非接触事故の損害賠償請求と過失割合

車両との接触・衝突を回避したことで起きた交通事故(非接触事故)の場合でも、「接触していない」というだけで、相手車両の運行と被害者の受傷・損害との因果関係が否定されるわけではありません。

 

非接触事故でも、相手車両の運行と被害者の受傷・損害との間に相当因果関係が認められれば、損害賠償請求が認められます。

 

非接触事故の場合、どんなときに相当因果関係が認められるのでしょうか?
あわせて、非接触事故の過失割合の考え方について見ていきましょう。

 

目次
  1. 非接触事故で相当因果関係を認めた最高裁判例
  2. 駐停車している車両を回避して事故に遭ったケース
  3. 非接触事故の過失割合・過失相殺の考え方
  4. まとめ

 

 

このサイトで、無料相談の申し込みの多い「弁護士事務所 トップ3」をご紹介しています。各事務所の強みが簡単に分かりますから、あなたの悩みを解決するのに最適な弁護士事務所が、きっと見つかるはずです。ぜひ、チェックしてみてください!

非接触事故で相当因果関係を認めた最高裁判例

最高裁は、「非接触事故であっても、車両の運行と被害者の受傷との間に相当因果関係を認めるべき」とする判決を出しています。

 

最高裁判決は、「車両の運行と歩行者の受傷との間に相当因果関係があるとされるのは、車両が被害者に直接接触したような場合に限られるものではない」と指摘し、次のように判示しました。

 

接触がないときであっても、車両の運行が被害者の予測を裏切るような常軌を逸したものであって、歩行者がこれによって危難を避けるべき方法を見失い転倒して受傷するなど、衝突にも比すべき事態によって傷害が生じた場合には、その運行と歩行者の受傷との間に相当因果関係を認めるのが相当である。

 

最高裁判決(昭和47年5月30日)
※最高裁のWebサイトにリンクしています。

 

要するに、非接触の結果をもって、車両の運行と被害者の受傷との間の相当因果関係を否定することはできず、接触していないとしても「衝突にも比すべき事態」によって傷害を受けた場合には、相当因果関係があると解すべき、ということです。

 

「衝突にも比すべき事態」というのが抽象的ですが、個別に判断するしかありません。下級審の判決には、「衝突にも比すべき事態が存在しているものとはいえない」として、因果関係を否定したものもあります。

 

「衝突にも比すべき事態」とはどんな事故態様をいうのか、どんなときに相当因果関係が認められ、どんなときに認められないのか、裁判例から考えてみましょう。

 

因果関係を認めた最高裁判決

まず、相当因果関係を認めた上記の最高裁判決が、どんな事案だったのか見てみましょう。

 

事案の概要

歩行者Aら数名が幅員3メートルの道路を歩行中、前方から軽二輪車、後方から原付が接近してきたため、前方右側の道路端にある仮橋のたもとに避難しました。

 

ところが、軽二輪車が運転を誤り、まさに避けた仮橋に向かって突進して来て停車。その際、歩行者Aが転倒して傷害を受けたというものです。

 

歩行者(被害者)Aが、車両Bが衝突したことによって傷害を受けたとして損害賠償請求訴訟を起こした事案です。

 

原審(仙台高裁)は、歩行者Aの転倒位置と車両Bの停止位置とが離れすぎており、歩行者Aに車両が衝突した傷跡はなく、同人の受傷は一人で転倒しても起こる等の事情から、車両Bが歩行者Aに衝突したものとは認め難いとして、被害者Aの請求を棄却しました。

 

最高裁は、原審の判決を破棄し、差し戻しを言い渡しました。

 

最高裁の判断

最高裁は、上記のように「接触がないときであっても…衝突にも比すべき事態によって傷害が生じた場合には、その運行と歩行者の受傷との間に相当因果関係を認めるのが相当である」とし、次のような判断を示しました。

 

