早いタイミングで弁護士に相談するほどメリットが大きい

事故後の早いタイミングで弁護士に相談する2つのメリット

事故後、早いタイミングで弁護士に相談するほど、①多くのサポートを受けられるとともに、②賠償金の増額にもつながる、という二重のメリットがあります。

 

早く相談するほど、多くの手厚いサポートを受けられる

早く弁護士に相談するほど、より多くのサポートを受けることができます。具体的に、どんなサポートを受けることができるのか、主なものをご紹介します。

 

保険会社との手続・交渉をサポート

治療を継続しながら保険会社と手続・交渉をするのは、心身ともに、思いのほか大変です。保険会社に対する不信感が強ければ、なおさらです。

 

例えば、保険会社に提出する同意書一つとってみても、同意書を提出することで、治療費の打ち切りを早める要因となったり、既往症まで調べられて賠償金の減額要因となる可能性があり、提出すべきか判断を迷う場合もあります。

 

保険会社との手続・交渉で、不安なこと・面倒なことは、弁護士に相談したり、任せたりすることができます。

 

治療費・休業補償の打ち切りに対応

治療が長引くと、被害者に治療費や休業補償の打ち切りを宣告してきたり、医師に症状固定の診断を迫ってきたりします。むち打ち症なら、治療を開始後2~3ヵ月もすれば、保険会社からアクションがあります。

 

弁護士に相談・依頼すると、治療の継続が必要なこと、治療費や休業補償の延長など、保険会社と交渉してくれます。

 

保険会社が、治療費や休業補償の支払いを抑えたいからですが、実は、それだけではなく、その後の後遺障害に関する賠償額も抑えたいからです。

 

後遺障害の等級認定には、治療期間も重要な要素の1つとなります。つまり、一定の治療期間がなければ、後遺障害が認定されないのです。むち打ち症の場合、3ヵ月で症状固定だと、後遺障害の申請をしても、多くは非該当となってしまいます。

 

後遺障害が非該当となれば、保険会社は後遺症に対する逸失利益や慰謝料を支払わなくて済みます。これは、賠償金の中でも相当大きな額になりますから、保険会社は、それを出したくないのです。

 

後遺障害の等級認定申請をサポート

後遺障害は、医師の診断書を提出すれば、すんなり認定されるわけではありません。

 

医師は、怪我の治療は専門ですが、適正な後遺障害等級の認定を受けるために何が必要か、ということについては専門外。これについては、弁護士のテリトリーです。そもそも後遺障害等級の認定は、損害賠償の世界の話ですから。

 

交通事故による後遺障害に詳しい弁護士に、早いタイミングで相談することによって、適正な後遺障害等級が認定されるよう、必要なサポートを受けられるのです。

 

早く相談するほど、正当な賠償金額を取得できる

適正・正当な損害賠償額を得るには、実は、事故直後からの適切な対応が必要です。

 

特に、過失割合が争いになりそうな場合や、後遺症が残りそうな場合は、事故後、できるだけ早いタイミングで弁護士に相談することが大切です。

 

過失割合が争いになる場合

過失割合が争いになる場合は、事故後、できるだけ早いタイミングで弁護士に相談すべきです。弁護士が事故現場を調査し、被害者の主張を証明する証拠を集めることが必要となる場合があるからです。

 

事故から日が経つと、事故現場の証拠集めや目撃者探しが困難となり、自分の主張する過失割合の立証が難しくなってしまいます。

 

後遺症が残りそうな場合

後遺症が残る場合の賠償額は、治療費や休業損害に加え、将来の収入減にともなう経済的損失の補償や慰謝料を含みますから、金額が大きくなります。

 

後遺症に関する損害賠償は、後遺障害等級に応じて賠償額のベースが決まりますから、適切な後遺障害等級の認定を受けられるかどうかがポイント。それは、治療の頻度や期間、検査内容も影響します。

 

弁護士に早く相談すると、治療方針を弁護士とも相談しながら治療できるので、適切な後遺障害等級が認定され、正当な損害賠償額を得られる可能性が高まるのです。

 

弁護士に相談する3つのタイミングとメリット

一般的に、弁護士に相談・依頼するタイミングとしては、①事故直後から治療中、②後遺障害等級の認定を申請するとき、③保険会社から賠償額の提示があったとき、の段階が考えられます。

 

それぞれの段階で、弁護士に相談・依頼するメリットをまとめておきます。もちろん、早く相談するほどメリットが大きいことは、言うまでもありません。

 

事故直後から治療中に相談するメリット

事故直後から治療中に、弁護士に相談・依頼するメリットとしては、次のようなことがあります。

 

  • 解決までの見通しをもって治療を受けられます。
  • 適正な賠償金を得られるよう、継続的に治療方針を相談できます。
  • 保険会社との交渉など面倒なことは全て任せて、治療に専念できます。
  • 後遺症が残る場合には、適正な後遺障害等級が認定されるよう、必要なサポートを受けられます。
  • 過失割合に争いがある場合は、事故現場を調査し、被害者の主張を立証する証拠を集められる可能性が高くなります。
  • 治療から示談交渉まで一貫したサポートを受けられるので、最大限の適正な損害賠償額を取得することが可能です。

 

