無保険車との事故や当て逃げに遭ったとき使える保険

Point
  • 無保険車傷害保険は、相手の自動車に対人賠償保険が付いていない場合、付いていても賠償額に足りない場合に、その不足額が保険金額を限度に支払われます。
  • 当て逃げの場合にも適用されます。
  • 被保険者が死亡した場合、または後遺障害をともなう傷害を負った場合に補償を受けられます。ただし、後遺障害をともなわない傷害は、補償対象となりません。

 

無保険車傷害保険は相手から賠償されないときに支払われる

無保険車傷害保険は、事故の相手が任意保険の対人賠償保険に加入していなかったり、加入していても保険金額が低いため十分な賠償を受けられない場合に、支払われる保険です。

 

当て逃げのように加害者が不明なため相手の自賠責保険や任意保険に賠償請求できない場合にも支払われます。

 

無保険車傷害保険は、通常、加入している任意保険の対人賠償保険に自動で付帯されます。

 

無保険車傷害保険から支払われる保険金額

支払われる保険金額の上限は、任意保険の対人賠償保険で契約している金額と同額となっています。ただし、2億円を限度としている保険会社が多いようです。

 

例えば、対人賠償保険を無制限で契約している場合、無保険車傷害保険から支払われる保険金の上限額は、1名につき2億円となります。

 

無保険車傷害保険の適用要件
  1. 相手に対する損害賠償請求権が生じていることが前提です。相手が賠償責任を負っていない場合(無責)は、無保険車傷害保険の保険金支払いの対象事故となりません。
  2. 保険金が支払われるのは、被害者が死亡したとき、または後遺障害が認定されたときに限られます。後遺障害をともなわない傷害は、保険金の支払い対象となりません。
  3. 人身傷害補償保険を付帯している場合は、そちらが優先して支払われます。人身傷害補償保険を契約していない場合に、無保険車傷害保険に保険金の支払いを請求できます。

 

被保険者の範囲

無保険車傷害保険の被保険者は、次のいずれかに該当する者です。

  1. 保険証券記載の被保険者(記名被保険者)
  2. 記名被保険者の配偶者(内縁を含む)
  3. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
  5. 上記以外で被保険自動車の搭乗者

 

保険金の支払い対象となる無保険自動車とは?

無保険車傷害保険から保険金が支払われるのは、相手車両が次のような場合です。それぞれ契約している保険金額を限度に、保険金が支払われます。

 

任意保険の対人賠償保険に加入していない

相手から自賠責保険だけしか支払われないので、損害額に不足する額が無保険車傷害保険から支払われます。

 

対人賠償保険に加入しているが、免責事由に該当し、その事故で保険金が支払われない

相手から自賠責保険だけしか支払われないので、損害額に不足する額が無保険車傷害保険から支払われます。

 

対人賠償保険に加入しているが、自分の無保険車傷害保険金額より低い

相手の自賠責保険と任意保険の対人賠償保険から支払われる合計額と、自分の無保険車傷害保険の保険金額との差額が支払われます。

 

当て逃げで相手が分からない

本来、自賠責保険から支払われる部分は政府保障事業に請求し、不足する額が無保険車傷害保険から支払われます。

 

具体例

損害額が1億円、後遺障害1級の認定を受け、相手の自賠責保険から3,000万円が支払われる場合を考えます。

 

相手が任意保険に加入していない場合

相手が任意保険(対人賠償保険)に加入していない場合、相手の保険から支払われるのは自賠責保険の3,000万円だけです。この場合、被害者の無保険車傷害保険から、不足額の7,000万円の支払いを受けることができます。

 

ただし、契約している保険金の限度額が5,000万円なら、支払われる保険金は5,000万円となります。

 

任意保険の免責事由に該当する場合

任意保険に加入していても免責事由に該当し、対人賠償保険から支払われない場合は、上の任意保険未加入の場合と同じです。

 

相手の任意保険が損害額に不足する場合

相手の任意保険(対人賠償保険)が5,000万円の契約だっとすると、相手からの賠償額は、自賠責保険の3,000万円を加えて8,000万円です。不足する2,000万円は、被害者の無保険車傷害保険から支払いを受けることができます。

 

当て逃げの場合

当て逃げの場合は、加害車両が不明なので、加害者の自賠責保険から支払いを受けることができません。この場合は、政府の保障事業に填補金を請求します。

 