  1. 被害者の予測に反し、軽二輪車が突進して来たため、被害者は驚きのあまり危難を避けるべき方法を見失い、もし、現場の足場が悪かつたとすれば、これも加わつて、その場に転倒したとみる余地もないわけではない。
  2. そうだとすれば、被害者の受傷は、軽二輪車の運行によって生じたものというべきである。
  3. 被害者の主張の趣旨は、このような態様による不法行為責任の追及をも含むものと解されるから、直接衝突した事実が認められないとの理由のみから、軽二輪車の運転者に何らの責任もないとした原審の判断は、民法709条の解釈適用を誤り、ひいて審理不尽の違法を犯したものというべきである。

 

因果関係を否定した裁判例

下級審の裁判例の中には、非接触事故で「衝突にも比すべき事態が存在しているものとはいえない」として、相当因果関係を否定した事例もあります。

 

例えば、次のような事故における東京地裁の判決(平成3年5月17日)です。

 

事案の概要

降雨のため時速80㎞に速度制限中の高速道路において、時速約100㎞で走行していたB車が、前方約150mの地点にスリップで蛇行しているA車を認めたにもかかわらず、減速等せずに、あいている追越車線に進路変更してA車を避けようとしました。

 

ところが、前方約106mの道路中央付近にA車が出て来たため、驚いて進路変更しながら急ブレーキを掛けたことからB車が横転。横転しているB車にC車が追突し、C車の運転者が死亡しました。

 

C車の運転者の相続人らが、A車、B車の運転者らに対して損害賠償請求をした事案です。

 

東京地裁の判決

東京地裁は、次のような判断を示しました。

 

  1. B車の運転者は、前方約150mの地点でA車の蛇行を既に認識していたのだから、A車の蛇行が、B車の急ブレーキを誘発助長し、B車の横転をもたらす蓋然性が高いものとすることはできない。
  2. B車の横転は、時速約100㎞で進路変更中に不必要に急ブレーキを掛けたというブレーキ操作の不適切等にもとづくものであって、A車の蛇行との結び付きは偶然であり、両車の間に衝突にも比すべき事態が存在しているものとはいえない。
  3. したがって、A車の蛇行とB車の横転との間に不法行為成立要件としての因果関係はないものとするのが相当である。

(東京地裁判決は、判例タイムズ №767より)

 

非接触事故で因果関係が否定されることは少ない

最古歳と東京地裁の判決は、非接触事故で相当因果関係の存否を判断するのに参考になるでしょう。

 

非接触事故で因果関係が争われることはよくありますが、相当因果関係自体が否定されることは少なく、相当因果関係が存在するとの前提のもとに過失相殺の問題として処理されることの方が多いようです(『プラクティス交通事故訴訟』青林書院)

駐停車している車両を回避して事故に遭ったケース

非接触事故は、相手車両が運行している場合とは限りません。駐停車している車両を回避した際に、事故に遭うこともあります。

 

例えば、駐車している車両を回避して、ガードレールに衝突して負傷したとか、対向車と衝突した、交差点で駐停車車両があるため見通しが悪くなっていて通行車両と衝突した、といったケースです。

 

駐車車両があったために起きた交通事故では、「そのような場所に駐停車させると事故を誘発することが予見でき、現実に駐停車車両の存在と事故発生との間に相当因果関係が認められるのであれば、駐車車両の運転者に対して民法709条による損害賠償請求が可能」(『逐条解説 自動車損害賠償保障法 第2版』弘文堂)です。

 

ただし、見通しのよい直線道路での回避行動はもちろん、見通しの悪いカーブ付近に違法駐車していた車両があり、その車両を回避しようとして対向車などと衝突したときは、回避行動をとった車両の過失割合が大きくなります。

 

なお、違法駐車していた車両を回避して対向車と衝突し、衝突した対向車両の運転者や同乗者が負傷したときは、違法駐車していた車と、それを回避して対向車線にはみ出した車の共同不法行為として、衝突した相手方から損害賠償請求を受けることになります。

 

【参考】⇒ 複数車両が関与した共同不法行為と絶対的過失相殺

非接触事故の過失割合・過失相殺の考え方

非接触事故の場合に過失割合はどう判断されるのか、接触・衝突事故の場合と比べて過失割合に違いが生じるのか、そのあたりを見てみましょう。

 

接触・非接触は過失割合に関係しない

非接触(接触していない)という事実自体は、結果論です。ですから、被害者の負傷や被害車両の損壊に双方の過失がどの程度の割合で寄与しているかという原因論である過失相殺の問題には直接関係しません。

