事故に遭ったとき被害者は自分の任意保険で補償される

Point
  • 任意保険は、自賠責保険でカバーできない自動車事故により生じるリスクに備えるための保険です。
  • 任意保険には「相手への賠償責任に備える保険」と「自身の損害に備える保険」があり、備えたいリスクに応じて、補償内容や保険金額を自由に選んで契約することができます。
  • 加害者から十分な賠償を受けられないとき、被害者は、自分の加入している任意保険から補償を受けることができます。

 

任意保険は、交通事故で加害者になったときの賠償に備えるためだけの保険ではありません。

 

被害者になったとき、相手から十分な賠償を受けられない場合でも、自身の任意保険から補償を受けられます。

 

任意保険には、自動車事故によって「相手に生じた損害を補償する賠償責任保険」と「自身に生じた損害を自身の保険で補償する保険」があります。これに各種特約が付加されます。

 

対人・対物賠償保険以外の傷害保険・車両保険・特約は、すべて自分自身への補償です。保険会社や代理店から勧められるままに契約している人が多いと思いますが、自分の加入している任意保険の内容を確認してみましょう。

 

任意保険の補償対象別分類
  人損 物損
相手への賠償 対人賠償責任保険

(この基礎部分が自賠責保険)

対物賠償責任保険
自身の補償 傷害保険

・人身傷害補償保険
・搭乗者傷害保険
・無保険車傷害保険
・自損事故傷害保険

車両保険

 

損害保険会社(損保)は、対人・対物賠償責任保険を基本に、傷害保険・車両保険・特約を組み合わせて、自動車保険商品として販売しています。

 

ここでは、それぞれの保険の内容の概要をまとめています。

 

目次
  1. 相手への賠償責任に備える保険

    対人賠償保険・対物賠償保険

  2. 自身の損害に備える保険

    人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険・無保険車傷害保険・自損事故傷害保険・車両保険

相手に対する賠償責任に備える保険(賠償責任保険)

賠償責任保険は、自動車事故により、人を死傷させたり、物を損壊させたりしたりして損害賠償責任を負ったとき、相手への賠償によって生じる損害を填補する保険です。つまり、加害者になったときの賠償責任に備える保険です。

 

対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」があります。

 

対人賠償責任保険

対人賠償責任保険は、保険契約している自動車の運転中の事故により、他人(歩行者や相手の自動車の搭乗者)を死傷させ、損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

 

人身事故の場合、自賠責保険から基本的な補償がなされますが、自賠責保険には支払限度額があるため、限度額を超える部分を対人賠償保険がカバーします。

 

保険金の支払いは、加入時に契約した1人あたりの金額が限度なので、最近の賠償額の高額化にともない、補償額無制限での加入が主流になっています。

 

示談代行サービス付きのものが一般的です。示談代行サービスは、賠償責任を負ったとき保険会社が示談を代行するサービスです。ですから、被害者は、保険会社の担当者と示談交渉することになります。

 

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険は、保険契約している自動車の運転中の事故により、相手の車両や建物など他人の財物に損害を与え、損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

 

他人の財物に損害を与えたときは、修理費用や買替費用などのほか、例えば、店舗に車が突っ込んだ場合の休業損害や営業損失、相手がトラックやタクシーなど業務車両だった場合の休車損害などが発生します。こうした相手の直接的・間接的損害を補償する保険です。

 

複数の相手に損害を与えたときは、損害の合計額が契約保険金額を限度に支払われます。

 

対人賠償保険と同様に、示談代行サービス付きもあります。

 

保険金が支払われないケース

対人・対物賠償責任保険は、「他人」に損害を与え、賠償責任が生じた場合に損害賠償を補償するものです。

 

自賠責保険では家族であっても「他人」と認定されることがありますが、任意保険では、家族は「他人」に該当しません。

 

任意保険と自賠責保険では「他人」の範囲が異なり、任意保険は、相手が家族の場合や家族が所有・管理する物は免責になるので注意が必要です。

 

例えば、事故の相手が配偶者の車だった、自宅で車庫入れの際に家族を轢いてしまった、車庫にぶつけて壁やガレージが破損した、という場合には、保険金は支払われません。

 

自賠責保険では、運行供用者(車の所有者・運転者)以外は全て他人と見なされますが、任意保険では、同居する親族は経済的に同一と見なされ、同一生計の家族に対する損害賠償のための保険金支払いは、適切でないと考えられているからです。

 

自身の損害に備える保険(傷害保険・車両保険)

自身の損害に備える保険には、大きく分けて、保険契約している自動車(被保険自動車)に乗っていた運転者や同乗者などが死傷したときの損害を補償する「傷害保険」と、被保険自動車の損害を補償する「車両保険」があります。

 

なお、これらの保険は、対人・対物賠償責任保険よりも免責事由を広く定めているので、注意が必要です。

 

 

