交通事故に遭ったときの初期対応マニュアル記事一覧

Point交通事故を起こした当事者には、事故直後ただちに行わなければならないことが法律で義務付けられています。これを怠ると罰則があります。注意が必要なのは、これらを事故直後に行わなければ、本当に困るのは被害者側だということです。事故発生直後にやっておかないと本当に困るのは被害者交通事故を起こした当時者が、事故直後ただちに行わなければいけないことは、法律(道路交通法第72条1項)で定められています。...

交通事故を起こした当事者は、ただちに運転を停止して、負傷者を救護し、道路の危険を防止するなど必要な措置を講じ、警察へ事故を報告することが、法律で義務付けられています。これらの義務に違反すると、以下の罰則があります。違反事故罰則の内容対象救護措置義務違反など人身5年以下の懲役または50万円以下の罰金10年以下の懲役または100万円以下の罰金(運転者の運転に起因)運転者物損軽車両1年以下の懲役または1...

Point交通事故に遭ったとき、被害者が必ずやっておくべきことが3つあります。これをやっておかないと、損害賠償請求できない、過失相殺で賠償額を大きく減額されるなど、困ったことになる場合があります。被害者が事故現場で必ずやっておくべき「3つのこと」とは?交通事故に遭ったとき、負傷の程度にもよりますが、被害者が事故現場ですべき初期対応は、次の3つです。事故直後の対応を誤ると、あとで泣きを見ることがあり...

Point交通事故の被害者が絶対にやってはいけない、でも、やりがちな3つのことがあります。適正な損害賠償金を受けられなくなってしまうので、注意が必要です。被害者がやりがちな「3つのこと」とは?交通事故に遭った被害者が、やりがちな3つの間違った行為をまとめています。適正な損害賠償金を受け取れなくなるので気をつけましょう。これダメ!「怪我はないから」「急いでいるから」と、すぐ現場を立ち去る。相手から「...

Point実況見分調書は、そもそも加害者の刑事責任を問う場合の証拠として警察が作成するものですが、示談交渉や民事裁判において、過失割合を判断する際の有力な証拠となります。特に、被害者が重症の場合や死亡したときは、被害者の主張が反映されず、加害者側の言い分だけで調書が作成され、被害者に不利な内容となることが多いので注意が必要です。実況見分調書には被害者側の主張をしっかり反映させることが重要警察官が交...

交通事故が発生したときは、事故発生の日時・場所、事故の概要を「直ちに」保険会社に連絡することが、保険契約者や被保険者に義務づけられています。この場合の「直ちに」とは、どのタイミングか、保険会社への連絡が後日になったら、保険金の支払額にどう影響するのか、見ていきましょう。保険会社への事故の連絡というと、加害者の話と思うかもしれませんが、被害者にとっても正当な賠償金を受け取れるかどうかに関わる大事な問...