傷害事故の損害賠償額の算定項目

傷害事故で被害者が賠償請求できる損害は、積極損害(治療費など)消極損害(休業損害)慰謝料(入通院慰謝料)です。この合計額が、傷害事故の損害賠償額となります。

 

積極損害(治療費など)+ 消極損害(休業損害)+ 傷害慰謝料(入通院慰謝料)

 

ただし、この合計額から、過失相殺・損益相殺により減額されます。

 

傷害事故の損害額の算定方法は、ほぼ定型化・定額化され、入院期間や通院日数によって決まります。

 

なお、事故で負傷したことが原因で後遺症(後遺障害)が残ったときは、これに加え、後遺障害にともなう損害を賠償請求できます。後遺障害の損害賠償額の算定方法はこちらをご覧ください。

 

傷害事故の場合に自賠責保険から支払われる賠償額は、合計で120万円が上限です。これが自賠責保険基準です。

 

裁判所基準で算定すると、当然それを上回る金額となりますから、自賠責の支払限度額を超える部分は任意保険会社が支払うことになります。

 

ここでは、傷害事故の場合に賠償請求できる損害の主な項目・費目について、損害額算定のポイントと裁判所基準をまとめていますので、参考にしてみてください。

傷害事故の損害賠償額の算定方法|損害項目と算定基準記事一覧

Point傷害事故の積極損害の主な費目には、治療関係費、通院交通費、雑費などがあり、実費もしくは1日あたりの定額とされています。積極損害は、これらの合計額です。後遺障害事故や死亡事故の場合も、治療期間中のこれらの損害や、後遺障害が残る場合の自宅の改造費などを賠償請求できます。治療関係費や通院のための交通費など支払った実費だけでなく、医師が必要と認めた義肢、義眼、車椅子などの費用も請求できます。その...

Point入院や通院により仕事を休んだ場合、その間の得られなかった賃金や収入減を休業損害として損害賠償請求できます。後遺傷害事故や死亡事故の場合も、治療期間中の休業損害を請求できます。休業損害は、事故当時の収入と休業日数から計算しますが、給与所得者、事業所得者、主婦・家事従事者など、職業により計算方法が異なります。休業損害とは、交通事故により受けた傷害の治療のため休業を余儀なくされ、その間に収入を...

Point傷害慰謝料(入通院慰謝料)は、交通事故に遭った被害者が治療を受けなければならないことによる精神的な苦痛に対する損害賠償です。精神的苦痛は各人で異なりますが、一応の目安として基準が設けられています。裁判所基準による傷害慰謝料の算定傷害慰謝料とは、交通事故に遭った被害者が治療を受けなければならなくなったことによる精神的な苦痛に対する損害賠償です。入通院慰謝料とも呼ばれます。精神的苦痛は人によ...