後遺障害等級の認定を申請するときに相談するメリット

後遺障害等級の認定を申請するときに、弁護士に相談・依頼するメリットとしては、次のようなことがあります。

 

  • 適切な後遺障害等級が認定されるよう、必要なサポートを受けられます。
  • 被害者請求による後遺障害等級の認定申請を頼むことができ、適正な後遺障害等級の認定を受けられる可能性が高まります。
  • 示談交渉を任せられるので、適正な賠償額を取得できます。

 

保険会社から賠償額の提示があったときに相談するメリット

保険会社から賠償額の提示があったときに、弁護士に相談・依頼するメリットとしては、次のようなことがあります。

 

  • 保険会社の提示する示談金が妥当か診断してもらえるとともに、適正な損害賠償額が分かります。
  • 示談交渉を任せられるので、損害賠償額の大幅アップが見込めます。

 

早く依頼しても弁護士費用は変わらない

弁護士費用が着手金・報酬金方式であれば、早く弁護士に依頼して受任期間が長くなったとしても、弁護士の稼働時間に応じて弁護士費用が膨らむことはありません。受領した損害賠償額の一定割合で弁護士報酬が決まるからです。

 

なお、弁護士の稼働時間に応じて弁護士費用が増額することはありませんが、早いタイミングで弁護士に依頼すると、受領できる賠償額が増えることが見込まれますから、それに応じて弁護士費用が増額することはあり得ます。

 

もちろん、その場合、手元に残る賠償額も増えます。

 

早く弁護士に依頼すると、より多くのサポートを受けられ、賠償額も増えるのに、弁護士費用は同じ。それなら当然、早く依頼する方がトクですよね?

 

タイムチャージ(時間制報酬)方式の場合は、弁護士の稼働時間が長くなると弁護士費用も増額します。弁護士費用が、賠償額を上回ることもあり得ます。

 

このサイトでご紹介している弁護士事務所は、いずれも着手金・報酬金方式で、着手金は0円です。

 

もし、受け取れる賠償額が少なく、費用倒れになりそうな場合は、事前に説明してくれますから、ご安心ください。

 

いずれの事務所も相談無料です。成功報酬は、受け取った賠償金の中から支払うことができます。弁護士費用が、新たな負担となる心配はありません。

 

 

「保険会社から金額の提示後に」という事務所って、どう?

弁護士事務所の中には、「保険会社から金額の提示があってから相談に来てください」と言うところがあります。

 

こういう弁護士事務所って、どう思いますか?

 

保険会社が賠償額を提示してくるのは、治療が終了し、すべての損害額が確定してからです。

 

もっとも、弁護士が依頼を受けた場合でも、損害を算定して示談交渉を開始できるのは、治療が終了し、全ての損害額が確定してからです。

 

「損害を算定できる段階になったら依頼を受けますよ」という理屈も、分からないわけではありません。

 

弁護士の仕事は、被害者の代理人として、保険会社から適正な損害賠償額を取得することが中心です。

 

しかし、弁護士が力を発揮するのは、示談交渉や裁判の場だけではありません。

 

事故後の早い段階から介入することで、被害者が安心して治療に専念できるように、治療方針や治療費の請求、治療中の生活費、治療終了後にどうやって損害賠償請求を進めていくかなど、いくらでも被害者の相談にのり、サポートできることがあります。

 

交通事故の被害者の多くは、誰に相談したらよいかもわからず、一人で悩み続け、やっとの思いで弁護士に相談に行くものです。そんなときに、「保険会社から賠償金額の提示があってから相談に来てください」などと言われたら、どうでしょうか。

 

こういう弁護士は、被害者を親身にサポートする気も、被害者のために適正な賠償額を取る気もない、としか考えられません。ただ、保険会社の提示額より増やせればいい、という姿勢です。こんな弁護士は、避けた方がよいでしょう。

 

事故直後から、被害者からの相談を受け付け、被害者のサポートを得意としている弁護士事務所がありますから、一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

いつ・どのタイミングで弁護士に相談するのが良いかといえば、今すぐにでも相談すべきです。弁護士への相談は、早ければ早いほど良いのです。

 

  • 事故後の早いタイミングで弁護士に相談・依頼すると、より多くのサポートを受けられ、得られる賠償額も高額になります。
  • 弁護士費用は成功報酬です。早く依頼したからといって、受任期間に応じて弁護士費用を多く請求されるわけではありません。早く相談するほど、おトクです。

 

もし、事故から日が経っていても、示談する前なら手遅れではありません。弁護士への相談をお考えであれば、今すぐ相談することをおすすめします。

 

交通事故 被害の相談は 弁護士法人 響

 

弁護士法人・響は、交通事故の被害者サポートを得意とする弁護士事務所です。相談実績は月1,000件以上。多くの交通事故被害者から選ばれています。


お困りのこと、ご心配なこと、お気軽に何でもご相談ください。
こんなサポートを受けられます!


交通事故の被害者専用フリーダイヤル

0120-690-04824時間受付中
相談無料・着手金0円・全国対応
メールでの無料相談も受け付けています。公式サイトからどうぞ。


※「加害者の方」や「物損のみの方」からの相談は受けていませんので、ご了承ください。

 

ページの先頭へ戻る