被害者が事故現場ですべき3つの初期対応

Point
  • 交通事故に遭ったとき、被害者が必ずやっておくべきことが3つあります。
  • これをやっておかないと、損害賠償請求できない、過失相殺で賠償額を大きく減額されるなど、困ったことになる場合があります。

 

被害者が事故現場で必ずやっておくべき「3つのこと」とは?

交通事故に遭ったとき、負傷の程度にもよりますが、被害者が事故現場ですべき初期対応は、次の3つです。事故直後の対応を誤ると、あとで泣きを見ることがあります。

 

事故直後に被害者がすべき3つの初期対応
  1. 必ず警察に交通事故を報告する
  2. 相手の身元・車両・保険を確認する
  3. 事故現場の状況を記録し、証拠を収集する

 

必ず警察に交通事故を報告する

加害者側が警察に連絡しないような場合は、被害者側が110番通報して必ず警察を呼ぶことが大切です。警察に報告していないと交通事故証明書の交付を受けられず、相手方への損害賠償請求や自身の人身傷害保険に保険金請求ができなくなります。

 

車同士の軽い接触事故や軽微な物損事故、被害者(歩行者など)が軽い転倒で済んだ事故の場合、警察に報告しないことがありますが、事故直後には自覚症状がなくても、何日かたって症状が現れることがありますから、注意が必要です。

 

車同士の事故の場合、加害車両の運転者や乗務員だけでなく、被害車両の運転者・乗務員にも警察への報告義務があります。

 

歩行者が被害者の人身事故の場合、被害者に警察への報告義務はありませんが、加害車両の運転者が警察に連絡しないようなときは、被害者側が連絡することが大切です。

 

警察への事故報告は、運転者等の義務であるだけでなく、保険金の支払いを受けるための必須条件です。

 

相手の身元・車両・保険を確認する

被害者が、加害者について確認しておくのは、次の4項目です。

氏名・住所 相手の氏名、住所、連絡先。

可能なら運転免許証を確認しましょう。

車両 車のナンバー、車両の所有者。

可能なら自動車検査証(車検証)を確認しましょう。

勤務先 相手の勤務先。
保険 相手が加入している自賠責保険と任意保険の保険会社・契約番号。

可能なら自動車損害賠償責任保険証明書を確認しましょう。

 

これらが分かっていれば、たとえ相手と連絡が取れなくなった場合や、加害者が損害賠償に応じない場合でも、加害者の加入する保険会社に保険金(損害賠償金)を直接請求することができます。

 

交通事故で損害賠償義務を負うのは、加害車両の運転者・保有者のほか、相手が業務中の事故なら、その雇用主・加害車両の所有者です。運転者の身元はもちろん、車両の所有者も確認しておくことが大切です。

 

事故現場の状況を記録する

損害賠償請求のときに問題になるのが、被害者と加害者の「どちらに、どの程度の過失があったのか」という過失割合です。

 

事故時の記憶は、日が経つと曖昧になっていくものです。あとになって、加害者が自分に都合よく供述を変えることもあります。負傷の程度によりますが、被害者側が事故の状況を記録しておくことが大切です。

 

「警察が実況見分するのだから、そんな面倒なこと必要ないのでは?」と思うかもしれませんが、実況見分調書には、被害者の言い分が十分に反映されないことがあります。特に、重傷を負ったときや死亡事故の場合に、加害者側の供述に沿った実況見分調書が作成されやすくなります。

 

しかも、民事事件(損害賠償請求)で、実況見分調書や供述調書を常に利用できるわけではありません。

 

ですから、被害者側が独自に、事故の現場や事故の状況を記録し、加害者の供述、目撃者がいれば氏名・住所・目撃内容を記録しておくことが重要なのです。被害者が救急搬送されたときは、後からでも、被害者の記憶が薄れないうちに事故状況を記録しておくとか、目撃者を捜しておくことが大切です。

 

事故現場を記録するポイント

事故現場の記録で重要なポイントは、具体的に次の点です。

 

事故の状況 衝突地点、衝突の個所・程度、被害者の転倒位置、車両の位置関係、タイヤ痕・スリップ痕の位置・長さ、血痕の位置・形状、破片や積荷の散乱状況、車両の破損の状態など。
現場の状況 事故発生の時刻、天候、道路の幅、路面の状態、信号機、横断歩道、照明、樹木、標識、交通量、交差点の見通し、交通規制の有無など。

