初期対応で被害者がやっておくべき「3つのこと」とは?

正しい初期対応

 

交通事故の初期対応で、被害者が事故直後に事故現場でやっておくべきことが、3つあります。事故後すぐにできない場合でも、速やかに行うことが大切です。

 

さもないと、あとになって「損害賠償請求できない」「賠償額を大きく減額される」など、困ったことになる場合があります。

 

被害者がやっておくべき3つの初期対応
  • 警察に交通事故を報告する
  • 相手の氏名・住所、車両、加入している保険を確認する
  • 事故現場の状況を記録し、証拠を集める

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

 

警察に交通事故を報告する

加害者側が警察に連絡しないような場合は、被害者側が110番通報して、必ず警察を呼ぶことが大切です。

 

警察に報告していないと交通事故証明書の交付を受けられず、あとで相手方の保険会社に損害賠償請求ができません。自身の人身傷害保険に保険金の支払いを請求することもできません。

 

軽い接触や追突、軽微な物損事故の場合には、警察に報告しないことがあります。その後、何もなければ良いのですが、事故時には自覚症状がなくても、何日か経って症状が現れることがありますから、注意が必要です。

 

車同士の事故の場合、加害車両の運転者だけでなく、被害車両の運転者にも、警察への報告義務があります。法律に定められた義務ですから、報告を怠ると罰則があります。

 

歩行者が被害者の人身事故の場合、被害者に警察への報告義務はありませんが、加害車両の運転者が警察に連絡しないようなときは、被害者側が連絡することが大切です。

 

警察への事故報告は、運転者の義務というだけでなく、被害者にとっては、損害賠償や保険金の支払いを受けるために必要なことです。

 

相手の氏名・住所、車両、加入している保険を確認する

事故の相手について確認しておく必要があるのは、次の4項目です。

 

氏名・住所 相手の氏名、住所、連絡先。

※運転免許証を確認しましょう。

車両 車のナンバー、車両の所有者。

※自動車検査証(車検証)を確認しましょう。

勤務先 相手の勤務先。

※名刺があればもらっておきましょう。

保険 相手が加入している自賠責保険と任意保険の保険会社・契約番号。

※自動車損害賠償責任保険証明書を確認しましょう。

 

これらが分かっていれば、たとえ相手と連絡が取れなくなった場合や、加害者が損害賠償に応じない場合でも、加害者の加入する保険会社に損害賠償金の支払いを直接請求することができます。

 

交通事故で損害賠償責任を負うのは、相手の運転者のほか、相手車両の所有者、さらに相手が業務中だったなら雇用主も使用者責任を負います。

 

損害賠償請求できる相手は、運転者だけではありません。相手車両の所有者も確認しておくことが大切です。

 

 

事故現場の状況を記録し、証拠を集める

事故現場の状況を記録し、証拠や目撃者を確保しておくと、あとで賠償責任や過失割合で揉めたときに威力を発揮します。

 

もちろん、警察が実況見分調書を作成しますが、被害者が救急搬送されると、事故現場では加害者の供述にもとづいて実況見分が行われるため、被害者の主張が十分に反映されないことがあるのです。

 

それに、民事事件(損害賠償請求)で、実況見分調書や供述調書といった刑事記録を、いつも利用できるわけではありません。

 

事故現場を記録する

事故現場の状況が分かるメモや図面を作成します。次の点が重要です。

 

事故の状況 衝突地点、衝突の個所・程度、被害者の転倒位置、車両の位置関係、タイヤ痕・スリップ痕の位置・長さ、血痕の位置・形状、破片や積荷の散乱状況、車両の破損の状態など。
現場の状況 事故発生の時刻、天候、道路の幅、路面の状態、信号機、横断歩道、照明、樹木、標識、交通量、交差点の見通し、交通規制の有無など。

 

記録には、写真や図面が便利です。スマホや携帯のカメラで様々な角度から事故状況や破損個所を撮っておきましょう。最近はドライブレコーダーを搭載した車もありますから、事故時の映像を確保することも大事です。

 

加害者の供述を記録する

事故直後には謝罪の意を表明していた加害者が、実況見分が始まるころには、最初に言ったことを翻すことも少なくありません。

 

相手が自分の過失を認めるような発言をしたとき、その場に第三者がいれば証人になってもらえますが、当事者しかいなければ、スマホなどで会話を録音しておくとよいでしょう。メモ書きして相手のサインをもらう方法もあります。

 

目撃者に証言を依頼する

目撃者がいれば、警察の実況見分に立ち会ってもらえるよう頼んでみましょう。

 

目撃証人になってもらえる場合は、氏名・住所・連絡先・目撃内容(事故発生時の信号表示など)を控えておきましょう。

 

最近は、事故現場をスマートフォンで撮影している人もいます。撮影された動画や画像が有力な証拠となることもあります。

 

まとめ

ここに挙げている内容は、交通事故の被害者が初期対応としてやっておくと、あとで損害賠償請求するときに役立ちます。

 

警察に交通事故の発生を報告すると同時に、確認しておくべき項目をまとめておきます。

 

チェック項目
  • 相手の運転免許証、勤務先
  • 相手車両の番号、車検証
  • 相手の自賠責保険・任意保険
  • 現場の状況・事故の状況の確認(できれば写真を撮っておく)
  • 相手の言い分(できれば会話を録音するかメモしておく)
  • 目撃者の氏名・住所・目撃内容(事故時の信号表示など)
  • ドライブレコーダーの有無、事故時の映像確保

 

これらのことを事故直後にできればいいのですが、負傷していたら無理でしょうし、事故に遭ったとき冷静に対処できるものではありません。後になって困ったと思うことはよくあります。

 

そんなときは、交通事故の損害賠償に詳しい弁護士に相談すると、解決できることがあります。一度、相談してみてはいかがでしょうか?

 

交通事故 被害の相談は 弁護士法人 響

 

弁護士法人・響は、交通事故の被害者サポートを得意とする弁護士事務所です。相談実績は月1,000件以上。多くの交通事故被害者から選ばれています。


お困りのこと、ご心配なこと、お気軽に何でもご相談ください。
こんなサポートを受けられます!


交通事故の被害者専用フリーダイヤル

0120-690-04824時間受付中
相談無料・着手金0円・全国対応
メールでの無料相談も受け付けています。公式サイトからどうぞ。


※「加害者の方」や「物損のみの方」からの相談は受けていませんので、ご了承ください。

 

こちらも読まれています

 

ページの先頭へ戻る