後遺障害の損害賠償額の算定

交通事故の被害に遭ったとき、これ以上治療を継続しても症状の改善が望めず後遺症が残る場合があります。これが「症状固定」と呼ばれる段階です。

 

治療費などに対する損害賠償は、この症状固定と診断されるまでです。症状固定と診断された以降の損害については、後遺障害に対する損害賠償となります。

 

事故発生日から症状固定日まで 症状固定日以降

治療に対する損害賠償
・治療費
・休業損害
・入通院慰謝料

後遺障害に対する損害賠償
・将来の介護費用
・後遺障害逸失利益
・後遺障害慰謝料

 

後遺障害には1級から14級まで等級があり、認定された等級に応じて後遺障害逸失利益(消極損害)と後遺障害慰謝料が支払われます。加えて、介護が必要な場合は、将来の介護費用(積極損害)が支払われます。これらの合計額が、後遺障害損害賠償額となります。

 

後遺障害逸失利益+ 後遺障害慰謝料 + 将来の介護費用

 

ただし、この合計額から、過失相殺・損益相殺により減額されます。

 

症状に見合った後遺障害等級認定がカギ

等級認定されなかった場合、つまり後遺障害「非該当」と判定された場合は、たとえ後遺症が残っても賠償金は支払われません。

 

ですから、後遺障害の損害賠償請求は、等級認定がカギとなります。

 

ここでは、後遺障害が残った場合に賠償請求できる損害の主な項目・費目について、損害額算定のポイントと裁判所基準をまとめていますので、参考にしてみてください。

後遺障害事故の損害賠償額の算定方法|損害項目と算定基準記事一覧

Point後遺障害逸失利益とは、交通事故の後遺症により失われる将来の収入(利益)のことです。後遺障害逸失利益は、被害者の事故前の収入および後遺症により労働能力が失われる割合と期間によって決まります。後遺障害逸失利益とは交通事故により後遺症が残ると、事故前と同じように働くことができなくなり、収入が減って経済的損失を被ることになります。後遺障害逸失利益とは、交通事故の後遺症(正確には後遺障害)が原因で...

Pointむち打ち症(頸椎捻挫)は、後遺障害の等級認定が難しく、非該当となるケースが多い後遺症です。等級認定されても多くは14級で、12級に認定されるのは稀です。労働能力喪失期間は、14級が3~5年、12級で5~10年程度に制限されます。むち打ち症は、自動車の追突や衝突、急停車などの衝撃によって、頸部がムチのように「しなる」ことで起る様々な症状で、正式な医学上の診断名ではなく、受傷機転(傷害を受け...

後遺障害に対する損害賠償額の具体的な計算例を見てみましょう。交通事故による後遺症の損害賠償でトラブルの多い、むち打ち症(頸椎捻挫)を中心に見ていきます。むち打ち症の後遺障害等級は、「12級13号」もしくは「14級9号」が認定されます。等級認定されても、大半は「14級9号」で、等級認定されないことも多くあります。後遺障害の等級認定については、後遺障害に強い弁護士に相談することが大切です。

Point後遺障害慰謝料は、後遺障害等級に応じて定額化されています。裁判所基準、任意保険基準、自賠責保険基準と、3つの算定基準があります。後遺障害「非該当」とされた場合でも、裁判では、後遺症の程度や内容により、後遺症慰謝料が認められる場合があります。後遺障害等級ごとに慰謝料が定額化後遺障害慰謝料は、後遺障害等級ごとに定額化され、裁判所基準・任意保険基準・自賠責保険基準があります。3つの基準の中で最...

Point交通事故で被害者に重度の後遺障害が残ったときは、被害者本人の後遺障害慰謝料に加え、被害者の家族や親族にも近親者慰謝料が認められます。裁判では、本人慰謝料の2~3割程度の近親者慰謝料が認められるケースが多いようです。交通事故で被害者に重度の後遺障害が残った場合は、被害者本人の後遺障害慰謝料とは別に、親族(父母・配偶者・子など)にも「近親者慰謝料」が認められる場合があります。近親者の慰謝料請...