車両保険は「偶然な事故」による車両損害を補償

Point
  • 車両保険は、他の自動車との衝突、単独事故、当て逃げ、物の落下・飛来、台風・洪水、盗難など「偶然な事故」で車両が損害を被ったときに保険金が支払われます。
  • 補償の範囲や支払われる保険金額は、契約内容により異なります。

 

車両保険は、被保険自動車が、他の自動車との衝突や接触、単独事故、当て逃げ、火災・爆発、盗難、台風・洪水・高潮、物の落下・飛来、窓ガラス破損などの「偶然な事故」で損害を受けたときに保険金が支払われます。

 

他の車にぶつけられて破損した場合は、相手の対物賠償保険により損害を賠償してもらうこともできます。この場合、車両保険を使うと、支払われた保険金の限度において、加害者に対する損害賠償請求権が保険会社に移ります。

 

相手の対物賠償保険を先に使うか、自分の車両保険を先に使うかは、法律上の定めはなく、都合の良い方から使えばいいとされています。ただし、車両保険を利用すると、3等級下がり、保険料がアップします。

 

車両保険の種類

車両保険には、次の4種類があります。

 

一般車両保険(オールリスク)

衝突、接触、墜落、転覆、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮、物の落下・飛来など、偶発的な事故により契約車両に生じた損害を填補する保険。

 

車対車特約付き車両保険(エコノミー)

他の自動車との接触・衝突事故で、相手が確認された場合に限り(相手自動車確認条件付)、契約車両に生じた損害を填補する保険。

 

車両危険限定A特約付き車両保険(限定A)

火災、盗難、台風、洪水などにより契約車両に生じた損害を填補する保険。「限定A保険」と呼ばれます。

 

エコノミー+限定A(車対車+A)

他の自動車との接触・衝突事故で相手が確認された場合と、火災、盗難、台風、洪水などにより契約車両に生じた損害を填補する保険。「車対車+A」とも呼ばれます。

 

車両保険に付帯できる特約は、補償の対象となる事故(補償範囲)を限定し、保険料負担を軽減するものです。

 

車両保険の種類と補償範囲
  一般車両保険 エコノミー 限定A 車対車+A
他車と衝突・接触

×

単独事故

×

×

×

当て逃げ

×

×

×

物の落下・飛来

×

窓ガラス破損

×

台風・洪水・高潮

×

火災・爆発

×

盗難

×

○→支払い対象となる事故 ×→支払い対象とならない事故

支払われる保険金

保険金は、保険証券記載の保険金額を限度に支払われます。ただし、保険金額が保険価額を超える場合は、保険価額が限度額となります。

 

保険価額とは、損害が生じた地区・時点における被保険自動車の市場販売価格相当額のことです。

 

この保険価額が、損害額となります。保険法第18条1項で「損害保険契約により填補すべき損害の額は、その損害が生じた地及び時における価額によって算定する」と定められ、これが損害保険における損害額算定の原則です。

 

保険金の算定は全損・分損で異なる

支払われる保険金の算定方法は、全損と分損で異なります。

 

全損とは「損害額または修理費が保険価額以上となる場合」です。車両が盗難に遭い発見できなかった場合も含みます。分損とは「損害額・修理費がいずれも保険価額未満となる場合」です。

 

全損

①損害額が保険価額以上(滅失、修理不能で無価値)
②修理可能だが修理費が保険価額以上(経済的全損)
③盗難され発見できない

分損 修復可能な損害(損害額・修理費がいずれも保険価額未満)

 

全損の場合は、保険価額が損害額とみなされ、保険価額が支払額となります。

 

分損の場合は、おおむね修理費が損害額となり、損害額から免責金額を差し引いた額が保険金として支払われます。免責金額までの損害については、保険金は支払われません。

 

免責金額とは、修理代の自己負担額です。修理に出したとき「いくらまでなら自己負担できるか」によって決めます。設定した免責金額に応じて保険料が安くなります。

 

全損の場合も分損の場合も、保険金に費用(車両を事故現場から修理工場へ運搬するのに要した費用など)が加算され、その合計額が支払われます。

 

車両価額協定保険特約

被保険自動車が、自家用乗用車や自家用貨物車など自家用8車種の場合には、車両価額協定保険特約が自動的に付帯されます。

 