 

したがって、過失相殺率・過失割合の判断にあたっては、非接触事故の場合でも、事故を誘引した車両の運行と被害者の損害との間に相当因果関係が認められるときは、『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』(別冊判例タイムズ38)を参考に、過失相殺率・過失割合を判断するのが原則です。

 

つまり、接触があった場合の事故態様として基本的な過失相殺率・過失割合を検討し、一方の過失を加重または軽減するような事情が認められるときは、それを考慮して修正することになります。

 

なお、接触・衝突を避けるために取った回避行動が不適切だったとき(通常とりうる回避行動の範囲を逸脱していたとき)は、過失相殺率が不利に修正されます。

 

非接触事故における過失相殺の具体例

非接触事故の場合の過失相殺について、具体的な事例で考えてみましょう。

 

四輪車が進行方向右側にある店舗の駐車場に入ろうとして右折したところ、対向車線を走行してきた単車が急ブレーキをかけバランスを崩して転倒。運転者が負傷し、単車が損壊し、単車の運転者は、四輪車の運転者を相手に損害賠償請求訴訟を提起しました。

 

四輪車の運転者は、被害者自身の不適切な運転操作により生じた自損事故であり、四輪車の運行と被害者の受傷・単車の損壊には因果関係はなく、非接触事故なので何ら過失はないと主張して争ったとします。

 

因果関係

因果関係については、四輪車の右折がなければ、単車が急ブレーキをかけることはなく、バランスを崩して転倒することもなかったと考えられます。

 

したがって、四輪車と単車との間に接触の事実はなかったとしても、四輪車の右折行動と単車の転倒による運転者の受傷・単車の損壊との間には、特段の事情がない限り、相当因果関係が認められます。

 

過失割合

過失割合は、接触・衝突があった事故と同様に考えます。この事故のケースは、『別冊判例タイムズ38』では「単車と四輪車との事故」の「四輪車が道路外へ出るため右折する場合」の事故類型【220】に該当します。

 

直進車(単車)の通行を右折車(四輪車)が妨げたことになるため、四輪車の運転者に主たる過失がありますが、単車の運転者にも軽度の前方不注視があり、単車の基本的な過失相殺率は1割となります。

 

非接触事故の場合も、基本の過失相殺率は、接触・衝突事故の場合と同じです。

 

基本の過失相殺率を出発点として、「四輪車が右折の際に徐行しなかった」「右折の合図を出さなかった」など、四輪車の過失が加重される事情があれば、単車側に有利に修正されます。

 

逆に、単車の側に「速度違反があった」「四輪車が右折を完了していた、完了に近い状態だった」場合などは、単車の過失が加重され、単車側に不利に修正されます。

 

相手から「回避行動が不適切だった」とする主張があったとき

相手から「回避行動が適切でなかった」という主張がなされることがあります。自分に過失はなく、被害者の損害の発生は被害者自身の責任だと言うためです。

 

「回避行動が不適切だった」ことについての立証責任は相手方にあります。被害者の側に「回避行動が適切だった」ことについて立証責任があるわけではありません。相手が、「回避行動が不適切であった」ことを具体的に主張・立証しなければなりません。

 

例えば、「単車が急ブレーキをかけた地点と四輪車との間には十分な距離があり、急ブレーキをかけなくても接触・衝突は回避できた」あるいは「単車が速度を調整すれば、右折しようとしていた四輪車の後方を通り抜けることができた」といったようにです。

 

相手からこういった主張があり、裁判所が過失相殺の判断において検討する必要があると考えたときは、単車が急ブレーキをかけた地点と四輪車との距離関係、事故前の双方の速度、事故現場付近の道路の状況などを認定し、その状況下での単車の運転者の心理も考慮して、単車が急ブレーキをかけなければ衝突を回避できない状況だったかどうかを検討します。

 

単車の回避行動が、通常とりうる回避行動の範囲を逸脱している(その回避行動をとらなくても安全に回避できた)と考えられる場合には、その不適切性の程度に応じて、過失割合が被害者に不利に修正されます。

 

