自賠法における運行供用者・保有者・運転者の関係と違い

自賠法(自動車損害賠償保障法)は、運行供用者に損害賠償責任があることを定めていますが、運行供用者の定義規定はありません。自賠法に定義規定があるのは、保有者と運転者です。

 

ここでは、運行供用者・保有者・運転者の関係と違いについて見てみましょう。

 

自賠法では、運行供用者に損害賠償責任がある

一般の不法行為責任(民法709条)は、加害者本人にありますが、自賠法では、運行供用者が損害賠償責任を負います。

 

自賠法は、運行供用者責任(運行供用者の損害賠償責任)を次のように定めています。

 

自賠法3条

自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命または身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。

 

「自己のために自動車を運行の用に供する者」を「運行供用者」といいます。このように自賠法は、運行供用者が損害賠償責任を負うことを定めているのですが、「自己のために自動車を運行の用に供する者」について、定義規定がないのです。

 

運行供用者の判断基準についてはこちらをご覧いただくとして、ここでは、自賠法に定義規定のある「保有者」「運転者」と運行供用者との関係から、運行供用者とはどんな人が該当するのか、考えてみましょう。

保有者に損害賠償責任が生じたとき、自賠責保険が出る

保有者については、自賠法で次のように定義しています。

 

自賠法2条3項

この法律で「保有者」とは、自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するものをいう。

 

ここでも、「自己のために自動車を運行の用に供するもの」が出てきました。保有者とは、①所有者その他自動車を使用する正当な権利を有する者であり、②運行供用者である者です。①と②の両方を満たす者が、保有者です。

 

つまり、保有者とは、運行供用者のうち、自動車を使用する正当な権利を有する者と言えます。

 

保有者と運行供用者との関係

保有者と運行供用者との関係は、こうです。運行供用者は、保有者である運行供用者保有者でない運行供用者に大別されます。

 

いうまでもなく、運行供用者のうち大半が、保有者です。

 

運行供用者

保有者
所有者のほか、正当な権限をもって自動車を使用する者。

非保有者
保有者でない者。無断運転者や泥棒運転者など。

 

無断運転者や泥棒運転者などは、自動車の運行を直接支配し、それによる利益を享受するので、運行供用者となります。

 

自賠責保険から支払われるのは、保有者に賠償責任が発生したとき

自賠責保険の保険金が支払われるのは、保有者に損害賠償責任が生じた場合です。自賠責共済も同様です。

 

自賠法11条1項

責任保険の契約は、第三条の規定による保有者の損害賠償の責任が発生した場合において、これによる保有者の損害及び運転者もその被害者に対して損害賠償の責任を負うべきときのこれによる運転者の損害を保険会社がてん補することを約し、保険契約者が保険会社に保険料を支払うことを約することによつて、その効力を生ずる。

 

(※自賠責共済については、同2項で同様に規定されています。)

 

保有者が損害賠償責任を負うとき、保有者の損害(損害賠償責任を負うことによる損害)を填補するのが自賠責保険です。

 

保有者でない運行供用者に賠償責任が生じても、自賠責保険からは保険金が支払われません。この場合、被害者は政府保障事業に損害の填補を請求することになります。

自賠法の規定する運転者は、運行供用者に当たらない

運転者については、自賠法で次のように定義しています。

 

自賠法2条4項

この法律で「運転者」とは、他人のために自動車の運転または運転の補助に従事する者をいう。

 

一般的には、自動車のハンドルを操作する者を運転者と呼びますが、自賠法では、「他人のために自動車の運転または運転の補助に従事する者」を運転者と定義しています。

 

「他人のために」運転する運転者は、運行供用者(自己のために自動車を運行の用に供する者)に当たらず、運行供用者責任(損害賠償責任)を負いません。

 

この場合、運行供用者は、例えば、その運転者を雇用している会社や雇用主が該当します。したがって、自賠法にもとづく損害賠償請求は、運転者を雇用している会社や雇用主など運行供用者に対して行うことになります。

 

ただし、運転者に運行供用者責任(自賠法3条)はないとしても、事故を起こした当事者として、事故の発生に故意・過失がある場合は、不法行為責任(民法709条)を負います。

 

自分の車を自己のために運転する運転者は、自賠法では運行供用者にあたり、自賠法の規定する運転者とは異なります。

まとめ

自賠法(自動車損害賠償保障法)における、運行供用者・保有者・運転者の関係と違いを見てきました。

 

自賠法では、運行供用者が損害賠償責任を負い、自動車の保有者である運行供用者に賠償責任が発生したときに、自賠責保険から保険金が支払われます。

 

保有者でない運行供用者の賠償責任には、自賠責保険の適用がなく、政府保障事業に損害の填補を請求することになります。

 

自賠法に規定する運転者は、他人のために運転する者のことで、運行供用者には当たりません。一般的に使われる運転者とは異なりますから注意してください。

 

弁護士法人・響

 

参考文献

・『新版 交通事故の法律相談』学陽書房 10~13ページ
・『プラクティス交通事故訴訟』青林書院 63~66ページ
・『交通損害関係訴訟 補訂版』青林書院 41~44ページ
・『交通事故損害賠償法 第2版』弘文堂 29ページ
・『新版 交通事故の法律相談』青林書院 3~12ページ
・『新版 逐条解説 自動車損害賠償保障法』ぎょうせい 71ページ

関連ページ

運行供用者は誰?運行供用者の判断基準(運行支配・運行利益)
運行供用者かどうかは、交通事故を起こした加害車両について運行支配と運行利益を有するか否かで判断されます。