傷害保険

傷害保険には、「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「自損事故傷害保険」があります。

 

なお、特に定めがない限り、通常は被保険自動車に搭乗中の事故が保険金支払いの対象です。

 

人身傷害補償保険

運転者や同乗者が事故で死傷した場合に、加害者の有無や過失割合に関係なく、治療費・休業補償・慰謝料など総損害額に対し、保険契約した限度額の範囲内で保険金が支払われます。

 

過失相殺されることなく、自身の過失分も含めて、損害額の全額が保険金として支払われるのが特徴です。相手との示談交渉も不要です。

 

人身傷害補償保険について詳しく見る

 

搭乗者傷害保険

運転者や同乗者が事故で死傷した場合、被害の内容に応じ定額で保険金が支払われます。加害車両の自賠責保険・任意保険が支払われる場合でも、重ねて受け取ることができます。

 

損害を填補する保険ではないので、損害賠償額から控除されることもありません。人身傷害補償保険金、無保険車傷害保険金、自損事故傷害保険金と重ねて支払われます。

 

搭乗者傷害保険について詳しく見る

 

無保険車傷害保険

対人賠償保険が付いていない無保険車との事故や当て逃げなどで、運転者・同乗者が死亡または後遺障害を負った場合、加害者から賠償されない損害について保険金が支払われます。

 

後遺障害をともなわない傷害は、対象となりません。損害賠償義務者がいることが前提です。

 

無保険車傷害保険について詳しく見る

 

自損事故傷害保険

電柱に衝突した単独事故や相手に過失がなく賠償責任が生じない事故で、自動車の保有者、運転者や同乗者が死傷した場合、自賠責保険から補償を受けられないとき、被害の内容に応じ定額の保険金が支払われます。

 

自損事故傷害保険について詳しく見る

 

車両保険

契約した自動車が、衝突、接触、火災、台風、盗難などによって、損害を受けた場合に保険金が支払われます。補償範囲や保険金額は契約内容によって異なります。

 

車両保険について詳しく見る

まとめ

任意保険は、自動車事故の加害者になったときだけでなく、被害者になったときにも自身の保険から損害を補償されます。加害者側から十分な賠償を受けられないときは、自身の任意保険を確認し、補償を受けられないかチェックしてみましょう。

 

任意保険の対人賠償責任保険には、ほとんどの場合、示談代行サービスが付いているので、交通事故の示談交渉は、通常、損害保険会社の担当者が相手になります。過失割合で揉めそうなときや、示談交渉に不安があるときは、早めに弁護士に相談することが大切です。

 

ここで紹介しているのは一般的な内容です。保険会社や個々の保険によって異なることがありますから、必ず、ご自身の保険契約・保険約款をご確認ください。

 

弁護士法人・響

関連ページ

人身傷害保険のメリット・デメリット
人身傷害保険(人身傷害補償保険)は、被害者に過失があっても過失相殺せず損害を補償します。約款所定の損害額算定基準(人傷基準)で損害額を算定するため、示談成立前でも保険金を受け取ることができます。ただ、人傷基準は裁判基準より低いため、人傷基準損害額は裁判基準損害額より低額です。
搭乗者傷害保険は定額で支払われ損害賠償額から控除されない
搭乗者傷害保険は、運転者・同乗者が死傷したときに定額で支払われる保険で、損害賠償額から控除されず重ねて受け取ることができます。
人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違い
人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険も被保険自動車の搭乗者を対象とする点は同じですが、人身傷害補償保険は契約車両に搭乗中以外の事故も補償され、そもそも損害填補型保険と給付型保険の違いがあります。
自損事故傷害保険は単独事故・無責事故を補償
自損事故傷害保険(自損事故保険)は、単独事故や無責事故により運転者や同乗者が死傷した場合に備える保険です。自賠責保険から補償を受けられないときに保険金が支払われます。
無保険車傷害保険は無保険や当て逃げの死亡・後遺障害を補償
無保険車傷害保険は、自動車事故で死亡または後遺障害を被り、相手の車に対人賠償保険がついていなかったり、当て逃げなどで相手が分からない場合に補償される保険です。
車両保険は事故、台風、盗難などで被害損害を受けた車両を補償
任意保険の車両保険は、自動車事故や単独事故、盗難、台風などにより被保険自動車が損害を被ったときに保険金が支払われます。
任意保険に共通する免責事由
任意自動車保険には、任意保険全体に共通する免責事由と各保険ごとに定められた免責事由があります。任意保険に共通の免責事由をまとめています。
対人・対物賠償責任保険に特有の免責事由
任意自動車保険の賠償責任保険(対人・対物賠償保険)は、被保険者が加害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、任意賠償責任保険に特有の免責事由があります。
傷害保険・車両保険に特有の免責事由
任意自動車保険の傷害保険・車両保険は、被保険者が被害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、傷害保険・車両保険に特有の免責事由があります。