損害賠償請求額は全ての損害額の積算

賠償請求する損害額は、大まかに決めるものではありません。一つひとつの損害額を積算した額です。ですから、賠償請求できる損害の費目や基準額を知らなければ、適正な賠償額を算定することはできません。

 

また、これまでの裁判の積み重ねにより、賠償請求が認められる損害の費目や金額が、ある程度決まっています。これを基準化したものが「裁判所基準」です。

 

ですから、損害賠償請求額の算定には、損害の項目・費目、それぞれの基準額を知っておくことが大切なのです。

 

 

3つの損害額算定基準

損害額の算定基準には、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所基準」といった3つの基準があります。

 

3つの算定基準のうち、裁判所基準で算定すると、最も高い損害額が算定できます。ですから、被害者が賠償請求する損害額を算定するときには、裁判所基準で損害算定します。

 

これは、たんに損害額を「高く算定できるから」ではありません。それが「正当な額」だからです。裁判に持ち込めば、ほぼ認められる賠償額なのです。

 

保険会社の提示額で示談してはいけない!

保険会社は、自賠責保険基準や任意保険基準で損害額を算定し、示談金(賠償金)を提示してきます。保険会社が最初に提示する賠償額は、裁判所基準で算定した額と比べ、はるかに低い金額です。

 

ですから、保険会社が提示する賠償額で決して示談してはダメです。ここに、示談交渉によって賠償額を引き上げる余地があるのです。

 

裁判所基準での損害額の算定は弁護士に頼む

裁判所基準は、日弁連交通事故相談センターから購入できますから、誰でも知ろうと思えば知ることができます。しかし、それを使いこなせるかどうかは別です。それに、裁判所基準はあくまでも目安ですから、個別事情を考慮する必要があります。

 

保険会社と交渉するとき、「裁判所基準ではこうなっている」と主張しても、簡単に認められるものではありません。やはり、専門家である弁護士に頼むのが一番です。

 

ここでは、裁判所基準による損害額の算定方法を紹介していますが、「損害額の算定方法は、こういうものだ」と一般的な考え方を知ってもらうためです。被害者自身が、損害額の算定について基本的な知識を持っておくことは重要だからです。

 

しかし、本当に正当な賠償金を得ようと思うなら、少しだけ知識を備えているだけでは不十分で、やはり専門家の力を借りることが不可欠です。弁護士のサポートを受けることをおすすめします。

 

交通事故損害賠償額の算定方法・算定基準記事一覧

傷害事故で被害者が賠償請求できる損害は、積極損害(治療費など)、消極損害(休業損害)、慰謝料(入通院慰謝料)です。この合計額が、傷害事故の損害賠償額となります。積極損害(治療費など)+ 消極損害(休業損害)+ 傷害慰謝料(入通院慰謝料)ただし、この合計額から、過失相殺・損益相殺により減額されます。傷害事故の損害額の算定方法は、ほぼ定型化・定額化され、入院期間や通院日数によって決まります。なお、事故...

交通事故の被害に遭ったとき、これ以上治療を継続しても症状の改善が望めず後遺症が残る場合があります。これが「症状固定」と呼ばれる段階です。治療費などに対する損害賠償は、この症状固定と診断されるまでです。症状固定と診断された以降の損害については、後遺障害に対する損害賠償となります。事故発生日から症状固定日まで症状固定日以降治療に対する損害賠償・治療費・休業損害・入通院慰謝料後遺障害に対する損害賠償・将...

死亡事故で賠償請求できる損害には、積極損害(葬儀費用)、消極損害(死亡逸失利益)、さらに被害者本人の死亡慰謝料と遺族に対する慰謝料があります。積極損害(葬儀費用)+ 消極損害(死亡逸失利益)+ 死亡慰謝料ただし、この合計額から、過失相殺・損益相殺により減額されます。事故直後は被害者が生存していたものの、治療のかいなく死亡した場合は、治療中の損害についても別途、賠償請求できます。なお、交通事故により...

適正な損害賠償金額を算定するのに最も重要なのが、被害者の事故当時の収入額です。「休業損害」や「後遺障害逸失利益」「死亡逸失利益」は、いずれも被害者の収入額を基礎に算定します。逸失利益は賠償金の中でも特に大きな金額となりますから、適正な損害額を算定することが大切です。収入額の証明は、被害者側で行わなければなりません。被害者の収入の立証責任は、被害者側にあります。事故当時、被害者にどれだけの収入があっ...

中間利息控除係数とは、交通事故の消極損害の1つである逸失利益を計算するとき、中間利息を控除して現在の価額に換算するのに用いる係数です。代表的な中間利息係数が、ライプニッツ係数とホフマン係数です。逸失利益の計算で中間利息を控除する意味逸失利益は、交通事故に遭わなければ、被害者が将来にわたって得られたはずの経済的利益のことです。会社員であれば、給料やボーナス、退職金など、仕事を辞めるときまでの収入の累...