交通事故の治療で注意すべきポイント

交通事故の治療で注意すべきポイントは、次の3つです。

 

  • 事故後、ただちに病院を受診し、一定期間通院する
  • 労災保険・健康保険を使って治療する
  • 接骨院・整骨院は、医師の指示のもとに通院する

 

すぐに医師の診断を受け、一定期間通院する

交通事故に遭って怪我をしたとき、外傷がなくても事故により衝撃を受けたときは、その日のうち(遅くとも翌日)に病院へ行き、一定期間は通院することが大切です。

 

事故から日が経ってから病院へ行ったり、通院の間を空けてしまうと、あとから痛みやしびれが出てきたり、体調が悪くなった場合に、交通事故との因果関係の立証が困難となります。

 

交通事故の被害にあったら、すぐに医師の診断を受け、医師の指示に従って一定期間、通院することが鉄則です。

 

通院治療中に、何らかの異変があったときは、ちょっとしたことでも医師に相談してください。そのことがカルテに記載され、後で客観的な証拠となります。

 

労災保険・健康保険を使って治療する

治療費は、加害者に賠償責任がありますが、いくらでも請求が認められるわけではなく、損害賠償請求が認められるのは、必要かつ相当な金額です。

 

ですから、治療費は、できるだけ抑えるのが基本です。損害賠償を受けられない治療費は、自己負担となります。

 

特に、加害者が任意保険に未加入で賠償資力に乏しい場合や、被害者の過失割合が大きい場合は、十分な損害賠償を受けることができません。こういう場合は、労災保険または健康保険を使って、治療費の負担を抑えるのがポイントです。

 

それでは、交通事故の治療は、治療費を抑えるため、常に健康保険等を使った方が良いのかというと、そうではありません。

 

交通事故の治療に健康保険を使うことには、デメリットもあるからです。メリット・デメリットを知った上で、判断することが必要です。

 

健康保険を使う

 

労災保険を使う

 

接骨院・整骨院は、医師の指示のもとに通院する

接骨院や整骨院にかかる場合は、あらかじめ整形外科を受診し、医師の指示の下で、接骨院や整骨院に通院する必要があります。

 

医師の診断を受け、医師による治療の一環として、接骨院・整骨院での施術が行われる場合でなければ、施術費が損害として認められにくいのが現実です。

 

 

交通事故の治療で注意すべきポイント記事一覧

治療費打ち切りを保険会社から言われたときの3つの対処方法

交通事故でむち打ち症(頸椎捻挫)になり通院治療していたら、まだ治っていないのに、一方的に「治療費を打ち切られた」というケースが少なくありません。まだ痛みやしびれがあり治療を続けたいのに、保険会社から突然一方的に「治療費の打ち切り」を言われたときには、どうすればいいのでしょうか?保険会社から「治療費打ち切り」を宣告されたときの対処方法は、3つあります。医師に治療継続の必要性を証明してもらう保険診療に...

Read More
交通事故で保険会社に同意書を提出しないとどうなる?同意書の注意点

相手方の保険会社から「同意書に署名・捺印して返送してください」と同意書が送られてきたとき、あなたは、こんなふうに思いませんでしたか?「同意書なんか書くと、あとから示談交渉で不利になることはないの?」だれでも心配になるものです。ここでは、保険会社に提出する同意書がどういう性格の書類なのか、同意書を提出しないとどうなるのか、同意書提出にあたっての注意点を見ていきましょう。

Read More
交通事故は健康保険を使えない?病院が健康保険診療を嫌う本当の理由

「交通事故に健康保険は使えません!」と、病院の窓口で健康保険の使用を断られることがあります。ですが、それは間違いです。交通事故の治療は自由診療が基本ですが、患者(被害者)が希望すれば、交通事故による怪我の治療にも健康保険を使えます。ただし、交通事故に健康保険を使うことにはデメリットもあるので、それを知ったうえで健康保険を使って治療するかどうか判断することが大切です。

Read More
交通事故で健康保険や国民健康保険を使うメリット・デメリット

交通事故の治療は、自由診療が原則ですが、患者本人(交通事故の被害者)が希望すれば、健康保険や国民健康保険を使えます。ただし、健康保険や国民健康保険を使うメリットのあるケースは限られ、多くの場合、デメリットしかありません。どんな場合でも健康保険や国民健康保険を使う方が良い、というわけではありませんから、健康保険や国民健康保険を使うメリット・デメリットを検討した上で、使用を判断することが大切です。それ...

