交通事故の治療で注意すべきポイント記事一覧

交通事故の被害に遭って治療を続けているときに、まだ痛みが残っているにもかかわらず、保険会社から突然一方的に「治療費の支払い打ち切り」を言われることがあります。特に、むち打ち症(頸椎捻挫)などは、むち打ちの程度にもよりますが、たいてい治療開始から3ヵ月~6ヵ月くらいで、保険会社は治療費の支払い打ち切りを言ってきます。「まだ治っていないのに、どうして?」と、保険会社に不信や怒りを覚えるのは当然です。し...

相手方の保険会社から「同意書に署名・捺印して返送してください」と同意書が送られてきたとき、あなたは、こう思いませんでしたか?「同意書なんか書くと、あとから示談交渉で不利になることはないの?」だれでも心配になるものです。ここでは、保険会社に提出する同意書がどういう性格の書類なのか、同意書を提出しないとどうなるのか、同意書提出にあたっての注意点を見ていきましょう。

交通事故で病院にかかると、「交通事故に健康保険は使えません」と言われることがあります。はっきりと「健康保険は使えない」と言わなくても、交通事故の治療に健康保険を使おうとすると、病院からは、あまりいい顔をされません。しかし、このことは、はっきりしています。被害者である患者が希望すれば、交通事故の治療にも、健康保険など公的医療保険を使えます!病院が、なぜ「交通事故には健康保険が使えない」と言ったり、健...

Point交通事故の治療は原則として自由診療ですが、「健康保険を使った方がよいケース」あるいは「健康保険を使わないと損するケース」があります。健康保険を使うか使わないかによって、受け取れる賠償額に差が出ることがありますから、健康保険を使うメリット、自由診療のデメリットをしっかり押さえておきましょう。目次交通事故の治療で健康保険を使うメリット健康保険を使った方がよいケース・自由診療でよいケースまとめ...

Point交通事故の治療で、健康保険を使うことに全く問題がないわけではありません。健康保険を使うかどうかは、そのデメリットも知った上で判断することが大切です。交通事故の治療に健康保険を使うと「賠償金の受取額が多くなる」「示談交渉に有利」といったメリットがありますが、交通事故の治療に健康保険を使用することにはデメリットもあることは、あまり知られていません。交通事故の治療に健康保険を使う場合には、その...

Point交通事故の治療に健康保険を使うと、医師は健康保険法等の規程に従うことになり、逆に、損保会社所定の書類を作成する義務はなくなります。そのため、後遺障害診断書を書いてもらうには、医師の協力が必要不可欠です。交通事故の治療に健康保険を使うメリットについては、保険会社が被害者に健康保険の使用を勧めることもあり、知っている人も多いのですが、その一方で、健康保険を使うデメリットについては、あまり知ら...

Point交通事故の被害者にも過失がある場合は、治療に健康保険・労災保険を使うと、保険給付部分は過失相殺されないので、最終的に受け取る賠償金の手取額が多くなります。特に、被害者の過失割合が大きい場合は、健康保険・労災保険を使うのと使わないのとでは、賠償金の手取額に大きな差が出ます。交通事故の被害者にも過失がある場合には、過失相殺により損害賠償額が減額されます。治療費については、被害者の自己負担部分...

Point業務中(業務災害)や通勤途中(通勤災害)に交通事故に遭った場合は、労災保険を利用できます。労災保険は、治療費の自己負担がなく、治療費以外にも様々な補償を受けられます。労災保険が適用できるケース・適用できないケース交通事故が、業務災害か通勤災害に該当すれば、労災保険給付を受けることができます。業務災害労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡(労災保険法第7条1項1号)通勤災害労働者の通勤...

仕事中や通勤中に交通事故の被害に遭ったときは、労災保険が使えます。労災保険を使うと、自己負担なく治療でき、被害者に過失があっても過失相殺されず支給されるなどのメリットがある一方で、慰謝料は支給されず、休業損害が一部しか補償されないなど、自動車保険と比べるとデメリットもあります。ここでは、自賠責保険と比べて、労災保険を使うメリット・デメリット・注意点について見ていきます。

Point交通事故が業務災害・通勤災害の場合は、労災保険を使うことができます。労災保険の適用があるなら、一般的には労災保険を使う方が有利です。健康保険を使って治療していて、途中で労災保険に切り替えることはできますが、手続きは少々面倒です。労災保険は、健康保険に比べて治療費の自己負担がないとか、休業補償給付や障害補償給付が受けられるなど、交通事故の被害者にとってメリットの多い公的保険です。健康保険を...

Point過剰診療・濃厚診療・高額診療は、必要性・相当性を超えた診療行為のことです。自由診療の場合には、過剰診療・濃厚診療・高額診療が問題となることがあり、事故による受傷と相当因果関係がある治療費だけしか、裁判でも損害賠償が認められません。病院の医師が、丁寧に検査や診療をしてくれて、痛み止めなどの薬もきちんと処方してくれたとしたら、きっとあなたは「良い医者でよかった」と喜ぶでしょう。ところが、ある...

Point交通事故の治療を自由診療で受ける場合にも、一応、診療報酬基準があります。それが自賠責診療費算定基準(自賠責保険診療費算定基準)です。ただし、その基準を採用するかどうかは、それぞれの医療機関の判断です。交通事故の治療は自由診療が基本ですが、一応、診療報酬基準があります。「自賠責診療費算定基準」(自賠責診療報酬基準)です。「日医基準」とか「新基準」とも呼ばれます。ただ、健康保険診療や労災保険...

交通事故で、むち打ち症になったときなど、接骨院や整骨院に通う方も多いでしょう。接骨院や整骨院の方が、整形外科よりも丁寧に診てくれるうえ、通いやすいからです。実際、接骨院や整骨院での柔道整復施術などの方が、整形外科での治療よりも効果があるという方も少なくありません。しかし、損害賠償においては、施術の効果を科学的・合理的に説明できないため、残念ながら軽視される傾向があります。医師による治療の一環として...