死亡事故の損害賠償額の算定

死亡事故で賠償請求できる損害には、積極損害(葬儀費用)消極損害(死亡逸失利益)、さらに被害者本人の死亡慰謝料と遺族に対する慰謝料があります。

 

積極損害(葬儀費用)+ 消極損害(死亡逸失利益)+ 死亡慰謝料

 

ただし、この合計額から、過失相殺・損益相殺により減額されます。

 

事故直後は被害者が生存していたものの、治療のかいなく死亡した場合は、治療中の損害についても別途、賠償請求できます。

 

なお、交通事故により被害者が死亡した場合、その損害賠償請求権は、被害者の家族が相続します。

 

ここでは、交通事故で被害者が死亡した場合に賠償請求できる損害の主な項目・費目について、損害額算定のポイントと裁判所基準をまとめていますので、参考にしてみてください。

死亡事故の損害賠償額の算定方法|損害項目と算定基準記事一覧

Point交通事故の被害者が死亡した場合、葬儀関係費を損害額として賠償請求できます。葬儀費は定額化されて、裁判所基準では原則として150万円。自賠責保険基準では原則60万円です。交通事故に遭った被害者が死亡した場合の積極損害には、葬儀関係費があります。葬儀費用は、特に不相当なものでない限り、賠償請求が認められます。また、事故後に治療を受けた場合は、死亡するまでの治療費や付添看護費などの積極損害も、...

Point死亡逸失利益とは、被害者が生きていれば今後将来にわたって得られたはずの経済的利益(生涯の収入)のことです。死亡逸失利益は、被害者の年収から本人の生活費(消費支出)を控除た純利益と就労可能年数で決まります。死亡逸失利益とは死亡逸失利益は、被害者が生きていれば、今後生涯にわたって得られたはずの収入(経済的利益)のことです。被害者が死亡したことにより、収入が断たれ、経済的利益を逸してしまうので...

死亡慰謝料は、被害者の年齢、家族構成、扶養家族の有無などにより、基準額があります。