これは、保険契約締結時に、被保険自動車と同一の用途・車種・車名・形式・仕様・年式等で同じ消耗度の自動車の市場販売価格相当額を「協定保険価額」として保険会社と加入者が協定するもので、この協定保険価額が保険金額となります。

 

損害額は、「損害が生じた地区・時点における市場販売価格相当額」とするのが原則ですが、その価額の評価は困難で、見解の相違によるトラブルも考えられることから、保険金額と保険価額を一致させるために設けられた特約です。

 

実際には、保険会社が定めた「自動車保険車両標準価格表」を参考にして、協定保険価額を決めています。

 

保険契約期間中は、協定保険価額が保険金額となります。保険金は、損害発生時の車両の時価額にかかわらず、協定保険価額を基準として支払われます。

 

保険金が支払われない主なケース(免責事由)

保険金が支払われない主な免責事由には、次のようなものがあります。

 

  1. 保険契約者、被保険者または保険金を受け取るべき者の故意または重大な過失
  2. 地震、噴火、またはこれらによる津波
  3. 戦争、暴動など
  4. 核燃料物質による事故
  5. 詐欺・横領
  6. 被保険自動車を競技、曲技、試験のために使用すること
  7. 被保険自動車に危険物を業務として積載すること
  8. 車両の欠陥、摩滅、腐食、錆その他自然の消耗、故障による損害など
  9. タイヤの単独損害(火災・盗難の場合を除く)
  10. 無免許・酒気帯び・麻薬等運転

 

【関連】⇒ 任意保険の免責事由

まとめ

車両保険は、自分の保険契約している自動車が、交通事故、火災、台風、盗難などで被害を被ったとき、その損害を補償してくれる保険です。

 

損害の程度に応じて、修理費相当額や保険価額・協定保険価額をもとに算出された保険金が支払われます。ただし、契約内容により、補償範囲や保険金額が異なります。

 

ここで紹介しているのは一般的な内容です。保険会社や個々の保険によって異なることがありますから、必ず、ご自身の保険契約・保険約款をご確認ください。

関連ページ

任意保険の種類と内容|被害者は自分の任意保険から補償を受けられる
自動車の任意保険には、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、人身傷害保険、車両保険があり、備えたいリスクに応じて自由に選んで契約できます。
人身傷害保険のメリット・デメリット
人身傷害保険(人身傷害補償保険)は、被害者に過失があっても過失相殺せず損害を補償します。約款所定の損害額算定基準(人傷基準)で損害額を算定するため、示談成立前でも保険金を受け取ることができます。ただ、人傷基準は裁判基準より低いため、人傷基準損害額は裁判基準損害額より低額です。
搭乗者傷害保険は定額で支払われ損害賠償額から控除されない
搭乗者傷害保険は、運転者・同乗者が死傷したときに定額で支払われる保険で、損害賠償額から控除されず重ねて受け取ることができます。
人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違い
人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険も被保険自動車の搭乗者を対象とする点は同じですが、人身傷害補償保険は契約車両に搭乗中以外の事故も補償され、そもそも損害填補型保険と給付型保険の違いがあります。
自損事故傷害保険は単独事故・無責事故を補償
自損事故傷害保険(自損事故保険)は、単独事故や無責事故により運転者や同乗者が死傷した場合に備える保険です。自賠責保険から補償を受けられないときに保険金が支払われます。
無保険車傷害保険は無保険や当て逃げの死亡・後遺障害を補償
無保険車傷害保険は、自動車事故で死亡または後遺障害を被り、相手の車に対人賠償保険がついていなかったり、当て逃げなどで相手が分からない場合に補償される保険です。
任意保険に共通する免責事由
任意自動車保険には、任意保険全体に共通する免責事由と各保険ごとに定められた免責事由があります。任意保険に共通の免責事由をまとめています。
対人・対物賠償責任保険に特有の免責事由
任意自動車保険の賠償責任保険(対人・対物賠償保険)は、被保険者が加害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、任意賠償責任保険に特有の免責事由があります。
傷害保険・車両保険に特有の免責事由
任意自動車保険の傷害保険・車両保険は、被保険者が被害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、傷害保険・車両保険に特有の免責事由があります。