弁護士法人ステラは、こんなサポートを受けられます!

弁護士法人ステラ

 

弁護士法人ステラは、保険会社の弁護士経験があり、損保の手の内を知りつくしているので、先手を打って示談交渉を有利に進められるのが強みです。交通事故の損害賠償問題に強く、国内・外資系を問わず損保との交渉実績が多数あります。

 

保険会社の対応に疑問や不満を持っている方、示談交渉を有利に進めて正当な示談金を受け取りたい方は、弁護士法人ステラに相談するとよいでしょう。

 

弁護士法人ステラに相談することで、あなたが受けられるサポートとは?

弁護士法人ステラに相談することで、あなたが受けられるサポートのほんの一例を挙げると…

 

  • 全国無料出張面談を行っているので、入院中でも病院に来てもらって相談できます。
  • 保険会社との面倒なやり取りは弁護士に全て任せて、治療に専念できます。
  • 損保との交渉に強く、示談金の大幅アップが見込めます。

 

弁護士費用は…

弁護士法人ステラは、交通事故の被害者からの相談は何度でも無料です。着手金0円なので初期費用はいりません。成功報酬は、示談成立後に、受け取った賠償金の中から支払うことができます。

 

まずは、無料相談をご利用ください!

交通事故の損害賠償をめぐる保険会社とのトラブルは、交通事故の損害賠償問題に強い弁護士に相談するのが一番です。

 

お困りのことや心配なことなどありましたら、まずは、弁護士法人ステラに、電話かメールで無料相談をお申し込みください。包容力のある弁護士が、優しく丁寧にヒアリングしてくれますから、安心して相談できます。

 

依頼するかどうかは、相談してから考えても大丈夫です。

 

交通事故の被害者からの 相談は 何度でも無料

法律相談

弁護士法人ステラ
「交通事故被害者の無料相談」専用フリーダイヤル

弁護士法人ステラフリーダイヤル 0120-221-274

※スマートフォン・携帯も通話料無料。
※24時間・土日祝日も「無料相談」受付中!
※全国対応。

※相談をお急ぎの方は、フリーダイヤルをご利用ください。優先して対応してくれます。
※メールで問い合わせをしておくと、あとで弁護士事務所から連絡をもらえます。

 

※ご紹介しているフリーダイヤルや公式サイトは、人身事故の被害者からの相談専用です。加害者からの相談や、物損のみの相談、交通事故以外の相談は、受け付けていません。

 

弁護士法人ステラが、交通事故被害者から選ばれる理由とは?

弁護士法人ステラが、なぜ多くの交通事故被害者から選ばれているのか?

 

ここからは、弁護士法人ステラの解決事例や相談事例、評判・口コミ、おすすめポイントなど、弁護士事務所から伺った話も交え、詳しくご紹介していきます。

 

弁護士事務所選びの参考にしてください。

 

弁護士法人ステラの解決事例・相談事例

まず、弁護士法人ステラの解決事例や相談事例をご紹介しましょう。

 

弁護士法人ステラの解決事例

弁護士法人ステラの解決事例をご紹介します。国内損保会社・外資系損保会社との交渉実績・解決実績が豊富です。

 

解決事例①

信号待ちで停車中に、追突された主婦の例です。

 

むち打ち症の治療が終わり、保険会社が示談金を提示。その額が適正なのか気になり、弁護士法人ステラに相談。

 

弁護士が裁判所基準で算定し交渉。休業補償と慰謝料を増額できました。

270万円の提示額 ⇒ 439万円に


 

解決事例②

バイクで走行中に、交差点で一時停止違反の車に衝突された会社員の例です。

 

診断は、高次脳機能障害。保険会社の提示額に納得がいかず、将来が不安になり、弁護士法人ステラに相談。

 

弁護士が逸失利益を正確に計算し交渉した結果、2,200万円の増額となりました。

2,000万円の提示額 ⇒ 4,200万円に


 

弁護士法人ステラの公式サイトでも、解決事例が詳しく紹介されていますから、チェックしてみてください。

 

 

弁護士法人ステラへ寄せられている相談事例

弁護士法人ステラには、次のような相談も寄せられています。「こんなこと相談できるのかなぁ」と心配されている方は、参考にしてみてください。

 

  • 信号待ちで停車中に後ろから追突された。3台の玉突き事故の真ん中。示談金が適正なのか知りたい。
  • 母親の運転していた車が信号機のない交差点で衝突。相手方に一時停止線があった。相手は自賠責のみ。補償を受けられるか。
  • 妻が自転車に乗っていて車にはねられた。事故に遭ったのが初めてで、どう対応したらいいのか分からない。今後の流れを知りたい。
  • 現在、治療中。弁護士に頼んだ方がよいのか相談したい。
  • 後遺障害申請のサポートを希望。
  • 信号待ちで停止中に後方から追突された。慰謝料がどれくらいになるのか。弁護士に頼むと慰謝料がどれくらい変わるのか。
  • 交差点で信号待ち中、道路横の駐車場から踏み間違えてバックで飛び出してきた車が追突。弁護士特約があるので、保険会社との対応を全て任せたい。

