中間利息控除係数(ライプニッツ係数・ホフマン係数)

中間利息控除係数とは、交通事故の消極損害の1つである逸失利益を計算するとき、中間利息を控除して現在の価額に換算するのに用いる係数です。

 

代表的な中間利息係数が、ライプニッツ係数とホフマン係数です。

 

逸失利益の計算で中間利息を控除する意味

逸失利益は、交通事故に遭わなければ、被害者が将来にわたって得られたはずの経済的利益のことです。

 

会社員であれば、給料やボーナス、退職金など、仕事を辞めるときまでの収入の累積額です。損害賠償では、それを一時金で支払います。

 

交通事故に遭ったときの被害者の年収や、事故により労働能力をどれだけ失ったか、どれくらいの期間働くことができたか、などにより異なりますが、大きな金額です。

 

一時金で受け取ったお金を銀行に預けたり、運用したりすれば、利息が増えます。この利息を中間利息といいます。

 

つまり、逸失利益を損害額の通りに支払うと、結果的に「利息分を払い過ぎる」ことになるため、賠償金を支払うときに、中間利息分を差し引いて支払うのです。これが、中間利息を控除する意味です。

 

ライプニッツ係数・ホフマン係数を使った逸失利益の計算式

代表的な中間利息控除の方法が、ライプニッツ方式・ホフマン方式と呼ばれる計算方法です。そのときに用いられる中間利息控除係数が、ライプニッツ係数・ホフマン係数です。

 

ライプニッツ係数とホフマン係数の違いは、ライプニッツ係数が「複利」での運用を前提として中間利息を控除するのに対して、ホフマン係数は「単利」での運用を前提として中間利息を控除することです。

 

逸失利益には、被害者に後遺障害が残って労働能力が低下した場合の後遺障害逸失利益と、被害者が死亡した場合の死亡逸失利益があり、計算式が異なります。逸失利益の計算式は、次の通りです。

 

後遺障害逸失利益

年収 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応する中間利息控除係数

※中間利息控除係数の部分に、ライプニッツ係数もしくはホフマン係数を当てはめます。

 

 

死亡逸失利益

年収 ×(1-生活費控除率)× 就労可能年数に対応する中間利息控除係数

※中間利息控除係数の部分に、ライプニッツ係数もしくはホフマン係数を当てはめます。

 

 

現在は中間利息控除係数としてライプニッツ係数を使うのが主流

1999年に、東京地裁・大阪地裁・名古屋地裁が「中間利息の控除方法はライプニッツ方式を採用する」ことを共同提言して以降は、ライプニッツ係数を用いて中間利息を控除する方法が主流です。

 

ただし、ホフマン方式が否定されているわけではありません。ホフマン係数を使う方が有利な結果になるのであれば、ホフマン方式で中間利息を控除し、逸失利益を計算することを検討すべきでしょう。

中間利息控除係数(ライプニッツ係数・ホフマン係数)記事一覧

ライプニッツ係数表・ホフマン係数表には、「現価表」と「年金現価表」があります。現価表と年金現価表の違い、現価表と年金現価表の関係、それぞれどういう場面で使うのか、見ていきましょう。

Point被害者が18歳未満の場合、ライプニッツ係数表(年金現価表)の「67歳までの年数に対応するライプニッツ係数」から「18歳までの年数に対応するライプニッツ係数」を差し引いた数値が、適用するライプニッツ係数となります。被害者が大学生の場合や大学進学の可能性が高い場合は、18歳でなく22歳(大学卒業時の年齢)までの年数に対応するライプニッツ係数を差し引きます。18歳未満の場合に適用するライプニッ...

ライプニッツ係数表やホフマン係数表は、自分でエクセルを使って簡単に作成できます。エクセル・シートのセルの2ヵ所に計算式を設定し、あとはコピペするだけ。何も難しいことはありません。エクセルを使い慣れた方なら、表の作成方法なんて百も承知のはず。要は「計算式は何?」ということでしょう。それを説明します。なお、ライプニッツ係数表・ホフマン係数表には、「現価表」と「年金現価表」があります。この2つの関係につ...

民法が2017年5月26日に改正され、2020年4月1日に施行されます。今回の民法改正で法定利率が年5%から年3%に引き下げられ、3年ごとに1%刻みで見直す変動性が導入されました。現行の年5%のライプニッツ係数・ホフマン係数、改正民法施行後の年3%および年2%と4%のライプニッツ係数・ホフマン係数について、「年金現価表」「現価表」を掲載しておきます。「年金現価表」と「現価表」の違いを簡単にいうと、...

交通事故による逸失利益を算定するときの中間利息控除の方法について、東京地裁・大阪地裁・名古屋地裁は「ライプニッツ方式を採用する」と提言(1999年)しました。ホフマン方式を採用しなかった理由の1つが、ホフマン方式は、中間利息の控除期間が長期間にわたる場合、不合理な結果を生じることです。ホフマン方式(利率年5分)の場合には、就労可能年数が36年以上になるときは、賠償金元本から生じる年5分の利息額が年...