刑事裁判の公判中でも刑事記録を入手できる

Point
  • 実況見分調書・写真撮影報告書・供述調書など刑事記録は、刑事裁判の公判中でも、被害者や遺族が請求し、閲覧・謄写できます。
  • ただし、加害者の起訴・不起訴が決まった後でなければ請求できず、不起訴処分となった場合は、開示が制限されます。

 

刑事確定記録は、だれでも閲覧できる

刑事記録は、もともと刑事裁判が終結・確定したときに、閲覧できる制度になっています。

 

刑事訴訟法 第53条1項
何人も、被告事件の終結後、訴訟記録を閲覧することができる。但し、訴訟記録の保存又は裁判所若しくは検察庁の事務に支障のあるときは、この限りでない。

 

ですから「刑事確定記録」は、基本的に誰でも開示請求して閲覧することができます。交通事故の刑事裁判の確定記録とは、警察や検察が作成した、実況見分調書・写真撮影報告書・加害者や目撃者の供述調書などです。

 

「確定記録」である点に注意してください。刑事確定記録とは、終結・確定した刑事裁判の刑事記録です。

 

被害者や遺族は、公判中の刑事記録も開示請求できる

しかし、交通事故の被害者や遺族にとっては、「刑事裁判が確定するまで待つ」など悠長なことは言ってられません。

 

刑事記録は、示談交渉や損害賠償請求訴訟を勧めるにあたって、事故の状況を証明する有力な証拠となります。

 

そこで、犯罪被害者保護法において、被害者や遺族が「損害賠償請求で必要」であるなど、正当な理由がある場合は、刑事裁判の係争中でも刑事記録の閲覧・謄写が認められるようになっています。

 

実況見分調書を過信してはいけない

実況見分調書は、警察が作成したもので、事故の状況を証明する有力な証拠となります。

 

しかし、加害者側に有利な内容となっている場合が多いのも事実です。特に、死亡事故や被害者が重体の場合は、被害者の主張が反映されませんから、加害者の一方的な主張で作成されます。

 

そういう場合に備え、被害者側が独自に証拠や目撃証言を集め、事故の状況を正確に把握することが大切です。

 

弁護士法人・響

刑事記録の開示請求で注意すべきこと

被害者や遺族は刑事裁判の係争中でも刑事記録の開示請求ができますが、その際、注意すべき点があります。

 

  1. 起訴・不起訴の決定後でないと請求できない
  2. 刑事事件として起訴された場合は、基本的に全て開示される
  3. 不起訴処分となった場合は、開示が制限される

 

①起訴・不起訴の決定後でないと請求できない

加害者(被疑者)の起訴・不起訴の処分が決定された後でなければ、刑事記録の閲覧・謄写の申請はできません。

 

法律では、「第一回の公判期日後、当該被告事件の終結までの間」に請求があった場合に、認められる仕組みになっています(犯罪被害者保護法第3条1項)

 

②刑事事件として起訴された場合は、基本的に全て開示される

刑事事件として加害者(被疑者)が起訴された場合は、基本的に全て開示対象となります。

 

刑事記録の閲覧・謄写の申請があったとき、裁判所は、検察官と被告人(または弁護人)の意見を聴き、次の場合を除き、閲覧・謄写を認めます。

 

  1. 閲覧または謄写を求める理由が正当でないと認める場合
  2. 犯罪の性質、審理の状況その他の事情を考慮して閲覧または謄写をさせることが相当でないと認める場合

 

1つ目の「閲覧・謄写を求める理由の正当性」については、被害者や遺族が請求する場合は基本的に問題ありません。

 

しかし、2つ目の「閲覧・謄写させることの相当性」については、関係者のプライバシーや公判の運営に支障が生じるなどの理由から、開示されないこともあり得ます。特に、客観的証拠に分類されない供述調書については、その可能性があることに留意してください。

 

犯罪被害者保護法 第3条1項
刑事被告事件の係属する裁判所は、第一回の公判期日後当該被告事件の終結までの間において、当該被告事件の被害者等若しくは当該被害者の法定代理人又はこれらの者から委託を受けた弁護士から、当該被告事件の訴訟記録の閲覧又は謄写の申出があるときは、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴き、閲覧又は謄写を求める理由が正当でないと認める場合及び犯罪の性質、審理の状況その他の事情を考慮して閲覧又は謄写をさせることが相当でないと認める場合を除き、申出をした者にその閲覧又は謄写をさせるものとする。

 