政府保障事業の填補基準は自賠責保険の支払基準と同じです。1億円の損害に対して、自賠責保険と同じく3,000万円が填補され、不足する7,000万円について被害者の無保険車傷害保険から支払いを受けられます。

 

保険金が支払われない主なケース(免責事由)

保険金が支払われない主な免責事由には、次のようなものがあります。

 

  1. 故意または重大な過失、無免許・酒気帯び・麻薬等運転により、被保険自動車の運転者自身が死傷した場合
  2. 被保険自動車の使用について正当な権利を有する者の承諾を得ないで、被保険自動車に搭乗中の被保険者が死傷した場合(泥棒運転で搭乗者が死傷した場合)
  3. 闘争行為、自殺、犯罪行為により、被保険自動車の運転者自身が死傷した場合
  4. 核燃料物質による事故
  5. 地震、噴火、またはこれらによる津波
  6. 台風、洪水または高潮
  7. 戦争、暴動など
  8. 被保険自動車を競技、曲技、試験のために使用すること
  9. 被保険自動車に危険物を業務として積載すること

 

【関連】⇒ 任意保険の免責事由

まとめ

加害者側が任意保険に加入していなかったり、加入していても保険金額が低く、十分な賠償を受けられない場合や、当て逃げで加害者が不明で賠償請求できない場合に、自分の加入している任意保険の無保険車傷害保険から補償を受けられます。

 

対人賠償保険に自動で付帯される保険で、支払われる保険金は対人賠償保険で契約している額と同じですが、2億円を限度としている場合が多く、その限度内で支払われます。

 

ただし、被害者が死亡または後遺障害が残った場合で、後遺障害をともなわない傷害は補償対象となりません。

 

人身傷害補償保険を付帯していれば、そちらが優先して支払われ、現在では、人身傷害保険を付帯していない場合に、無保険車傷害保険が支払われるようになっています。

 

ここで紹介しているのは一般的な内容です。保険会社や個々の保険によって異なることがありますから、必ず、ご自身の保険契約・保険約款をご確認ください。

 

お困りのことがあったら、今すぐ「保険会社との交渉に強い弁護士」に相談することをおすすめします。早く弁護士に相談するほど、メリットが大きいのです!

 

弁護士法人・響

関連ページ

任意保険の種類と内容|被害者は自分の任意保険から補償を受けられる
自動車の任意保険には、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、人身傷害保険、車両保険があり、備えたいリスクに応じて自由に選んで契約できます。
人身傷害保険のメリット・デメリット
人身傷害保険(人身傷害補償保険)は、被害者に過失があっても過失相殺せず損害を補償します。約款所定の損害額算定基準(人傷基準)で損害額を算定するため、示談成立前でも保険金を受け取ることができます。ただ、人傷基準は裁判基準より低いため、人傷基準損害額は裁判基準損害額より低額です。
搭乗者傷害保険は定額で支払われ損害賠償額から控除されない
搭乗者傷害保険は、運転者・同乗者が死傷したときに定額で支払われる保険で、損害賠償額から控除されず重ねて受け取ることができます。
人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違い
人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険も被保険自動車の搭乗者を対象とする点は同じですが、人身傷害補償保険は契約車両に搭乗中以外の事故も補償され、そもそも損害填補型保険と給付型保険の違いがあります。
自損事故傷害保険は単独事故・無責事故を補償
自損事故傷害保険(自損事故保険)は、単独事故や無責事故により運転者や同乗者が死傷した場合に備える保険です。自賠責保険から補償を受けられないときに保険金が支払われます。
車両保険は事故、台風、盗難などで被害損害を受けた車両を補償
任意保険の車両保険は、自動車事故や単独事故、盗難、台風などにより被保険自動車が損害を被ったときに保険金が支払われます。
任意保険に共通する免責事由
任意自動車保険には、任意保険全体に共通する免責事由と各保険ごとに定められた免責事由があります。任意保険に共通の免責事由をまとめています。
対人・対物賠償責任保険に特有の免責事由
任意自動車保険の賠償責任保険(対人・対物賠償保険)は、被保険者が加害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、任意賠償責任保険に特有の免責事由があります。
傷害保険・車両保険に特有の免責事由
任意自動車保険の傷害保険・車両保険は、被保険者が被害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、傷害保険・車両保険に特有の免責事由があります。