弁護士保険|交通事故被害者が知っておきたいおトク情報記事一覧

弁護士保険・弁護士費用特約とは?弁護士費用を300万円まで補償

自分が加入している任意自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士保険を利用して、交通事故被害の損害賠償請求や保険会社との交渉を弁護士に依頼できます。弁護士保険(弁護士費用特約)について、ぜひ知っておきたいのは次の3点です。弁護士保険は、300万円まで弁護士費用を保険金でカバーします。自身の弁護士費用特約がなくても、家族の弁護士費用特約を利用できます。弁護士費用特約を利用しても、自動車保険の保...

Read More
dummy
弁護士保険(弁護士費用特約・権利保護保険)の仕組みと4つの注意点

弁護士保険(弁護士費用特約)の仕組みについて、これだけは知っておきたい注意点があります。これを知らずに弁護士保険を利用すると、納得いく賠償金額を得られなかったり、思わぬトラブルに巻き込まれるリスクがあります。ぜひ、チェックしておいてください。弁護士保険を利用するときの4つの注意点弁護士費用が、保険から支払われず、依頼者の負担となる場合がある。弁護士の紹介を受けたいとき、弁護士の紹介を「受けられる保...

Read More
dummy
LAC基準とは?弁護士保険・弁護士費用特約の保険金支払基準

LAC基準とは、弁護士保険の保険金(=弁護士費用)支払基準です。LAC基準を上回る弁護士費用は、弁護士保険から支払われず、依頼者の負担となりますから、弁護士保険を利用する場合は、弁護士費用が LAC基準に対応した弁護士事務所を選ぶことが大切です。それでは、LAC基準について、詳しく見ていきましょう。

Read More
dummy
弁護士保険を使うとき弁護士の選任に保険会社の同意が必要な理由

弁護士保険を利用する場合でも、どの弁護士に委任するかは自由です。選任する弁護士に制限があるわけではありません。ただし、弁護士に委任するときと、弁護士費用の支出をするときには、あらかじめ保険会社に通知し、保険会社の同意・承認を得る必要があります。これは、保険金(=弁護士費用)の支払いを円滑に行うためですが、弁護士保険を利用するあなたを守ることにもなるのです!詳しく見ていきましょう。

Read More
dummy
権利保護保険(日弁連LAC制度)と弁護士保険の違い

一般的な弁護士保険と権利保護保険との違いは、権利保護保険は、弁護士会から弁護士の紹介を受けることができることです。日弁連と協定を結んでいる保険会社(協定保険会社)の取り扱う弁護士保険が、権利保護保険です。権利保護保険とは、どんな保険制度なのか、弁護士保険と何が違うのか、詳しく見ていきましょう。

Read More
dummy
弁護士保険(弁護士費用特約)を利用するメリット・デメリット

交通事故の被害に遭ったとき、弁護士保険(任意自動車保険の弁護士費用特約)を利用する最大のメリットは、賠償金額を大幅にアップできることです。自分で保険会社と交渉しても到底得ることができないような高額の賠償金額を、弁護士の力によって獲得できます。しかも、弁護士費用は保険金で支払われますから、受け取った賠償金はすべて自分のものになります。弁護士費用特約(弁護士保険)を利用しても、自動車保険の保険料に影響...

Read More
dummy
LAC基準で着手金・報酬金の算定基礎となる経済的利益とは?

弁護士保険の保険金支払基準(LAC基準)では、着手金・報酬金は、経済的利益の額を基準として算定することになっています。この経済的利益の考え方によって、弁護士費用に大きな差が生じます。LAC基準にもとづいて請求しないと、弁護士保険から保険金(=弁護士費用)が支払われないことがありますから、注意が必要です。経済的利益の考え方について、詳しく見ていきましょう。

Read More
ページの先頭へ戻る