傷害事故の損害賠償額の算定項目

傷害事故で被害者が賠償請求できる損害は、積極損害(治療費など)消極損害(休業損害)慰謝料(入通院慰謝料)です。

 

積極損害 消極損害 慰謝料

治療費など

休業損害

傷害慰謝料
(入通院慰謝料)

 

この合計額が、傷害事故の損害賠償額となります。ただし、被害者にも過失があった場合には、過失相殺により減額されます。

 

傷害事故の損害額の算定方法は、ほぼ定型化・定額化され、入院期間や通院日数によって決まります。

 

後遺症(後遺障害)が残ったときは、これに加え、後遺障害にともなう損害を賠償請求できます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

傷害事故の場合、自賠責保険から支払われる賠償額は、合計で120万円が上限です。

 

裁判所基準で算定すると、それを上回る金額となりますから、自賠責の支払限度額を超える部分は任意保険会社が支払うことになります。

 

ここでは、傷害事故の場合に賠償請求できる損害の主な項目・費目について、損害額算定のポイントと裁判所基準をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

傷害事故の損害賠償額の算定方法|損害項目と算定基準記事一覧

dummy
傷害事故の積極損害(治療費など)の裁判所基準での計算方法

傷害事故の積極損害には、治療関係費、通院交通費、雑費などがあります。実費もしくは1日あたりの定額とされています。治療関係費治療関係費とは、治癒または症状固定までの、病院の治療費、整骨院の施術費、薬局の調剤費などのことです。治療関係費は、「必要かつ相当な範囲」で、実費を全額請求できます。請求には、次のものが必要です。入通院先が病院自賠責診断書交通事故の場合の診断書。事故日、傷病名、治療経過、入通院期...

Read More
dummy
傷害事故の消極損害(休業損害)の裁判所基準での計算方法

休業損害とは、交通事故により受けた怪我が治癒または症状が固定するまでの間に、休業や不十分な就業を余儀なくされたことから生じる収入の喪失のことです。症状固定以降は、後遺障害逸失利益となります。休業損害は、事故当時の収入と休業日数から計算しますが、給与所得者、事業所得者、主婦・家事従事者など、職業により計算方法が異なります。

Read More
dummy
傷害事故の傷害慰謝料・入通院慰謝料の裁判所基準での計算方法

傷害慰謝料(入通院慰謝料)は、交通事故で怪我をしたことや、入通院しなければならず苦痛を受けたことによる精神的損害を賠償するものです。精神的苦痛は各人で異なりますが、自動車事故の大量発生と損害賠償をめぐる紛争の公平・迅速な解決の必要から、入通院慰謝料は、入通院期間に応じて基準化・定額化されています。現在、裁判所基準として参考にされている主なものは、次の2つです。日弁連交通事故相談センター編『交通事故...

Read More
dummy
専業主婦・主夫の休業損害の計算方法

家事従事者が、交通事故による怪我のために家事労働ができなくなった期間・日数については、休業損害が認められます。家事従事者とは、性別・年齢を問わず「現に家族のために家事労働に従事する者」をいいます。専業主婦・専業主夫のほか、兼業主婦・兼業主夫も該当します。家事従事者であることを立証する資料として、住民票や家族構成表の提出を求められる場合があります。

Read More
ページの先頭へ戻る