弁護士費用特約を使って弁護士を頼めば示談交渉が有利になる!

あなたの任意保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士保険を使って弁護士を頼み、示談交渉を有利に進めることができます。

 

弁護士費用特約について、ぜひ知っておいてほしいのは、次の2点です。

 

これだけは知っておきたい! 弁護士費用特約のポイント
  • 任意保険の弁護士費用特約があれば、交通事故の示談交渉や損害賠償請求訴訟を弁護士に頼むのに、300万円まで弁護士費用が補償されます。
  • 被害者本人が弁護士費用特約を付けていなくても、家族の誰かが付けていれば、その弁護士費用特約を利用することができます。

 

弁護士費用特約(弁護士保険)とは、どんな保険なのか、詳しく見ていきましょう。

 

目次
  1. 弁護士費用特約とは、弁護士費用を最高300万円まで補償する保険
  2. 家族の弁護士費用特約も利用できる
  3. 弁護士費用特約を使っても任意保険の保険料は上がらない
  4. まとめ

 

弁護士法人・響

弁護士費用特約とは、弁護士費用を最高300万円まで補償する保険

任意保険の弁護士費用特約(弁護士保険)とは、弁護士費用として最高300万円まで補償する保険です。また、300万円とは別に、法律相談費用も10万円まで補償されます。

 

支払われる保険金額は、契約内容によるでしょうが、おおむねこの金額です。

 

さらに、あなたが自動車を運転中の事故だけでなく、歩行中や自転車・バイクの運転中に巻き込まれた事故の場合にも、利用することができます。

 

通常なら、依頼者が弁護士事務所に支払わなければならない法律相談料、着手金、成功報酬、実費、訴訟費用など、すべての費用が、弁護士保険の保険金支払い対象です。

 

弁護士費用が300万円を超えるケースは、ごくわずかです。その場合は超過分が依頼者の負担となりますが、たいてい300万円以下で済みます。ですから、自己負担なしで弁護士に依頼できるケースが大半です。

 

費用の心配なく、弁護士のサポートを受けられる

弁護士に依頼する目的は、保険会社との示談交渉を任せたり、損害賠償請求訴訟を提起して裁判をたたかうことでしょう。その結果、保険会社が提示する金額より、示談金・賠償金を増額させることができます。

 

ですが、弁護士に依頼するメリットは、示談金・賠償金を増額できるだけではありません。治療の早い段階で弁護士に依頼することで、様々なサポートを受けられるので、安心して治療に専念できるのです。

 

弁護士保険を使えば、弁護士費用を心配することなく、弁護士から手厚いサポートを受けられ、示談金・賠償金の増額も可能なのです。

家族の弁護士費用特約も利用できる

もし、あなたの任意保険に弁護士費用特約がなくても、家族の誰かが任意保険に弁護士費用特約を付けていれば、その弁護士費用特約を利用できます。

 

弁護士費用特約では、被保険者を次のように定めています。

 

弁護士費用特約の被保険者
  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

※3つ目の「同居の親族」とは、同一の家屋に居住する 6親等内の血族、3親等内の姻族(配偶者の血族)です。

※東京海上日動の保険約款より抜粋

 

つまり、同居している家族であれば、だれの弁護士費用特約でも問題なく利用できるし、独身で一人暮らしの方も、両親のどちらかの弁護士費用特約を利用できるのです。

 

あなた自身が任意保険に弁護士費用特約を付けていないとしても、あきらめることはありません。家族の誰かが、弁護士費用特約を付けていないか確認してみてください。

 

若い方は、自動車保険の保険料を少しでも安くするため、弁護士費用特約を付けていない場合があるでしょう。でも、安心してください。両親のどちらかが弁護士費用を付けていれば、その弁護士費用特約を利用することができます。

 

大事な点なので、もう一度まとめておきます。

 

あなたの任意保険に弁護士費用特約がない場合

あなたの任意保険に弁護士費用特約を付けていない場合は、家族の誰かの任意保険に弁護士費用特約が付いていないか確認してみてください。

 

  • 同居している家族であれば、だれの弁護士費用特約でも利用できます。
  • 独身ひとり暮らしなら、両親のどちらかの弁護士費用特約を利用できます。

 

