自動車保険の仕組み・基礎知識記事一覧

自動車保険には、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険があります。自賠責保険には自賠責共済を含みます。Point自賠責保険は法律で保険契約が義務づけられているのに対して、任意保険は加入するかどうかは任意です。自賠責保険は人身事故の基本補償(最低限の補償)を行うもので、任意保険はその不足分や、物損事故など交通事故全般を補償する上積み保険です。自賠責保険の方が、免責や過失相殺などで被害者保護に...

自賠責保険(自賠責共済を含む)は、自動車損害賠償保障法(自賠法)にもとづき、交通事故の被害者の保護・救済を目的に国が事業を行っています。ナンバー交付を受けた全ての自動車(原付バイクを含む)に加入が義務づけられている強制保険です。そのため、自賠責保険に加入しないで公道を走行すると罰則があります。被害者救済が目的ですから、人身事故のみが対象で、物損事故は対象外です。自賠責保険 5つの特徴被害者が加害者...

任意保険は、自賠責保険のように加入の義務づけはなく、加入するかどうかは自動車の所有者の自由です。自賠責保険でカバーされない自動車事故から生じるリスクに備えるための保険です。対人賠償のほか、対物賠償、自分や同乗者への補償、自分の車の補償などがあり、自動車事故のほとんどをカバーすることができます。保険の契約者が、備えたいリスクに応じて、保障内容や支払われる保険金額を選んで契約することができます。交通事...

政府の自動車損害賠償保障事業(政府保障事業)は、自賠責保険(自賠責共済を含む)で救済されない被害者を救済するための制度です。そのため、保障事業の運営主体は民間でなく政府です。政府保障事業には、「被害者に対する保障」と「保険会社に対する保障」があります。被害者に対する保障被害者に対する保障とは、ひき逃げ事故や無保険車による事故など、被害者が自賠責保険・自賠責共済から損害賠償額を受けられないとき、政府...