交通事故の被害者が正当な賠償金を取るのための情報サイトです!

あなたは交通事故の被害に遭って、こんなことで困っていませんか?

 

  • 保険会社の提示する示談金が妥当か判断できない。
  • 事故後の生活が不安。保険会社とのやり取りが面倒。
  • 怪我が治っていないのに保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われた。
  • どのように示談交渉すればいいのか分からない。
  • むち打ち症の後遺障害が認められない。
  • 後遺症が残りそうで、将来の補償が心配。
  • 自分に過失はないのに、過失相殺で賠償額が大幅に減額されそう。

 

この「交通事故トラブル解決ガイド」は、交通事故の被害者が「正当な損害賠償金」を受け取るために役立つ情報をまとめたサイトです。

 

交通事故の金銭的な補償に対する不安や悩み、保険会社の対応に疑問や不満のある方、加害者や保険会社とのトラブルでお困りの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

 

事故に遭ったときは「何をどうすればいいのか」分からないのが普通

交通事故の被害に遭ったときは「何を、どうすればいいのか分からない」のが普通です。事故に遭うことなど滅多にないからです。そのため、保険会社の言うままに示談してしまうことが少なくありません。

 

また、保険会社や加害者の対応に納得できず、つい感情的になってしまい、トラブルを招くこともよくあります。

 

適正な損害賠償を受けるには、実は事故直後から、すでに保険会社との「たたかい」が始まっています。

 

被害者の側も、交通事故発生から解決までの流れを知り、気持ちの上だけでも余裕を持って対処することが、不要なトラブルを回避し、正当な損害賠償を受けるために大切なことなのです。

 

賠償金・示談金を増額できる方法が分かる

このサイトをご覧になれば、

 

  • 保険会社や加害者から正当な損害賠償を受ける方法
  • 示談金・賠償金を増額できる方法
  • 治療や損害賠償請求にともなうトラブルの解決方法、無用なトラブルを避ける方法

 

が分かります。

 

紹介しているのは、小手先のテクニックではありません。最近の裁判例の動向や法律問題もふまえ、合法的・合理的に賠償金・示談金を増やせる方法です。できるだけ分かりやすく、根拠となる法令や判例も引用し、納得いく説明を心がけています。

 

保険会社や加害者とのトラブルの解決、あるいはトラブルの回避にも役立つでしょう。

 

交通事故の悩みやトラブルは、弁護士に相談すれば解決できる

交通事故の悩みやトラブルを「だれに相談したらいいのか分からない」という方も多いはずです。おそらく、あなたも自分で何とかしようと情報を調べている中で、このサイトにたどり着いたのではないでしょうか?

 

そんなあなたに、ぜひ知っておいて欲しいことが1つだけあります。それは、

 

「交通事故の損害賠償に関する悩みやトラブルは、弁護士に相談すれば解決できる!」

 

ということです。

 

被害者ご自身も、その家族の方も、身体的・精神的・経済的に大変だと思います。ひとりで無理して解決しようとすることはありません。

 

弁護士なら、あなたの代理人として保険会社との面倒なやり取りを全て任せることができます。しかも、賠償金も増額できるのです。

 

示談する前に弁護士に相談すると、示談金を大幅に増額できる!

保険会社から賠償金額(示談金額)が提示されてるのなら、示談金の提示額が妥当かどうか、一度、弁護士に相談してみてください。

 

弁護士に、あなたの損害額を計算してもらうと、きっと驚くでしょう。

 

「えっ、こんなに賠償金をもらえるの?」と。ビックリするぐらい、保険会社の提示額と差があります。

 

実は、保険会社と弁護士とでは、賠償すべき損害額の計算の仕方(損害の算定基準)が異なります。弁護士の算定する損害額が、あなたが本来受け取れる「正当な賠償金額」なのです。

 

相談無料・着手金0円の弁護士事務所がある!