単車の回避行動が通常とりうる回避行動の範囲と考えられる場合には、過失割合が修正されることはありません。

まとめ

相手車両と接触していない事故(非接触事故)の場合でも、相手車両の運行や違法な駐停車と被害者の損害との間に相当因果関係が認められるときは、損害賠償請求が認められます。

 

非接触事故の場合の過失相殺率・過失割合の決め方は、接触・衝突事故の場合と同じで「過失相殺率認定基準」を参考にします。接触していないからといって、過失割合が変わるわけではありません。

 

ただし、回避行動が不適切だったときは、過失割合が不利に修正されることがあります。

 

相手方保険会社との示談交渉でお困りのときは、交通事故の示談交渉に強い弁護士に相談することをおすすめします。

 

 

このサイトで、無料相談の申し込みの多い「弁護士事務所 トップ3」をご紹介しています。各事務所の強みが簡単に分かりますから、あなたの悩みを解決するのに最適な弁護士事務所が、きっと見つかるはずです。ぜひ、チェックしてみてください!

 

過失割合に納得できない

関連ページ

交通事故の過失相殺とは当事者間で損害を公平に分担する制度
交通事故の被害者側に過失があるときは、被害者の過失割合に応じて損害賠償額が減額されます。これを過失相殺といいます。当事者間で損害の公平な分担を図る制度です。
過失割合と過失相殺率の違いとは?
交通事故の過失相殺で、過失割合と過失相殺率という2つのよく似た言葉があります。過失割合と過失相殺率はどう違うのか解説します。
交通事故の過失割合で示談交渉が難航!どこに相談すればいい?
交通事故の過失割合や過失相殺率に納得がいかないときは、弁護士に示談交渉を依頼するか、民事訴訟を提起し裁判で解決するしかありません。ADR機関(裁判外紛争解決機関)や民事調停では納得いく解決ができません。
交通事故の過失割合を決める過失相殺基準(過失相殺率認定基準)
交通事故の過失相殺は、一般的に「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」全訂5版(別冊判例タイムズ28)を参考にして過失相殺率・過失割合を決めます。過失相殺率認定基準とはどんなものか、利用する上での注意点をまとめています。
過失相殺の対象となる損害と過失相殺の方法
交通事故の損害賠償額を定めるにあたって過失相殺の対象となる損害は、原則として、積極損害・消極損害・慰謝料を積算した全損害です。ただし、特定の損害費目についてだけ過失相殺することも認められます。
過失相殺の被害者の過失・事理弁識能力と加害者の過失・責任能力の違い
過失相殺における被害者の過失(自己過失)と、損害賠償責任を負う加害者の過失(真正の過失)は異なり、被害者に不法行為責任能力がなくても過失相殺能力(事理弁識能力)があれば過失相殺されます。
交通事故の過失相殺における被害者側の過失と被害者側の範囲
幼児が道路に飛び出して交通事故に遭った場合など、被害者に過失があっても事理弁識能力がない場合は「被害者側の過失」として過失相殺されることがあります。被害者側の過失、被害者側の範囲について解説します。
損害賠償の一部請求と過失相殺の方法
交通事故における損害賠償請求訴訟では、損害賠償の一部請求をすることができます。過失相殺にあたっては、損害の全額から過失割合による減額をし、残額が請求額を超えないときはその残額が認められ、残額が請求額を超えるときは請求額が認められます。
好意同乗・無償同乗の損害賠償額の減額と過失相殺
運転者の好意により無償で同乗し、交通事故の被害に遭ったとき、損害賠償額が減額される場合があります。
過失相殺率基準
歩行者対車両、四輪車同士、単車対四輪車の交通事故について、過失相殺率・過失割合の基準を『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』(判例タイムズ38)を参考にまとめています。
過失相殺の事例
交通事故の損害賠償請求で過失相殺されるかどうかは、被害者の過失が損害の発生・拡大に寄与しているか否かで判断されます。どんなときに過失相殺され、どんなときに過失相殺されないのか、具体例を紹介します。
共同不法行為の過失相殺
複数の加害行為が競合する交通事故で、共同不法行為が認められると、各加害者は連帯して損害賠償責任を負います。共同不法行為における過失相殺について解説します。