過失割合の紛争は、ADRや調停に持ち込んでも解決できない

過失割合・過失相殺率で揉めて当事者の間で示談がまとまらないときは、「弁護士に示談交渉を依頼する」か「民事訴訟を提起して裁判で争う」しか解決の方法はありません。

 

いずれにしても、弁護士に相談しないと解決できません。

 

交通事故の損害賠償をめぐる紛争解決の方法としては、ADR機関(裁判外紛争解決機関)に示談の斡旋を申し込む方法や、裁判所に民事調停・交通調停を申立てる方法がありますが、ADRや調停は、過失割合の紛争解決には馴染みません

 

目次
  1. ADR機関では過失割合を解決できない理由
  2. 調停では過失割合を解決できない理由
  3. まとめ

 

ADR機関では過失割合を解決できない理由

交通事故の紛争解決で広く利用されるADR機関として、「交通事故紛争処理センター」と「日弁連交通事故相談センター」があります。

 

これらのADR機関は、基本的に交通事故の民事紛争に強い弁護士が担当するうえ、比較的短期間で解決に至ります。

 

何より、審査を申し立てれば、審査結果は損保や共済を拘束するので(片面的拘束力)、被害者が審査結果に同意すれば、損保や共済に有無を言わさず示談が成立します。

 

しかも、無料で利用できますから、交通事故の被害者にとって有利です。

 

ADRは対象となる紛争が制限される

しかし、ADRは扱える紛争に制限があります。事実関係に争いがなく、あとは「示談金額をいくらにするか」という段階の争いでないと、ADRに持ち込んでも解決は望めないのです。

 

これは、ADRが、数回程度の示談斡旋で解決に導くのを原則としていること、間に入って示談斡旋する弁護士は中立の立場であることが、おもな理由です。

 

担当する弁護士は、被害者の代理人として保険会社や共済組合と交渉するのでなく、第三者の中立の立場から、妥当な示談金額を提示し、示談を斡旋します。

 

ですから、相手の損害賠償責任や過失割合、後遺障害等級などに争いがあり、最終的な示談金額の提示に至っていない場合は、ADRでは解決できないのです。

 

ADR機関(裁判外紛争解決機関)のメリット・デメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。

 

ADR機関(裁判外紛争解決機関)のメリット・デメリット

 

調停では過失割合を解決できない理由

交通調停・民事調停は、裁判のように時間も費用もかからず、弁護士を頼まなくても、被害者本人や家族でも申し立てることができます。

 

調停が成立すれば、確定判決と同じ効果を持ち、調停内容が履行されないときは、強制執行も可能です。

 

裁判のような厳格な事実調査をしない

しかし、調停では、裁判のような厳格な証拠調べをしません。当事者が持参した資料を調べたり、参考人から意見を聴取する方法が採られます。

 

また、調停委員は、必ずしも交通事故の損害賠償問題に精通した委員が選任されるわけではありません。むしろ、交通事故の問題にあまり詳しくない弁護士が選任されるのが実情です。損保会社OBが調停委員に選任されることも少なくありません。

 

そのため、過失割合で揉めている場合のように、双方の主張に大きな開きがある場合は、調停は馴染みません。

 

交通調停・民事調停のメリット・デメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。

 

交通調停・民事調停のメリット・デメリット

まとめ

過失割合で揉めている場合は、ADR機関(裁判外紛争解決機関)や交通調停・民事調停に持ち込んでも、納得のいく解決は期待できません。

 

過失割合をめぐり当事者間の示談交渉が難航する場合は、弁護士に示談交渉を依頼するか、民事訴訟を提起して裁判で争うしか解決の方法はありません。

 

いずれにしても、弁護士に相談するのがベストです。

 

保険会社の主張する過失割合に納得がいかない場合は、交通事故の損害賠償問題に詳しい弁護士に今すぐ相談することをおすすめします。

 

 

このサイトで、無料相談の申し込みの多い「弁護士事務所 トップ3」をご紹介しています。各事務所の強みが簡単に分かりますから、あなたの悩みを解決するのに最適な弁護士事務所が、きっと見つかるはずです。ぜひ、チェックしてみてください!

 

過失割合に納得できない

関連ページ

交通事故の過失相殺とは当事者間で損害を公平に分担する制度
交通事故の被害者側に過失があるときは、被害者の過失割合に応じて損害賠償額が減額されます。これを過失相殺といいます。当事者間で損害の公平な分担を図る制度です。
過失割合と過失相殺率の違いとは?
交通事故の過失相殺で、過失割合と過失相殺率という2つのよく似た言葉があります。過失割合と過失相殺率はどう違うのか解説します。
交通事故の過失割合を決める過失相殺基準(過失相殺率認定基準)
交通事故の過失相殺は、一般的に「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」全訂5版(別冊判例タイムズ28)を参考にして過失相殺率・過失割合を決めます。過失相殺率認定基準とはどんなものか、利用する上での注意点をまとめています。
過失相殺の対象となる損害と過失相殺の方法
交通事故の損害賠償額を定めるにあたって過失相殺の対象となる損害は、原則として、積極損害・消極損害・慰謝料を積算した全損害です。ただし、特定の損害費目についてだけ過失相殺することも認められます。
過失相殺の被害者の過失・事理弁識能力と加害者の過失・責任能力の違い
過失相殺における被害者の過失(自己過失)と、損害賠償責任を負う加害者の過失(真正の過失)は異なり、被害者に不法行為責任能力がなくても過失相殺能力(事理弁識能力)があれば過失相殺されます。
交通事故の過失相殺における被害者側の過失と被害者側の範囲
幼児が道路に飛び出して交通事故に遭った場合など、被害者に過失があっても事理弁識能力がない場合は「被害者側の過失」として過失相殺されることがあります。被害者側の過失、被害者側の範囲について解説します。
非接触事故の損害賠償請求と過失割合
前方の車との衝突を避けようとして、転倒し怪我をしたときや、ガードレールに追突したり、他の自動車と衝突したときも、接触を回避した相手車両の運行と損害との間に粗糖因果関係が認められるときは損害賠償請求することができます。
損害賠償の一部請求と過失相殺の方法
交通事故における損害賠償請求訴訟では、損害賠償の一部請求をすることができます。過失相殺にあたっては、損害の全額から過失割合による減額をし、残額が請求額を超えないときはその残額が認められ、残額が請求額を超えるときは請求額が認められます。
好意同乗・無償同乗の損害賠償額の減額と過失相殺
運転者の好意により無償で同乗し、交通事故の被害に遭ったとき、損害賠償額が減額される場合があります。
過失相殺率基準
歩行者対車両、四輪車同士、単車対四輪車の交通事故について、過失相殺率・過失割合の基準を『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』(判例タイムズ38)を参考にまとめています。
過失相殺の事例
交通事故の損害賠償請求で過失相殺されるかどうかは、被害者の過失が損害の発生・拡大に寄与しているか否かで判断されます。どんなときに過失相殺され、どんなときに過失相殺されないのか、具体例を紹介します。
共同不法行為の過失相殺
複数の加害行為が競合する交通事故で、共同不法行為が認められると、各加害者は連帯して損害賠償責任を負います。共同不法行為における過失相殺について解説します。