気になるのは弁護士費用でしょう。弁護士は、相談するにもお金がいるし、着手してもらうのにお金が必要だし、成功したら高い報酬を請求されるし…。

 

一般的には、確かにその通りです。法律相談料・着手金・成功報酬が必要です。

 

でも、ご安心ください。このサイトでは、相談無料・着手金0円で、交通事故被害者の相談・依頼を受けてくれる弁護士事務所を紹介しています。成功報酬は、リーズナブルで後払い可能ですから、受け取った賠償金の中から支払うことができます。

 

しかも、交通事故の損害賠償請求や示談交渉に強い、実績ある弁護士事務所を厳選していますから、安心して相談してみてください。

 

 

このサイトで、無料相談の申し込みの多い「弁護士事務所 トップ3」をご紹介しています。各事務所の強みが簡単に分かりますから、あなたの悩みを解決するのに最適な弁護士事務所が、きっと見つかるはずです。ぜひ、チェックしてみてください!

 

弁護士法人・響

交通事故発生から解決までの流れ

交通事故発生から解決に至るまでの流れを知っておくと、見通しを持って治療を受けられ、示談交渉に臨むことができます。

 

各ステップごとに、交通事故の被害者が「知っておきたい大切なポイント」も、あわせて紹介します。

交通事故発生から解決までの6ステップ

  1. 必ず警察へ事故の報告をする

    警察へ事故の発生を届けていないと、保険会社から賠償金の支払いを受けられません。

  2. まずは治療に専念する

    事故後、速やかに治療を受けないと、事故との因果関係を認められない恐れがあります。治療には、健康保険や労災保険も使えます。もし、治療の途中で保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われたときは、弁護士に相談すると延長できます。

  3. 後遺症が残ったときは後遺障害の等級認定を申請する

    後遺症が残ったときは、後遺障害等級の認定がポイント。障害等級に応じて賠償額が決まるからです。等級認定されなければ、後遺症に対する賠償を受けられません。適正な後遺障害等級の認定を受けるには、弁護士のサポートが不可欠です。

  4. 損害額を算定し、賠償請求額を決める

    治療が終了し、あるいは症状固定で後遺障害等級が確定したら、損害額を算定します。損害額の算定には、自賠責保険・任意保険・裁判所の3つの算定基準がありますが、弁護士に相談すると、最も高い裁判所基準で算定してくれます。

  5. 保険会社と示談交渉する

    賠償請求する損害額を算定できたら、保険会社と示談交渉します。たいてい損害額が確定するころに、保険会社から賠償金額(示談金額)の提示があります。示談が成立しないときは、ADR(裁判外紛争解決機関)や調停、訴訟に持ち込みます。

  6. 示談成立・解決

    示談が成立すると解決となります。法的手続きをとった場合は、和解もしくは判決により賠償額が確定します。

 
交通事故の本当の解決とは…

死亡事故や重い後遺障害が残る事故に遭った被害者やその家族にとっては、加害者の刑事処分が決まり、損害賠償問題が決着すれば全て解決、とはいかないかもしれません。

 

「交通事故の本当の解決」とは、被害者やその家族が、交通事故によって失ったものを受け入れ、前向きに人生を歩み始めることだからです。

 

損害賠償問題は、その過程の一部にすぎません。しかし、被害者やその家族が納得できる賠償を受けることは、当然の権利であり、前向きに人生を歩み出すうえで重要なステップになります。

事故発生から解決までの6ステップ

交通事故発生から解決に至るまでの流れを、各ステップごとに詳しく見ていきましょう。

 

必ず警察へ事故の報告をする

交通事故に遭ったとき、警察へ事故の報告をすることは、賠償金を受け取るための大前提です。警察へ事故の届けがされていないと、交通事故証明書の交付を受けられず、保険会社に治療費や慰謝料などの請求ができません。

 

加害者から「治療費は責任を持って払うから、警察沙汰にはしないで」と懇願され、警察へ事故の報告しないことがありますが、これでは十分な賠償金を受け取れる保証はなく、後々トラブルになる可能性が高まります。

 

警察に事故の届けをしないと、あとで困るのは被害者の側です。軽い追突事故でも、あとからむち打ち症を発症することもあります。大したことないと思っても、必ず、警察に事故の届けをしておくことが大切です。

