ADR(裁判外紛争解決手続)とは

裁判外紛争解決手続(ADR=Alternative Dispute Resolution)とは、訴訟手続によらず、専門的知識を有する第三者が関与して、民事上の紛争の解決を図る手続きのことです。

 

ADR機関には行政機関や民間機関があり、和解の斡旋などを行います。

 

交通事故分野のADRは、主に民間のADR機関が担います。もっとも多く利用されるのは、交通事故紛争処理センター(紛セ)日弁連交通事故相談センター(弁セ)です。

 

広くは、民事調停や裁判上の和解もADRに含まれます。民事調停や裁判上の和解は、裁判所において行われますが、「裁判の判決によらない紛争解決の手続き」であることから、ADRに分類されることが多いようです。

ADR(裁判外紛争解決手続)を利用して交通事故の損害賠償を解決記事一覧

PointADR(裁判外紛争解決)機関は、裁判と比べて手軽に利用できるメリットがありますが、対応できる事案が制限されるので、その点を理解したうえで利用することが大切です。ADR(裁判外紛争解決手続)は、中立・公正な専門的知識を有する第三者が、被害者と加害者の双方の意見を聞いた上で、示談案を提示したりして、紛争を解決する手続きです。専門的な知識を有する第三者の判断を聞くことで、双方が自分の主張が正し...

Point交通事故のADR機関(裁判外紛争解決機関)として、一般的に利用されるのは、交通事故紛争処理センターと日弁連交通事故相談センターの2つです。賠償責任や後遺障害等級など自賠責の認定に関する紛争を解決するADR機関としては、自賠責保険・共済紛争処理機構があります。どのADR機関に相談するかは、紛争の内容や相手方によって選ぶことが大切です。交通事故の分野における主なADR機関(裁判外紛争解決機関...

Point交通事故紛争処理センターは、交通事故分野における最も利用者の多い代表的なADR機関です。無料で法律相談や和解斡旋を受けることができます。斡旋による和解が難しい場合は、審査会に審査を求めることができます。審査結果(裁定)は、損害保険会社に対する拘束力があります。損保会社は裁定に従う義務があり、被害者が審査結果に同意すれば和解が成立することになります。被害者は、裁定が不服なら訴訟を提起するこ...

Point日弁連交通事故相談センターは、交通事故分野における代表的なADR機関です。無料で法律相談や示談斡旋を受けることができます。示談斡旋が不成立の場合は、相手が同センターと協定している自動車共済なら、被害者は審査委員会に審査を求めることができます。審査結果(評決)は、協定している共済に対し拘束力があります。共済側は評決に従う義務があり、被害者が評決に同意すれば示談が成立することになります。被害...

Point法律相談のみで解決するのなら、日弁連交通事故相談センターがおすすめです。相手が損害保険会社なら交通事故紛争処理センター、相手が自動車共済なら日弁連交通事故相談センターがおすすめです。どちらも、過失割合や後遺障害等級認定など事実関係に争いがある場合は馴染みません。少額事件や比較的簡易な事件に適しています。目次「交通事故紛争処理センター」と「日弁連交通事故相談センター」どっちを選べばいい?「...

Point一般財団法人 自賠責保険・共済紛争処理機構は、法律にもとづく指定紛争処理機関(ADR機関)です。人身事故における賠償責任の有無や後遺障害等級の認定に関わる紛争を処理するのが主な業務です。紛争の調停を行いますが、当事者の出席のもとで和解を斡旋するのでなく、書面審査です。調停の申請ができるのは1回限りです。上手に利用するにはコツがあります。「後遺障害が認定されない」とか「加害者無責で自賠責か...