 

交通事故に遭い、お困りのこと、ご心配なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。弁護士法人ステラは、24時間365日、交通事故の被害者から無料相談を受け付けています。全国対応です。

 

まずは相談してみて、依頼するかどうかは、それから考えても大丈夫です。

 

弁護士法人ステラのおすすめポイント

弁護士法人ステラは、24時間365日・全国対応で、交通事故の被害者からの無料相談を受け付けています。

 

初めて交通事故に遭って「何をどうしたらいいのか分からない」という方でも、安心して相談できる弁護士事務所です。

 

弁護士法人ステラの3つのおすすめポイントをご紹介します。

 

保険会社の手口を知りつくし、損保との示談交渉に強い

弁護士法人ステラは、保険会社の弁護士経験があり、保険会社の手の内を知りつくしているため、先手を打って損保との示談交渉を有利に進めることができます。

 

交通事故の被害者にとって頼もしい弁護士事務所となっており、国内・外資系を問わず損保会社との豊富な交渉実績・解決実績があります。

 

全国無料出張面談に対応

弁護士法人ステラは、全国無料出張面談を実施しています。必要があれば、被害者の入院先の病院にも出向き面談します。被害者が安心して治療に専念できるようサポートするためです。

 

多くの弁護士事務所が出張面談を頼むと出張費が必要となる中、弁護士法人ステラは、そういった費用負担の心配がありません。

 

弁護士が最初から最後まで責任を持って対応

一般的に、弁護士に依頼した後は、事務員の対応となることが多いのですが、弁護士法人ステラでは、最初から最後まで弁護士が責任をもって対応します。

 

また、多くの弁護士事務所では、保険会社から示談金の提示があってから介入しますが、弁護士法人ステラは、被害者から相談・依頼があれば、事故直後から介入し、トータルサポートするので、被害者の精神的負担が大幅に軽減されます。

 

弁護士法人ステラの費用と事務所案内

弁護士法人ステラは、相談無料、着手金0円なので、事前に費用を用意する必要はありません。費用は、基本的に、成功報酬のみですから、示談成立後に、受け取った賠償金から支払うことができます。

 

なお、弁護士費用は、弁護士保険(任意自動車保険の弁護士費用特約)に加入していれば、最高300万円まで保険で賄うことができます。

 

費用

相談 何度でも無料
着手金 0円
報酬金 基本報酬20万円+賠償額の10%(税別)

※訴訟となる場合は、訴訟費用が別途必要です。
※弁護士費用特約(弁護士保険)を利用すれば、上限300万円まで弁護士費用は不要です。

 

弁護士保険を利用する場合は、弁護士保険の保険金支払基準に対応した報酬基準で弁護士費用を算定し、弁護士事務所から保険会社に直接請求します。そのため、依頼者が弁護士費用を立替え、後で保険会社に請求するといった費用負担や手間がありません。

 

事務所案内

代表弁護士 天野 仁(東京弁護士会 第47669号)
弁護士数 5名
所在地 東京都新宿区左門町4番地 四谷アネックス5階
対応エリア 全国

※2020年5月10日現在の情報です。

弁護士法人ステラへの「無料相談」お申込み方法

弁護士法人ステラへの無料相談の申込みや問合せは、フリーダイヤルが便利です。24時間受け付けています。

 

公式サイトの「相談予約フォーム」もご利用ください。必要なことを入力して送信しておくと、あとで弁護士事務所から連絡をもらえます。

 

交通事故の被害者からの 相談は 何度でも無料

法律相談

弁護士法人ステラ
「交通事故被害者の無料相談」専用フリーダイヤル

弁護士法人ステラフリーダイヤル 0120-221-274

※スマートフォン・携帯も通話料無料。
※24時間・土日祝日も「無料相談」受付中!
※全国対応。

※相談をお急ぎの方は、フリーダイヤルをご利用ください。優先して対応してくれます。
※メールで問い合わせをしておくと、あとで弁護士事務所から連絡をもらえます。

 

※ご紹介しているフリーダイヤルや公式サイトは、人身事故の被害者からの相談専用です。加害者からの相談や、物損のみの相談、交通事故以外の相談は、受け付けていません。

 

弁護士法人ステラは、交通事故の被害者のサポートを得意とし、損保との交渉に強い弁護士事務所です。

 

お困りのこと、不安なこと、疑問に感じることなどありましたら、まずは、無料相談を利用して、相談してみてください。

 

依頼するかどうかは、相談してから考えても大丈夫です。

ページの先頭へ戻る