 

場合によっては、自分で証拠や証人を集めることも必要

自分に過失がなかったと思っていても、保険会社から過失相殺を主張され、賠償金を減額されることがあります。加害者に過失はなかった(無過失)として、全く賠償を受けられないこともあります。

 

死亡事故や重大事故ほど、そういう傾向があります。被害者が事故発生時の状況を証言できないので、加害者の言い分が通ってしまうからです。警察が実況見分調書を作成するからと安心していると、あとで泣きを見ることも少なくありません。

 

事故直後、できるだけ速やかに、被害者の側が独自に、証拠や証人を集めておくことが大切です。

 

 

まずは治療に専念する

軽いケガでも、速やかに病院で診察・治療を受けることが大切です。事故発生から日が経って病院へ行くと、事故との因果関係を証明することが難しくなるからです。

 

治療費は、加害者が加入している保険会社に請求することができます。通常は「任意一括払い制度」により、相手方の任意保険会社が病院に直接治療費を支払ってくれます。

 

「任意一括払い」にするには、保険会社に同意書を提出します。保険会社から同意書が送られてきますから、それに署名捺印して送り返すだけです。

 

加害者が任意保険に加入していない場合は、被害者が治療費を立て替えて支払うことになります。あとで加害者あるいは自賠責保険に請求します。

 

治療には健康保険が使える

交通事故の治療は自由診療が基本ですが、希望すれば健康保険も使えます病院は、保険診療にすることを嫌がる傾向がありますが、拒むことはできません。

 

ただし、病院側との無用なトラブルは避けるべきです。病院や医師には、保険会社に損害賠償請求するとき、診断書の作成などで協力してもらう必要があるからです。

 

保険診療にしなければならない事情がある場合は、病院側も理解を示し、自由診療か保険診療かをめぐるトラブルが生じることはありません。

 

被害者が治療費を立て替えて払わなければいけないときは、健康保険を使えば3割の自己負担で治療ができますから、健康保険を使用するとよいでしょう。

 

そのほかにも、健康保険を使った方がよい場合があります。被害者の過失が大きい場合です。健康保険を使って治療すると、過失相殺された後、最終的に受け取れる賠償金額が大きくなります。

 

どんなときに健康保険を使うとよいのか、健康保険を使うメリット・デメリットについて、詳しくは次のページをご覧ください。

 

 

業務中や通勤途中の事故には労災保険が使える

業務中や通勤途中の事故なら、労災保険が使えます。健康保険には3割の自己負担がありますが、労災保険なら治療費の自己負担はありません。

 

そのほか労災保険は、休業補償給付や傷害補償給付、遺族補償給付なども受けられます。

 

 

当面の治療費の支払いや生活費に困ったときは、相手方の自賠責保険に仮渡金を請求できます。仮渡金とは、損害賠償金の一部前渡しで、損害額が確定する前でも受け取ることができます。

 

保険会社から「治療費の支払いを打ち切る」と言われたとき

むち打ち症で治療を受けているときなど、まだ治っていないのに、保険会社が一方的に「治療費の支払い打ち切り」を言ってくることがあります。そんなときの対処法については、次のページをご覧ください。

 

 

後遺症が残ったとき

治療によって完治すればいいのですが、治療を続けても回復が見込めず、後遺症が残ることがあります。

 

これ以上治療を継続しても良くならない(症状固定といいます)と医者が判断し、後遺症が残ったときは、後遺障害の等級認定がポイントになります。

 

後遺症に対する損害賠償は、たんに後遺症が残ったというだけでは賠償金は支払われず、認定された後遺障害等級に応じて賠償額が決まるからです。

 

複数の後遺障害が残ったときは、一定のルールに従って等級が繰り上がり、併合等級が認定されます。

 

後遺障害等級の認定機関

後遺障害の等級認定は、保険会社でなく、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所が行っています。

 

