後遺症が残ったときの損害賠償請求

交通事故で後遺症が残った場合の損害賠償請求は、後遺障害等級の認定を受けることが必用です。たんに「後遺症が残ったから」というだけでは、損害賠償請求は認められません。

 

後遺障害等級は、状態に応じて1級から14級、さらに重度で要介護の1級と2級の等級があります。基本的に、認定された後遺障害等級に応じて損害賠償額が決まります。

 

後遺障害の等級認定をするのは、損害保険料率算出機構です。相手方保険会社が等級認定を行っているわけではありません。

 

ただし、損害保険料率算出機構が「適正な後遺障害等級の認定審査をしているか」といえば、問題がないわけではありません。

 

被害者本人や診療医から状況を聞かず、提出された書類にもとづき機械的に審査するので、個別事情が反映されにくいのです。

 

それだけに、提出する診断書の内容や添付資料が重要になります。適正な等級認定を受けられるよう、十分準備して申請することが大切です。

 

交通事故で後遺症・後遺障害が残ったときの損害賠償請求記事一覧

dummy
症状固定とは?症状固定はどう判断される?

症状固定は、交通事故の損害賠償において重要な概念です。症状固定の前と後で、損害賠償の内容が大きく変わるからです。症状固定と判断されると、治療費の支払いは打ち切られます。その後は、後遺障害が認定されると、後遺障害に対する損害賠償へ移行します。この症状固定について、詳しく見ていきましょう。

Read More
dummy
後遺障害は複数部位で等級認定されると併合で等級が繰り上がる

Point複数の部位で後遺障害が残ったときは、一定のルールに従って等級が繰り上がります。これを等級の「併合」といいます。ただし、第14級については、いくつ認定されても繰り上げになりません。複数の後遺障害が残った場合に自賠責保険から支払われる保険金額は、併合等級に対応する額となりますが、その額が併合前の等級に対応する保険金の合算額を超える場合は、合算額が支払われます。複数部位で後遺障害が認められると...

Read More
dummy
自賠責の後遺障害等級・非該当に不服のときの異議申立て

後遺障害に「非該当」とされた場合や、認定された等級に納得がいかない場合は、不服を申し立てることができます。不服申立ての方法は2つあります。自賠責への異議申立て損害保険・共済紛争処理機構への調停申立てここでは、自賠責への異議申立てについて見ていきます。損害保険・共済紛争処理機構への調停申立てはこちらをご覧ください。

Read More
dummy
最高裁が交通事故の後遺障害逸失利益について定期金賠償を認める

最高裁は2020年(令和2年)7月9日、後遺障害による逸失利益の賠償方法について、従来の一時金賠償方式(一括払い)だけでなく、定期金賠償方式(月1回など定期払い)も認められるとの初判断を示しました。最高裁判決の内容と、近年、定期金賠償方式が認められるようになってきた経緯や背景について見ていきます。

Read More
dummy
定期金賠償方式と一時金賠償方式の違い、メリット・デメリット

交通事故によって生じた損害の賠償方法は、原則として一時金賠償方式です。しかし、交通事故の後遺症により将来にわたって現実化する損害については、一時金賠償方式だと、中間利息控除により現在価額に換算して支払われるため、賠償額が大きく目減りしてしまいます。そういう損害については、定期金賠償方式が認められることがあります。ここでは、定期金賠償とはどんな損害賠償の方法なのか、定期金賠償方式が認められる損害は何...

Read More
ページの先頭へ戻る