損害賠償請求額は全ての損害額の積算

賠償請求する損害額は、大まかに決めるものではなく、一つひとつの損害額を積算した額です。

 

しかも、賠償請求できる損害の項目・費目が決まっていて、それぞれに基準額があります。それを知らなければ、賠償請求できる適正な損害額を算定することはできません。

 

賠償請求できる損害は、大きく3つに分かれます。積極損害・消極損害・慰謝料です。

 

傷害事故、後遺傷害事故、死亡事故により、積極損害・消極損害・慰謝料の内容が異なります。

 

 

3つの損害額算定基準

損害額の算定基準には、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所基準」の3つの基準があります。

 

被害者の側は、裁判所基準で損害算定すべきです。裁判所基準で算定した金額こそが、被害者が本来受け取ることができる正当な損害賠償額です。

 

保険会社は、自社の保険金支払い基準で損害額を算定しますが、これは裁判所基準で算定した額と比べ、はるかに低い金額です。

 

だからこそ、示談交渉によって、賠償金額の引き上げが必要だし、可能なのです。

 

裁判所基準での損害額の算定は弁護士に頼む

裁判所基準で損害を算定するといっても、簡単にできるものではありません。しかも裁判所基準はあくまでも目安ですから、個別事情を考慮する必要があります。

 

賠償請求する損害額の計算は、やはり、弁護士に頼むのが一番です。

 

 

交通事故損害賠償額の算定方法・算定基準記事一覧

dummy
傷害事故の損害賠償額の算定方法|損害項目と算定基準

傷害事故で被害者が賠償請求できる損害は、積極損害(治療費など)、消極損害(休業損害)、慰謝料(入通院慰謝料)です。積極損害消極損害慰謝料治療費など休業損害傷害慰謝料(入通院慰謝料)この合計額が、傷害事故の損害賠償額となります。ただし、被害者にも過失があった場合には、過失相殺により減額されます。傷害事故の損害額の算定方法は、ほぼ定型化・定額化され、入院期間や通院日数によって決まります。後遺症(後遺障...

Read More
dummy
後遺障害事故の損害賠償額の算定方法|損害項目と算定基準

交通事故で受傷し治療をしても、これ以上は症状の改善が望めないという場合があります。損害賠償では、この段階を「症状固定」といい、これ以降は、後遺障害として、障害等級にもとづき損害賠償がなされます。事故発生日から症状固定日まで症状固定日以降治療に対する損害賠償・治療費・休業損害・入通院慰謝料後遺障害に対する損害賠償・将来の介護費用・後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料後遺障害には1級から14級まで等級があ...

Read More
dummy
死亡事故の損害賠償額の算定方法|損害項目と算定基準

死亡事故で賠償請求できる損害には、積極損害(葬儀費用)、消極損害(死亡逸失利益)、さらに被害者本人の死亡慰謝料と遺族に対する慰謝料があります。積極損害(葬儀費用)+ 消極損害(死亡逸失利益)+ 死亡慰謝料ただし、この合計額から、過失相殺・損益相殺により減額されます。事故直後は被害者が生存していたものの、治療のかいなく死亡した場合は、治療中の損害についても別途、賠償請求できます。なお、交通事故により...

Read More
dummy
休業損害・逸失利益害算定のための収入の計算と証明の方法

休業損害や逸失利益は、被害者の収入にもとづき計算しますから、収入額の証明が大切です。収入額を証明するのは、被害者です。被害者に「どれだけの収入があったか」を証明できなければ、正当な賠償金を受けられません。休業損害や逸失利益は、大きな金額になります。被害者の収入額の証明こそ、損害賠償請求の中心問題です。職種別の基礎収入の算定と証明の方法ここでは、被害者の収入の算定と証明の方法について、職種別に解説し...

Read More
dummy
気になる後遺症|労働能力への影響が問題となりやすい後遺障害

後遺障害逸失利益は、被害者の基礎収入額に労働能力喪失率を乗じ、さらに労働能力喪失期間に対応する中間利息控除係数を乗じて算定します。労働能力喪失率は、通常、自賠責の後遺障害等級が決まれば、労働能力喪失率表により決まります。しかし、労働能力喪失率表の喪失率をそのまま採用できない場合もあります。ここでは、労働能力への影響が問題となりやすい後遺障害について、労働能力喪失の有無・程度についての考え方をまとめ...

Read More
dummy
中間利息控除係数(ライプニッツ係数・ホフマン係数)

交通事故の損害賠償請求において逸失利益を計算するとき、中間利息を控除する必要があります。中間利息控除に用いる代表的な係数が、ライプニッツ係数とホフマン係数です。逸失利益の計算で中間利息を控除する意味逸失利益は、交通事故に遭わなければ、被害者が将来にわたって得られたはずの経済的利益のことです。会社員であれば、給料やボーナス、退職金など、仕事を辞めるときまでの収入の累積額です。損害賠償では、それを一時...

Read More
ページの先頭へ戻る