③不起訴処分となった場合は、開示が制限される

加害者(被疑者)が不起訴処分となった場合は、開示される刑事記録(不起訴記録)に制限があります。

 

実況見分調書や写真撮影報告書は開示されますが、供述調書は原則「非開示」です。これは、客観的証拠について閲覧を認めるという運営がなされているからです。

 

つまり、実況見分調書や写真撮影報告書は客観的証拠なので開示されますが、供述調書は客観的証拠でないという理由から開示されません。

 

ただし、民事裁判を提起しているときに限り、例外的に供述調書の開示が認められることがあります。

 

不起訴記録中の供述調書の開示に関する法務省の方針

「不起訴記録」のうち供述調書の開示について、法務省は、次の4つの要件を全て満たす場合に限り開示する方針を示しています。

 

  1. 民事裁判所から、不起訴記録中の特定の者の供述調書について文書送付嘱託がなされた場合であること。
  2. 当該供述調書の内容が、当該民事訴訟の結論を直接左右する重要な争点に関するものであって、かつ、その争点に関するほぼ唯一の証拠であるなど、その証明に欠くことができない場合であること。
  3. 供述者が死亡、所在不明、心身の故障若しくは深刻な記憶喪失等により、民事訴訟においてその供述を顕出することができない場合であること、または当該供述調書の内容が供述者の民事裁判所における証言内容と実質的に相反する場合であること。
  4. 当該供述調書を開示することによって、捜査・公判への具体的な支障又は関係者の生命・身体の安全を侵害するおそれがなく、かつ、関係者の名誉・プライバシーを侵害するおそれがあるとは認められない場合であること。

不起訴記録の開示についての法務省の方針はこちら
 ※法務省のWebサイトにリンクしています。

 

刑事記録を開示請求するときには、弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

刑事記録は、加害者の起訴・不起訴の処分が決まれば、被害者や遺族から開示請求できます。実況見分調書や写真撮影報告書は基本的に開示されますが、供述調書は開示が制限される場合があります。

 

刑事記録は、被害者や遺族が請求できますが、刑事記録が必要となるくらい示談交渉が難航するようなら、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

 

弁護士法人・響

 

あなたにおすすめのページ

交通事故被害者が弁護士を選ぶとき大切な5つのポイント
交通事故の示談交渉を弁護士に頼む5つのメリット・1つのデメリット
交通事故被害者は弁護士にいつ相談するのがよいか

関連ページ

示談交渉で正当な示談金額を得るために大切なこと
交通事故の被害者が、示談交渉で適正・正当な金額の示談金を取得するために、必ず押さえておきたいポイントがあります。これを知っていれば、示談交渉で保険会社の言いなりに示談するような事態を避けられます。
示談交渉で主導権を握る7つのテクニック
交通事故の被害者が保険会社の担当者との示談交渉で主導権を握り、示談交渉を有利に進めるには、早い段階からの準備と交渉テクニックが必要です。
示談とは示談した以外の損害賠償請求権を放棄すること
交通事故の示談とは、加害者が被害者に対して一定額の賠償金(示談金)を支払うことを約束し、被害者は示談した以外の損害賠償請求権を放棄することを約束することです。示談の法的性格は民法上の和解契約です。
示談交渉を始めるタイミングで受け取れる示談金が変わる?
交通事故の被害者にとって示談交渉を開始するタイミング・時期は気になるところです。一般的には保険会社から示談金の提示があり、そこから示談交渉が始まります。基本的に損害額が全て確定したタイミングです。
示談交渉までに被害者が行う4つの準備と必要な書類
交通事故の被害者の側で示談交渉までに準備することは、賠償請求する損害額の算定と必要書類をそろえることです。相手が任意保険に加入していないときは、相手の賠償資力の調査が必要になる場合があります。
示談交渉で決めること、示談書に書くべき示談条項
交通事故の示談交渉で決めること、示談書に記載すべき内容をまとめています。示談書の書式には決まったものはなく、保険会社の示談書様式でもいいのですが、示談内容を漏れなく反映させることが大切です。
示談の「やり直し」をできるケース
交通事故の損害賠償をめぐり示談したときは、原則として示談内容を変更することはできません。ただし、例外として、示談のやり直し・追加請求・無効化・取り消し・再示談できるケースがあります。
交通事故示談交渉の回数・期間の目安と裁判を起こす判断の目安
交通事故の示談交渉は、どれくらいの期間で示談成立に至るのか、また、示談による解決に見切りをつけ、裁判を起こすタイミングをどう判断すればよいか、その目安をご紹介。