家族の誰も弁護士費用特約を付けていない場合

もし、あなた自身も家族の誰もが弁護士費用特約を付けていなかったとしても、安心してください。

 

このサイトでは、相談無料・着手金0円の弁護士事務所をご紹介しています。初期費用なしで、弁護士に相談・依頼できます。

 

ご紹介している弁護士事務所では、弁護士費用は完全成功報酬制ですから、得られた賠償金の中から支払うことができます。しかも、成功報酬は賠償金額の10%程度ですから、非常にリーズナブルです。

 

 

このサイトで、無料相談の申し込みの多い「弁護士事務所 トップ3」をご紹介しています。各事務所の強みが簡単に分かりますから、あなたの悩みを解決するのに最適な弁護士事務所が、きっと見つかるはずです。ぜひ、チェックしてみてください!

 

弁護士保険にも対応していますから、弁護士費用特約を利用する場合にも、おすすめの弁護士事務所です。

弁護士費用特約を使っても任意保険の保険料は上がらない

「弁護士費用特約を使うと保険料が上がるのでは?」と心配して、弁護士費用特約の利用を躊躇する方もいますが、その心配はありません。

 

弁護士費用特約(弁護士保険)は、ノンフリート等級別料率制度でノーカウント事故とされていますから、弁護士費用特約を使っても、翌年の保険料が上がることはありません。

 

弁護士費用特約(弁護士保険)を使うことによるデメリットは、何もないのです。弁護士費用特約は、使わないと損です。

まとめ

弁護士費用特約(弁護士保険)を利用すれば、最大300万円まで弁護士費用が保険から出ます。加えて、法律相談料として10万円まで保険から支払われます。

 

弁護士費用特約を使えば、弁護士費用を心配せず、弁護士に相談・委任でき、様々なサポートを受けることができます。

 

多くの方は、自動車保険の契約時に弁護士費用特約を付けたかどうか覚えていないものです。あなたの任意保険に弁護士費用特約が付いているか、付いていない場合は、家族の誰かが付けていないか確認してみましょう。

 

 

弁護士費用特約(弁護士保険)を利用して弁護士に頼もうと考えている方には、こちらの弁護士事務所がおすすめです。LAC基準対応の弁護士事務所ですから安心です。

 

このサイトで、無料相談の申し込みの多い「弁護士事務所 トップ3」をご紹介しています。

 

弁護士法人・響

 

あなたにおすすめのページ

関連ページ

弁護士保険の仕組みと4つの注意点
交通事故の被害者が弁護士保険(弁護士費用特約)や権利保護保険を利用する上で注意すべきことがあります。これを知らないと納得いく賠償金額を得られなかったり、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。
弁護士保険の保険金(弁護士費用)支払基準|日弁連LAC基準
LAC基準とは、日弁連リーガル・アクセス・センター(通称LAC)が協定損保会社と協議のうえで定めた「弁護士保険における弁護士費用の保険金支払基準」です。LAC基準を超える弁護士費用は依頼者の自己負担となるので注意が必要です。
弁護士保険を使うと弁護士の選任に保険会社の同意が必要な理由
交通事故の被害者が、弁護士費用特約(弁護士保険)を使って弁護士に相談・委任しようとするときは、弁護士の選任にあたって事前に保険会社の同意を得る必要があります。その理由とは?
権利保護保険と弁護士保険の違い
権利保護保険は、日弁連リーガル・アクセス・センター(LAC)が保険制度の仕組みを作り、日弁連LACと協定している損害保険会社が販売する弁護士保険です。希望すれば、弁護士会から弁護士の紹介を受けられる点が、他の弁護士保険と異なります。
弁護士保険を利用するメリット・デメリット
交通事故の被害者が弁護士保険(弁護士費用特約)を利用するメリットは、弁護士費用の心配なく弁護士に示談交渉を依頼でき、示談金の増額が期待できることです。しかも、弁護士費用特約を利用しても任意自動車保険の保険料は上がらないので、デメリットはありません。
LAC基準での着手金・成功報酬の経済的利益の額と範囲
弁護士保険の保険金支払基準(LAC基準)では、着手金・報酬金(成功報酬)の算定基礎となる経済的利益の額は、弁護士が介入して増額できた賠償額が基準です。経済的利益の範囲をめぐってトラブルになることがあるので注意が必要です。