賠償義務者は運転者だけとは限らない

Point
  • 交通事故で損害賠償義務を負うのは、運転者だけとは限りません。加害車両の保有者、相手が業務上の事故なら会社、未成年者なら両親なども賠償義務者になります。
  • 加害車両に任意保険が付いていない場合は、賠償資力の有無が問題になりますから、誰を相手に損害賠償請求するかが重要になります。

 

賠償義務者は「責任原因」により異なる

交通事故による賠償責任については、民法、自動車損害賠償保障法(自賠法)で定められています。不法行為責任(民法709条)、使用者責任(民法715条)、運行供用者責任(自賠法3条)などがあり、これを「責任原因」といいます。

 

誰を相手に損害賠償請求するかは、この「責任原因」によって異なります。

 

損害賠償請求できる相手方

損害賠償請求できる相手方(賠償義務者)と、法律上の根拠規定(責任原因)をまとめておきます。

 

賠償義務者 責任原因
加害者本人
(運転者)
民法709条(不法行為責任)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

加害車両を直接運転していた運転者は、「不法行為責任」にもとづく損害賠償義務を負います。

運行供用者
(車両保有者)
自賠法3条(運行供用者責任)
自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。

「自己のために自動車を運行の用に供する者」を運行供用者といいます。自動車の保有者等が該当します。

 

もちろん運行供用者が運転者と同一の場合もあり、その場合は運転者に対し、自賠法3条にもとづき賠償請求します。

 

会社の所有する車両で事故を起こした場合は、会社が運行供用者責任を負い、運転者は不法行為責任を負います。

使用者
民法715条(使用者責任)
ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

加害者(運転者)が業務中に起こした交通事故の場合、加害者の使用者である会社等には「使用者責任」があり、賠償義務を負います。

 

会社の車両で人身事故を起こした場合は、会社は運行供用者責任と使用者責任を負います。人損が運行供用者責任で、物損が使用者責任となります。

未成年者の親
責任能力のある未成年者の監督義務者責任
未成年者が責任能力を有する場合であっても、監督義務者の義務違反と当該未成年者の不法行為によって生じた結果との間に相当因果関係を認めうるときは、監督義務者に民法709条に基づく不法行為が成立する。

 

最高裁(昭和49年3月22日)
※最高裁のWebサイトにリンクしています。


責任能力とは「自己の行為の責任を弁識するに足りる知能」(民法712条)です。弁識とは、物事の道理を理解することです。

 

未成年者の責任能力は、小学校卒業前後でそなわると考えられています。

民法714条(責任無能力者の監督義務者責任)
責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

加害者が責任無能力者(概ね12歳以下)の場合、法定監督義務者である親権者が賠償責任を負います。「自転車」の運転で加害者となった場合などが該当します。

 

なお、自転車の事故には自賠法は適用されないので、民法による損害賠償請求となります。

 

人身事故は、自賠法3条で「運行供用者」に損害賠償請求する

人身事故の場合には、自賠法3条の「運行供用者責任」にもとづき、損害賠償請求するのが基本です。

 

民法の「不法行為責任」を問う場合、被害者側が相手に過失があったことを立証しなければならないのに対して、自賠法では、加害者側が自分に過失がなかったことを立証しない限り、賠償責任を免れられない仕組みになっているからです。

 

「誰を相手に損害賠償請求するか」が重要になるケースとは?

相手が任意保険(対人・対物賠償保険)に加入しているときは、誰を相手に損害賠償請求するかは特に問題となりません。賠償資力を気にしなくてもよいからです。

 

しかし、相手が任意保険に加入していない場合には、賠償資力が問題になり、誰を相手方として賠償請求するかが重要になります。

 

加害者本人に賠償資力がなくても、例えば、加害者が仕事で車を運転していたときに起こした事故なら、勤務先の会社に損害賠償請求できることがあります。一般的には、個人よりも会社の方が資力がありますから、会社に請求することによって、損害賠償を受けられる可能性があるのです。

 

交通事故に遭ったら、加害者の任意保険加入の有無と保険金額、車両保有者との関係、加害者の職業や運行の目的(会社の業務か否かなど)を確認しておくことが大切です。

 

まとめ

誰に損害賠償請求できるかは、責任原因によって異なります。賠償義務者は、加害者本人(運転者)だけとは限りません。直接の加害者以外にも賠償請求できる場合があります。

 

加害車両に自動車保険が付いており、運転していたのが被保険者であれば特に問題ありませんが、そうでない場合、誰に賠償請求するかは、十分な損害賠償金額を得られるかどうかに関わってきます。

 

賠償義務者が複数いる場合は、それぞれの資力を調べた上で、もっとも適当な賠償義務者に請求することが大切です。

 

お困りのことがあったら、今すぐ交通事故の損害賠償請求に強い弁護士に相談することをおすすめします。早く弁護士に相談するほど、メリットが大きいのです!

