損益相殺記事一覧

交通事故の被害者が、損害賠償と別に金銭給付などを受けた場合、二重の利得とならないよう、損害額から給付額を控除(損害と利益を相殺)します。これが損益相殺です。ここでは、損益相殺とは何か、損益相殺と代位との違い、損益相殺の対象となるかどうかの判断基準について見ていきます。また、損益相殺の対象となるもの、損益相殺の対象とならないものについて、具体的にまとめていますから、参考にしてください。

公的保険給付を受けたときの損益相殺的な調整は、保険給付の目的・性質に応じて、同一性のある損害の限度で控除されます。これを「費目拘束」といいます。保険給付の種類によって控除対象となる損害費目が決まっていて、保険給付額が、対応する損害費目の損害額を超過しても、他の損害費目から控除することはできません。損益相殺の仕方を間違うと、賠償請求できる額が減り、損します。過失相殺が大きい場合は、特に注意が必要です...

交通事故で、労災保険から障害補償給付・遺族補償給付を年金方式で受ける場合や、国民年金や厚生年金など公的年金から障害年金・遺族年金を受ける場合には、年金給付と損害賠償金との調整(損益相殺的調整・支給調整)が行われますここでは、労災保険や公的年金から給付される障害年金・遺族年金と損害賠償金との調整の仕方について、見ていきましょう。大きく分けて、2つのケースがあります。1つは、損害賠償よりも先に年金給付...

遺族年金など遺族給付の損益相殺的調整は、遺族給付の法律上の受給権者の損害賠償債権額が対象です。ポイントは、遺族給付の法律上の受給権者であるかどうかです。受給権者でない遺族は、たとえ生計を同じくし遺族給付による利益を享受するとしても、相続した損害賠償債権額から遺族給付額を控除されません。最高裁判例をもとに、遺族年金など遺族給付を受けたときの損益相殺的調整について、誰の損害賠償債権額から遺族給付額を控...

損益相殺による控除と過失相殺による減額の両方が適用されるときは、どちらを先に行うかによって、取得できる損害賠償金額が変わります。損益相殺が先か、過失相殺が先かは、損益相殺の対象となる給付金の性質によって決まります。損益相殺と過失相殺の順序について、基本的な考え方、各給付ごとの実務上の取扱いについて見ていきましょう。

人身傷害補償保険に加入していれば、加害者(相手方保険会社も含む)からの損害賠償金だけでなく、自身の任意自動車保険からも保険金の支払いを受けることができます。人身傷害保険金の請求を先行してもいいし、損害賠償金の請求を先行してもいいのですが、過失相殺があるときは、どちらを先に請求するかによって、被害者が最終的に受け取れる金額に差が生じることがあります。人身傷害補償保険金と損害賠償金の両方を請求するとき...