自賠責保険と任意保険の違いと相互関係

自動車保険には、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険があります。自賠責保険には自賠責共済を含みます。

 

Point
  • 自賠責保険は法律で保険契約が義務づけられているのに対して、任意保険は加入するかどうかは任意です。
  • 自賠責保険は人身事故の基本補償(最低限の補償)を行うもので、任意保険はその不足分や、物損事故など交通事故全般を補償する上積み保険です。
  • 自賠責保険の方が、免責や過失相殺などで被害者保護に手厚い仕組みになっています。

 

自賠責保険と任意保険の比較

自賠責保険と任意保険の違いをまとめておきます。

 

  自賠責保険 任意保険

加入

法律で車両の保有者に加入を義務づけ 車両の保有者が任意で加入

目的

自動車事故によって人の生命・身体が害された場合の損害賠償を保障する 自賠責保険で不足する賠償金を補う

補償範囲

人身事故のみ 契約により、人身事故から物損事故まで交通事故全般を補償

保険金

法律で上限が決まっている 自分で選択できる

支払い

示談成立前でも被害者請求・仮渡金の制度あり 加害者請求・示談成立後の支払いが原則

免責条項

免責条項が少ない 免責条項が多い

支払い

示談成立前でも被害者が直接、仮渡金を請求できる 示談成立後の支払い、加害者請求が原則

過失相殺

被害者に過失がある場合でも過失相殺が制限される 保険会社から過失相殺が主張される

示談交渉

示談交渉は自分でする 契約によって示談代行サービスあり

※保有者とは、自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するもの(自賠法第2条3項)。

 

自賠責保険と任意保険の違いを詳しく見てみましょう。

 

自賠責保険は法律で加入を義務づけ

自賠責保険と任意保険の第1の違いは、法律で保険契約が義務づけられているか否かにあります。

 

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)第5条で保険契約が義務づけられている強制保険です。加入しなければ罰則があり、自賠責保険に加入していない自動車を公道で運転することはできません。自動車のほか、二輪車や原付バイクも加入が義務付けられています。

 

一方、任意保険は、法律による加入の義務づけはなく、保険契約は任意です。

 

自賠責保険に未加入、あるいは有効期限切れで運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金(自賠法86条の3)を科されます。加入していても、自動車損害賠償責任保険証明書を自動車に備え付けていなかったり、保険標章(ステッカー)を車体に貼っていないと、30万円以下の罰金(自賠法88条)を科されます。

 

任意保険は自賠責保険を補う保険

自賠責保険は、人身事故による損害の填補を目的とし、保険金の支払金額に上限があります。

 

それに対して任意保険は、人身事故だけでなく、物損事故も含め交通事故全般の損害の填補を目的とし、対象となる事故の範囲が広く、支払われる保険金額が大きいのが特徴です。被害者側の損害だけでなく、加害者側の損害にも適用されます。

 

人身事故に関しては、自賠責保険と任意保険を使うことができますが、自賠責保険が第1次的保険で、任意保険は自賠責保険の不足分を補う上積みとして第2次的保険という関係になります。

 

つまり、人身事故により加害者が損害賠償責任を負うことによって被る損害は、まず自賠責保険で填補され、それで損害の全部を填補できない場合、その不足額が任意保険により填補されることになります。

 

自賠責保険は免責事由を制限

自賠責保険は法令で、任意保険は保険約款で、それぞれ保険金支払いの責任を免れる事由(免責事由)が定められています。

 

任意保険の場合は、様々な免責事由が定められているので、注意が必要です。例えば、被害者と被保険者との間に、家族や使用人などの特別な関係にあることが免責事由とされることがあります。

 

一方、自賠責保険は、免責事由が制限されています。自賠責保険の目的が、被害者救済だからです。

 

自賠責保険で免責事由として認められているのは、「保険契約者または被保険者の悪意によって生じた損害」と「重複契約」の場合だけです。ただし、これらの場合でも、まったく保険金が支払われないわけではありません。

 

自賠責保険は過失相殺を制限

交通事故では、被害者にも過失のあることが多くあります。被害者の過失割合に応じて、賠償金を減額して支払うことを過失相殺といいます。

 

任意保険では、民法の一般原則にもとづき過失相殺が厳格に適用されますが、自賠責保険は、過失相殺の要件や減額割合を制限しています。被害者に70%以上の重大な過失がある場合にのみ、20~50%減額されますが、被害者の過失割合が70%未満の場合は減額されません。

 

自賠責保険は示談成立前に被害者が直接請求できる

事故が発生したとき、被保険者(加害者)が保険会社に対して保険金の支払いを請求できるのは当然ですが、自賠責保険は、被害者が、加害者の加入している保険会社に対し、損害賠償額の支払いを請求できる仕組みになっています。これは、示談成立前でも可能です。

 

一方、任意保険は、損害賠償額が確定したときなど一定の要件の下でなら、被害者が直接保険会社に損害賠償額の支払いを請求することができます。

まとめ

自賠責保険は、被害者救済を目的としていることから、法律で自動車の保有者に加入が義務づけられ、被害者にとって手厚い制度となっています。しかし、保険金が支払われるのは人身事故の場合のみで、しかも支払金額には上限があります。

 

一方、任意保険は、加入は任意ですが、契約内容によっては幅広く交通事故全般の損害を補償するものです。任意保険は、自賠責保険を補完する役割があり、自賠責保険の及ばない種々の機能を備えています。

 

お困りのことがあったら、今すぐ交通事故の損害賠償請求に強い弁護士に相談することをおすすめします。早く弁護士に相談するほど、メリットが大きいのです!

 

弁護士法人・響

関連ページ

自賠責保険・自賠責共済の基礎知識
交通事故被害者が知っておきたい自賠責保険(自賠責共済を含む)についての基本的な情報を紹介しています。
任意保険の基礎知識
交通事故被害者が知っておきたい任意保険についての基本的な情報を紹介しています。
政府の自動車損害賠償保障事業
政府の自動車損害賠償保障事業は、自賠責保険(自賠責共済)によっても救済されない被害者の最終的な救済措置と位置付けられています。