Read More
交通事故の治療で健康保険を使うべきケース・自由診療でよいケース

交通事故による怪我の治療は自由診療が原則ですが、患者(被害者)が希望すれば、健康保険を使って治療できます。国保その他の公的医療保険も同様です。健康保険を使うか、自由診療にするか、その判断のポイントと、健康保険を使って治療する方がよいケース、自由診療でよいケースについて、具体的に見ていきましょう。

Read More
交通事故で健康保険を使うと医師が後遺障害診断書を書いてくれない?

交通事故による怪我の治療に健康保険を使うと、原則として後遺障害診断書を発行してもらえません。これは、交通事故の治療に健康保険を使うデメリットの1つです。健康保険を使うと、なぜ後遺障害診断書を書けないのか、後遺障害診断書を発行してもらえないときはどうすればいいのか、わかりやすく解説します。

Read More
交通事故が業務災害・通勤災害だったときの労災保険給付・補償の内容

労働者が業務中や通勤中の交通事故で負傷したときは、労災保険を使えます。労災保険は、治療費だけでなく様々な補償を受けられます。ここでは、どんな場合に労災保険を使えるのか、どんな補償を労災保険から受けられるのか(労災保険給付の内容)について、見ていきましょう。なお、労災保険を使うメリット・デメリットはこちらをご覧ください。

Read More
交通事故で労災保険を使う?使わない?メリット・デメリット・注意点

交通事故で労災保険を使わない方がいい? と疑問に思っている方が多いようです。結論をいえば、労災保険は、使わないと損です。特に、被害者の過失割合が大きい場合は、労災保険を使うと断然有利です。ここでは、労災保険を使うメリット・デメリット、労災保険を使うときの注意点、労災保険への請求と加害者(相手方保険会社)への損害賠償請求のどちらを先にすべきか、について見ていきます。

Read More
交通事故の治療を健康保険から労災保険に変更するには?

業務中や通勤中の交通事故は、労災保険を使って治療することはできますが、健康保険は使えません。健康保険を使って治療していた場合は、労災保険に切り替えなければいけません。さもないと、あとで厄介な問題が生じます。それに、健康保険よりも労災保険の方が有利です。労災保険を使えることが分かったときは、早めに切り替えることが大切です。

Read More
過剰診療・濃厚診療・高額診療の治療費は被害者の負担になる

交通事故による怪我の治療費は、実費を加害者側(相手方の保険会社)に請求できますが、保険会社から、過剰診療・濃厚診療・高額診療として、治療費の支払いを拒否されることがありますから、注意が必要です。ここでは、過剰診療・濃厚診療・高額診療とはどんな診療のことか、交通事故診療の妥当な診療費水準とはどれくらいか、についてまとめています。

Read More
自賠責診療費算定基準(自賠責診療報酬基準)の内容と策定経緯

交通事故の治療は自由診療が原則ですが、損保会社側と医師会が合意した診療費単価があり、これを「自賠責保険診療費算定基準」(自賠責診療費算定基準)といいます。「自賠責診療報酬基準」「日医基準」「新基準」とも呼ばれます。自賠責診療費算定基準には法律による縛りはなく、交通事故患者の診療費の算定に自賠責診療費算定基準を採用するかどうかは、各医療機関の判断に任されています。ここでは、自賠責診療費算定基準がどん...

Read More
接骨院・整骨院
交通事故による捻挫や打撲で接骨院・整骨院に通う場合の注意点

交通事故で、むち打ち症になったときなど、接骨院や整骨院に通う方も多いでしょう。接骨院や整骨院の方が、整形外科よりも丁寧に診てくれるうえ、通いやすいからです。実際、接骨院や整骨院での柔道整復施術などの方が、整形外科での治療よりも効果があるという方も少なくありません。しかし、損害賠償においては、施術の効果を科学的・合理的に説明できないため、残念ながら軽視される傾向があります。医師による治療の一環として...

Read More
ページの先頭へ戻る