損害保険料率算出機構は、公平・中立な調査を旨としていますが、実際には、後遺障害の認定にあたって、この認定機関が大きな壁となっています。後遺症に見合った適正な後遺障害等級が認定されず、トラブルになることはよくあります。

 

後遺障害は、申請すれば等級認定されるわけではありません。後遺障害診断書を書くのは医師ですが、適正に等級認定させるには、後遺障害に精通した弁護士に頼まないと難しいのが現実です。

 

後遺障害の認定申請手続き

後遺障害の認定手続きには、事前認定と被害者請求の2つの方法があります。事前認定は保険会社に任せる方法、被害者請求は被害者が直接申請する方法です。

 

一般的には事前認定が多いのですが、被害者請求しないと後遺障害等級が認定されにくい場合もありますから、事前認定と被害者請求のメリット・デメリットをふまえて、慎重に判断してください。

 

後遺障害の等級認定に納得できないとき

後遺障害非該当とされたり、思っていたより低い等級が認定されるなど、後遺障害の等級認定に納得できないときは、認定機関に対し異議申立ができます。

 

それでも等級認定が変更されない場合は、自賠責保険・共済紛争処理機構に不服申立ができます。

 

損害額を算定し、賠償請求額を決める

賠償請求する損害額の計算は、損害額が確定して初めて可能となります。つまり、治癒した場合は治療が終了したとき、後遺症が残った場合は後遺障害等級が確定したときです。

 

相手が任意保険に加入していれば、保険会社が損害賠償額を算定し、被害者の側に提示しますが、保険会社の提示する賠償金額(示談金額)は、被害者が正当に受けられる賠償額より、はるかに少ない額です。

 

正当な損害賠償を受けるためには、被害者の側が本来受け取れる正当な損害額を算定し、賠償請求する必要があるのです。

 

賠償請求できる損害を積算する

損害額の算定とは、賠償請求できる損害を全て積算することです。「だいたい、これくらいだろう」というような、大まかな金額ではありません。

 

賠償請求できる損害は、大別すると積極損害・消極損害・慰謝料です。

 

積極損害は、治療費や通院交通費、死亡したときの葬儀費用など、事故により支出を余儀なくされたことによる損害です。消極損害は、治療のため仕事を休んだことによる損害や将来的に得られる利益を失うことによる損害です。慰謝料は、精神的損害です。

 

これらを次に示す裁判所基準にもとづいて、一つひとつ計算し、足し合わせます。

 

損害額の算定方法には3つの基準がある

損害額の算定には、3つの算定基準(自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準)があります。

 

自賠責保険基準は、国が支払基準や支払限度額を定め、法律にもとづく最低限の補償という位置づけです。任意保険基準は、それに少々上乗せした程度にすぎません。

 

自賠責に少々上乗せすれば、被害者が納得するだろうという考えです。任意保険会社は、自賠責部分を後で自賠責保険から回収できるので、できるだけ自社の持ち出しを少なくしたいのです。

 

裁判所基準は、過去の判例をもとに裁判で認められる損害費目や額を基準化したもので、裁判所基準こそが、被害者が参考にすべき基準です。3つの基準の中で、もっとも高い基準です。

 

裁判所基準で算定すると、保険会社の提示する額に比べて2~3倍増額することも珍しくありません。

 

弁護士に頼むと裁判所基準で損害算定してくれる

裁判所基準は、裁判で交通事故の損害額の算定にあたって利用する基準です。ですから、弁護士も損害賠償請求訴訟を提起するとき、この基準で損害額を算定します。

 

弁護士は、訴訟を提起する場合だけでなく、保険会社との示談交渉にあたっても裁判所基準で損害額を算定します。だから、弁護士に頼むと、賠償額が大幅に増額できるのです。

 

損害額の算定方法

具体的な損害額の算定方法については、次のページをご覧ください。

 

 

保険会社との示談交渉

賠償請求する損害額を算定したら、示談交渉です。たいていは、損害額が確定するころに保険会社から賠償金額(示談金額)の提示があります。

 

