合、損害賠償請求するにあたって被害者側がしなければならないことは、「損害額の算定とその証明」につきます。

 

賠償請求できる損害

賠償請求できる損害には、積極損害・消極損害・慰謝料があり、このうち積極損害と慰謝料は、ほぼ定額化・基準化されていますから、被害者にとって一番大事なのは消極損害(休業損害・逸失利益)の算定ということになります。

 

また、賠償額の算定には、自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準があります。保険会社が提示する賠償金(示談金)は、低い自賠責保険や任意保険の基準で算定しますが、被害者側は高い裁判所基準で算定し、保険会社と示談交渉に臨む必要があります。

 

ここでは、損害賠償請求にあたって、交通事故被害者が知っておきたい基本知識をまとめています。

交通事故損害賠償請求の基礎知識記事一覧

交通事故(人身事故・物損事故)の損害賠償に共通して適用されるのは、民法第709条(不法行為責任)と第715条(使用者責任)です。特に、自動車の運行による人身事故の損害賠償責任については、自賠法(自動車損害賠償保障法)第3条(運行供用者責任)を適用できます。道路など公の営造物の設置・管理の瑕疵(欠陥)により事故が発生した場合は、国家賠償法第2条(営造物責任)を適用できます。ここでは、民法709条「不...

Point交通事故で損害賠償義務を負うのは、運転者だけとは限りません。加害車両の保有者、相手が業務上の事故なら会社、未成年者なら両親なども賠償義務者になります。加害車両に任意保険が付いていない場合は、賠償資力の有無が問題になりますから、誰を相手に損害賠償請求するかが重要になります。賠償義務者は「責任原因」により異なる交通事故による賠償責任については、民法、自動車損害賠償保障法(自賠法)で定められて...

Point交通事故で賠償請求できる損害項目は、大きく分けて3種類。積極損害・消極損害・慰謝料の3つです。賠償請求する額は、これらを積算した額です。損害の費目は、傷害事故、後遺傷害事故、死亡事故、物損事故によって異なります。交通事故で賠償請求できる損害には、大きく「財産的損害」と「精神的損害」があります。財産的損害には「積極損害」と「消極損害」があり、精神的損害は「慰謝料」です。つまり、交通事故で賠...

Point交通事故の損害賠償額算定基準には、自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準(弁護士会基準)の3種類があります。被害者は、損害額が最も高く算定できる裁判所基準で算定し、加害者(保険会社)と交渉する必要があります。弁護士に依頼すると、裁判所基準で損害賠償額を算定し、保険会社と交渉してもらえます。だから、弁護士に頼むと損害賠償金を増額できるのです。3つの損害賠償額算定基準任意保険会社が最初に提...

Point通常は、加害者側の任意保険会社とのやり取りとなり、相手方の自賠責保険に直接請求するケースは、それほどありません。しかし、自賠責保険に「被害者請求しなければならないケース」や「被害者請求した方が有利なケース」があります。交通事故の被害者が、相手方の自賠責保険に被害者請求(直接請求)した方がよいケースは、おもに3つあります。被害者請求した方がよい3つのケース加害者が任意保険に加入していない場...

交通事故で被害者が健康保険や労災保険から給付を受けても、なお損害を填補できないときは、自賠責保険に直接請求することができます。この場合、自賠責保険に対する「被害者の直接請求権」と「社会保険者の求償権」が競合することがあります。かつては、自賠責保険会社が、請求額に応じて按分して支払っていましたが、公的医療保険と労災保険について最高裁の判決が出そろい、被害者の直接請求権が保険者の求償権に優先することが...

Point一括払い制度とは、任意保険会社が自賠責保険部分も一括して賠償金(保険金)の支払う仕組みです。自賠責保険と任意保険と別々に請求する必要はありません。ただし、この場合、任意保険会社との示談が成立するまで、自賠責保険金も受け取れません。被害者が自賠責保険に直接請求するときは、一括払いを解除する必要があります。一括払い制度では、任意保険会社は、対人賠償保険からの支払額を算定する前に、自賠責保険の...

Point幼児や小学生・中学生が交通事故に遭い、後遺症(後遺障害)が残ったり、死亡したとき、逸失利益を賠償請求できます。子どもの逸失利益は、統計上の平均賃金をベースに、原則18歳から67歳までを就労可能年数として算定します。幼児・小中学生が被害者の場合も逸失利益を請求できる子どもが交通事故の被害に遭い、重い後遺障害が残ったりしたら、子どもの将来が心配なものです。普通に働いて収入を得ることが難しくな...

東京地裁・大阪地裁・名古屋地裁の民事交通部が、「交通事故による逸失利益の算定方式についての共同提言」(1999年(平成11年)11月22日)を発表しました。これを「三庁共同提言」と呼びます。三庁共同提言が発表されて以降、全国の地方裁判所における逸失利益の算定は、おおむね共同提言の内容に沿って行われています。三庁共同提言が発表された背景、共同提言の内容について、見ていきましょう。

逸失利益の計算では、中間利息を控除します。中間利息とは何か、なぜ中間利息を控除するのか、中間利息控除して逸失利益を計算する方法について、見ていきましょう。

Point自賠責保険の支払基準において、後遺障害等級に対応する労働能力喪失率が決められています。通常は、これを用いて逸失利益を算定します。裁判では、自賠責保険の労働能力喪失率が被害者の実情に照らして不適切な場合、修正されることがあります。労働能力喪失率とは?交通事故の後遺症により、労働能力が低下した割合を「労働能力喪失率」といいます。自賠責保険の支払基準では、後遺障害の等級に対応して労働能力喪失率...

民法が改正され(2017年5月26日)、民事法定利率が、年5%から年3%に引き下げられました。しかも、3年ごとに1%刻みで見直す変動制を導入しました。2020年4月1日に施行されます。「民法改正で法定利率が引き下げられたから、損害賠償額が増えますよ」――こんなふうに、相談した弁護士から言われる日がやってきます。

交通事故の損害賠償請求は、被害者本人が、加害者や保険会社に行うのが原則です。しかし、被害者が死亡した場合や重傷の場合、あるいは被害者が未成年の場合は、被害者本人が損害賠償請求することはできません。よくある事故のケースごとに、損害賠償請求権が誰にあるのか、具体的に見ていきます。

自賠法(自動車損害賠償保障法)は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」と定めています。これが、運行供用者責任です。このように自賠法は、運行供用者責任を規定しているものの、「自己のために自動車を運行の用に供する者(運行供用者)」とは、どういう者か、自賠法に定義規定がありません。運行供用者責任をめぐ...

交通事故で後遺症が残った場合の損害賠償請求には、後遺障害等級の認定を受けることが必用です。たんに「後遺症が残ったから」というだけでは、賠償請求は認められません。後遺障害の等級には、状態に応じて1級から14級、さらに重度で要介護の1級と2級の等級があります。基本的に、認定された後遺障害の等級に応じて、損害賠償額が決まります。交通事故で後遺症が残った場合は、必ず後遺障害等級の認定手続きをしておきましょ...

交通事故で損害を被った場合に、その損害の賠償などを求めて請求できる請求権には、次の3つがあります。加害者に対する損害賠償請求権(民法709条・自賠法3条)自賠責保険に対する被害者請求権(自賠法16条1項・同17条1項)政府保障事業に対する填補金請求権(自賠法72条1項)これらの請求権は、いずれも3年で時効により消滅しますから、注意が必要です。いつから時効が進行するかは、事故による損害(傷害・後遺障...