事故のケース別にみる損害賠償請求できる相手方

交通事故で損害賠償請求できる相手方は、加害車両の運転者(直接の加害者)だけとは限りません。直接の加害者以外の者に対しても損害賠償請求できる場合がります。

 

例えば、相手が会社の業務で車を運転していて起こした事故なら、雇用主(使用者)に対して、損害賠償請求することもできます。

 

人身事故の場合は、民法だけでなく自賠法(自動車安全保障法)にもとづき、運行供用者に対して賠償請求することもできます。

 

誰に損害賠償請求するかは、正当な賠償金額を得るために大切なことです。

 

ここでは、交通事故の代表的なケース別に、誰が損害賠償責任を負うのか、誰に損害賠償請求をすればよいのか、についてまとめています。

交通事故の損害賠償責任者記事一覧

dummy
自動車の借主が起こした交通事故で貸主の運行供用者責任を問える?

交通事故の相手は、知人から借りた自動車を運転中でした。相手の運転者が話にならないので、車の所有者に対して損害賠償請求を考えています。車の貸主の責任を問い、貸主に損害賠償請求できますか?家族や友人から借りた自動車を運転中に交通事故を起こした場合、車の貸主(持主)は、原則として「運行供用者責任」を負います。したがって、直接の加害者である運転者のほか、車の貸主に対しても損害賠償請求できます。ただし、使用...

Read More
dummy
会社の車を従業員が無断運転して交通事故を起こしたときの会社の責任

交通事故の相手は、自分の勤務先の会社の車を無断で持ち出し、運転していたようです。相手の勤務先の会社に対し、損害賠償請求することができますか?会社の車を従業員が無断使用して事故を起こした場合でも、会社の責任を問い、損害賠償請求することができます。相手の運転者が会社の車を運転していた場合、会社の業務で運転していたのか、無断使用していたのか、客観的には判別できません。そのため、被害者保護の観点から、従業...

Read More
dummy
盗難車・泥棒運転で交通事故を起こした場合の自動車の所有者の責任

交通事故の相手は、盗んだ自動車を運転していました。盗難車が起こした事故(泥棒運転者による事故)の場合も、自動車の所有者に対し、損害賠償請求することができますか?泥棒運転の場合は、原則として、車を盗まれた時点で所有者の運行支配が失われ、車両の所有者は運行供用者責任を負いません。ただし、ドアの鍵をせず、エンジンキーをつけたまま道路上に放置していた場合のように、客観的に見て、その車を第三者が運転するのを...

Read More
ページの先頭へ戻る