示談交渉の相手は保険会社の担当者

通常、任意保険の対人対物賠償保険には「示談代行サービス」が付いているので、被害者は保険会社の担当者と示談交渉することになります。

 

相手は「保険のプロ・交渉のプロ」ですから、保険会社のペースで交渉が進められてしまいます。示談交渉を有利に進めようと思ったら、被害者の側は弁護士を立てることが必要なのです。

 

示談交渉は各損害費目について立証が必要

示談交渉は、保険会社が提示する額に対して、「もう少し増額できないか」というような大まかなものではありません。治療費や休業損害、逸失利益、慰謝料などについて、双方が根拠を示して交渉します。

 

だからこそ、裁判所基準にもとづき正当な損害額を算定することが大事で、それにより、交渉を有利に進められます。

 

示談は双方が譲歩しあって解決すること

示談は、当事者間の話し合いにより、互いに譲歩し合って解決することです。ですから、裁判で認定される額よりも、やや低額で合意するのが一般的です。

 

保険会社は被害者側に譲歩を迫りますが、必要以上に譲歩することはありません。被害者側が正当な損害額を算定し、保険会社がそれを認めれば、示談は成立します。

 

示談交渉は弁護士に任せるのがベスト

示談交渉が始まるころには治療が終わっているとはいえ、身体的にも精神的にも大変な中で、保険会社と賠償額をめぐって交渉するのは、かなりのストレスとなります。

 

示談交渉は、弁護士に任せておけば、賠償額の大幅な増額も可能ですし、交渉のストレスもありません。

 

 

相手は過失相殺を主張してくる

示談交渉で揉めやすいのが過失割合です。交通事故は、加害者が一方的に悪いというケースは少なく、たいてい被害者にも過失があるものです。

 

被害者に過失がある場合、相手方は必ず過失相殺による賠償額の減額を主張してきます。過失相殺は、5%とか10%の単位で減額されるため影響が大きいので、十分注意してください。

 

 

示談成立・解決

示談が成立すれば示談書を作成します。示談が成立しなかったときは民事訴訟を提起し、和解や判決により賠償額が確定します。

 

こうして、支払いを受けると、解決ということになります。

 

当事者同士の話し合いで「示談が成立しない」とき

当事者同士あるいは相手方保険会社との話し合いで示談が成立しないときは、第三者の中立の専門家に示談の斡旋を頼むこともできます。

 

交通事故関係のADR機関(裁判外紛争解決機関)に示談斡旋を申請する方法や、裁判所に交通調停・民事調停を申立てる方法があります。

 

ただし、ADR機関の利用や調停の申立てには一定の条件があり、賠償責任の有無や過失割合、後遺障害の存否や等級認定などに争いがある場合は馴染みません。事実関係に争いがなく、「賠償金額をいくらにするか」で争っている場合に利用すると効果的です。

 

ADRや調停による解決も難しい場合は、民事訴訟による解決しかありません。

 

それぞれメリット・デメリットがありますから、どの手続きを利用するか、よく検討することが大切です。

 

交通事故の被害で困っているなら弁護士に相談すれば解決できる!

交通事故の被害に遭ってお困りのときは、弁護士に相談することをおすすめします。交通事故の悩みやトラブルは、弁護士に相談すれば解決できます。

 

弁護士への相談は早いほどメリットが大きい

弁護士に相談するのは、早ければ早いほどメリットが大きくなります。詳しくは、次のページをご覧ください。

 

 

弁護士なら誰でもOKではない

ただし、弁護士なら誰でもOKというわけではありません。相談・依頼する弁護士によっては、後悔する羽目に…。その理由については、次のページをご覧ください。

 

 

弁護士費用が心配な方方

弁護士に相談してみたいけど、費用が心配という方も多いでしょう。そんな方は、次のページをご覧ください。

 

 

 

このサイトで、無料相談の申し込みの多い「弁護士事務所 トップ3」をご紹介しています。各事務所の強みが簡単に分かりますから、あなたの悩みを解決するのに最適な弁護士事務所が、きっと見つかるはずです。ぜひ、チェックしてみてください!

 

弁護士法人・響