後遺症が残ったときの損害賠償請求

交通事故で後遺症が残った場合の損害賠償請求には、後遺障害等級の認定を受けることが必用です。たんに「後遺症が残ったから」というだけでは、賠償請求は認められません。

 

後遺障害の等級には、状態に応じて1級から14級、さらに重度で要介護の1級と2級の等級があります。基本的に、認定された後遺障害の等級に応じて、損害賠償額が決まります。

 

交通事故で後遺症が残った場合は、必ず後遺障害等級の認定手続きをしておきましょう。

 

後遺障害の等級認定をするのは、損害保険料率算出機構です。自賠責保険制度のもとで、法律に基づき設立された非営利の団体で、「公平・中立」をうたっています。

 

損害保険料率算出機構が後遺障害等級を認定し、その結果にもとづいて、保険会社が保険金の支払額を決めます。

 

「非該当」とされた場合や、等級が低い場合は、「不当な等級認定が行われているのでは」と疑いたくなるものですが、相手方保険会社が等級認定を行っているわけではありません。

 

ただし、損害保険料率算出機構が「適正な後遺障害等級の認定審査をしているか」といえば、問題がないわけではありません。被害者本人や診療医から状況を聞かず、提出された書類にもとづき機械的に審査するので、個別事情が反映されにくいのです。

 

それだけに、提出する診断書の内容や添付資料が重要になります。適正な等級認定を受けられるよう、十分準備して申請することが大切です。

交通事故で後遺症が残ったときの損害賠償請求記事一覧

Point後遺症に対する賠償額は、後遺障害等級に応じて決まります。症状に見合った適正な等級認定されるかどうかがポイントです。交通事故で後遺症が残っても、後遺障害等級が認定されなければ、後遺症に対する損害賠償を受けられません。交通事故の後遺障害等級の認定基準は、労災保険の障害の等級認定基準と同じです。ただし、同じ等級が認定されるわけではありません。後遺障害の等級認定がされなければ損害賠償を受けられな...

Point複数の部位で後遺障害が残ったときは、一定のルールに従って等級が繰り上がります。これを等級の「併合」といいます。ただし、第14級については、いくつ認定されても繰り上げになりません。複数の後遺障害が残った場合に自賠責保険から支払われる保険金額は、併合等級に対応する額となりますが、その額が併合前の等級に対応する保険金の合算額を超える場合は、合算額が支払われます。複数部位で後遺障害が認められると...

Point自賠責保険制度において損害査定や後遺障害の有無・等級を調査するのは、損害保険料率算出機構です。保険会社が損害調査や後遺障害の等級認定をするわけではありません。任意保険会社は、損害保険料率算出機構の調査結果をもとに、支払う保険金額を決めます。損害保険料率算出機構は「公平・中立」な立場で調査することになっていますが、交通事故被害者が適正な賠償額を受け取る上で、大きな壁となっています。損害調査...

Point後遺障害等級認定の手続きには、事前認定と被害者請求の2つがあります。それぞれメリット・デメリットがあり、状況に応じて判断することが大切ですが、ムチ打ち症など後遺障害認定が微妙なときは、被害者請求をおすすめします。後遺障害等級認定の2つの方法後遺障害等級認定の手続きには、事前認定と被害者請求の2つの方法があります。ごく簡単に特徴をいえば、それぞれ次のような手続きです。事前認定相手方保険会社...