 

弁護士法人・響

 

あなたにおすすめのページ

示談交渉までに被害者が準備しておくべき大切なこと
交通事故被害者は弁護士にいつ相談するのがよいか
交通事故の示談交渉を弁護士に頼む5つのメリット・1つのデメリット

関連ページ

交通事故損害賠償請求の法律上の根拠
交通事故の被害者が加害者に損害賠償請求でき法律上の根拠は、自動車損害賠償保障法(自賠法)第3条(運行供用者責任)と民法709条(不法行為責任)です。その違いについても解説しています。
交通事故で賠償請求できる3つの損害|積極損害・消極損害・慰謝料
交通事故に遭った被害者が賠償請求できる損害には大きく分けて3種類あります。積極損害、消極損害、慰謝料です。
3つの損害賠償額算定基準|自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準
交通事故の損害賠償額算定基準は、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準(弁護士会基準)の3種類があります。被害者は、損害額が最も高く算定される裁判所基準で算定し、交渉します。
交通事故で自賠責保険に被害者請求した方がよい3つのケース
交通事故被害者が自賠責保険・自賠責共済に被害者請求(直接請求)した方がよい、あるいはトクするケースは、主に3つあります。
自賠責保険への被害者直接請求権は健康保険・労災保険の求償権に優先
交通事故で被害者が健康保険や労災保険を使い、なお損害を填補できない場合は、自賠責保険に直接請求できます。一方で、保険給付した健康保険や労災保険の保険者も自賠責保険に求償できるので、競合します。こんなときは被害者の直接請求権が優先します。
任意保険の一括払い制度のメリット・デメリットと事前認定
人身事故の場合、任意保険会社が自賠責保険分を含めて賠償金を支払うのが一般的です。これを一括払い(一括支払い)といいます。一括払い制度では、任意保険会社は事前に自賠責保険に判断結果を求める手続き(事前認定)をとります。
幼児や小さな子供の交通事故による逸失利益も損害賠償請求できる
幼児や小さな子どもが交通事故の被害に遭い、後遺症(後遺障害)が残ったり、死亡したとき、治療費や慰謝料のほか、逸失利益も損害賠償請求することができます。
交通事故による逸失利益の算定方式についての「三庁共同提言」
交通事故による逸失利益の算定方式について、東京地裁・大阪地裁・名古屋地裁の民事交通部が共同提言を発表し、全国で基本的に同じ運用がなされています。三庁共同提言の内容について解説しています。
中間利息控除と逸失利益の計算|ライプニッツ方式・ホフマン方式
交通事故による後遺障害逸失利益・死亡逸失利益は、中間利息を控除して計算します。中間利息とは何か。なぜ中間利息控除するのか。中間利息控除の計算方法、代表的なライプニッツ方式とホフマン方式の違いを分かりやすく解説します。
後遺障害の労働能力喪失率
後遺障害逸失利益の算定では、労働能力喪失率が重要な要素です。通常は、自賠責保険の労働能力喪失率表が用いられますが、裁判では被害者の具体的事情を考慮して修正されることがあります。
民法改正で法定利率3%へ!交通事故損害賠償額の逸失利益が増える
債権関係規定(債権法)に関する改正民法が2017年5月26日に成立しました。法定利率が年5%から3%に引き下げられ、3年ごとに1%刻みで見直す変動制が導入されました。これにより逸失利益が増額となります。
賠償請求権者
交通事故の被害に遭ったとき、加害者に対して損害賠償請求ができるのは誰か、すなわち、損害賠償請求権のある者について、事故のケースごとにまとめています。
運行供用者責任
自動車損害賠償保障法では、運行供用者が損害賠償責任を負うことを規定しています。加害車両の運転者が運行供用者となるとは限りません。運行供用者とは誰か、その判断基準、運行供用者責任についてまとめています。
交通事故で後遺症が残ったときの損害賠償請求
交通事故で後遺症が残ったとき、後遺障害等級が認定されると、その等級に応じて後遺障害に対する損害賠償を受けることができます。
交通事故の損害賠償請求権・被害者請求権の消滅時効
交通事故の加害者に対する損害賠償請求権は3年で時効により消滅します。自賠責保険に対する被害者請求権も同じく3年で時効です。