 

記録には、写真や図面が便利です。スマホや携帯のカメラで様々な角度から事故状況や破損個所を撮っておきましょう。最近はドライブレコーダーを搭載した車もありますから、その有無を確認し、事故発生時の映像を確保することも重要です。

 

事故現場は、警察が到着するまで保存できればいいのですが、被害が拡大しないよう緊急措置が優先です。ただし、緊急措置として負傷者を救出したり、事故車両や散乱した積荷などを移動する場合も、もとの位置確認は必要です。

 

事故状況の記録は、加害者と確認しながら事故発生時の位置関係が分かるメモ・図面を作成します。可能であれば、第三者の立会いを求めましょう。

 

加害者の供述を記録する

事故の原因が加害者の過失にある場合、事故直後には、加害者も自分が悪かったと素直に認めるものです。しかし、時間が経つと「申し訳ない」という気持ちも薄れ、警察が到着したころには、最初に言ったことをひるがえすことも少なくありません。

 

加害者が自分の過失を認めるような発言をした場合は、その場に第三者がいれば証人になってもらうことができますが、事故の当事者以外いなければ、スマホなどで会話を録音しておきましょう。

 

メモ書きして加害者のサインをもらっておく方法もありますが、「念書を求められたら断る」というのが、多くの「交通事故の加害者向けハウツー本」に出ています。メモ書きに加害者のサインを求めることは、難しい場合もあります。

 

どんな方法にしろ、事故直後の加害者の言い分を記録しておくことが必用です。相手から先に誤られると、「誠実な人のようだ」と安心するものですが、「相手の言い分は時間が経つと変わることがある」ということを知っておくべきです。

 

目撃者に証言を依頼する

目撃者がいれば、警察の実況見分に立ち会ってもらえるよう頼みましょう。警察が来るまで待てないようなら、その人が見聞きしたことをメモ書きしてもらうか、目撃者の話を自分でメモにし、サインをもらっておくとよいでしょう。

 

証人になってもらえる場合は、氏名・住所・目撃内容(事故発生時の信号表示など)を控えておきましょう。

事故直後に被害者がすべき大切なこと(まとめ)

 

交通事故に遭った被害者が、事故直後にすべき3つのポイントと、事故現場でのチェック項目をまとめておきます。もちろん負傷の程度によりますが、可能な限りやっておくとよいでしょう。

 

被害者がすべき3つのポイント

  1. たとえ軽微な事故の場合でも必ず警察に報告する

    警察に届けていないと、後遺症状が出ても交通事故証明書を発行してもらえず、保険金請求ができなくなります。

  2. 相手の身元・車両・保険を確認する

    相手と連絡が取れなくなった場合でも、加害者の加入する保険会社に保険金を直接請求することができます。

  3. 事故現場の状況を記録する

    事故状況の記録、加害者の供述、目撃者の証言は、損害賠償請求の際に役立ちます。

 

まず、加害者と協力して道路の危険を防止する緊急措置を行い、その後すみやかに警察に連絡します。警察が到着するまでに、相手の身元・車両・保険の確認、事故状況の記録、相手の供述の記録、目撃者探しをやっておきましょう。

 

事故現場での7つのチェック項目

  1. 相手の運転免許証、勤務先
  2. 相手車両の番号、車検証
  3. 相手の自賠責保険・任意保険
  4. 現場の状況・事故の状況の確認(できれば写真を撮っておく)
  5. 相手の言い分(できれば会話を録音するかメモしておく)
  6. 目撃者の氏名・住所・目撃内容(事故時の信号表示など)
  7. ドライブレコーダーの有無、事故時の映像確保
 

お困りのときは、今すぐ弁護士に相談

これらのことを事故直後にできればいいのですが、初めて事故に遭ったら冷静に対処できるものではありません。後になって困ったと思うことはよくあります。

 

  • 事故状況についての保険会社の認識が違う。
  • 自分に過失はなかったのに、過失があったようにされている。
  • 過失割合に納得できない。

など、お困りのことがあったら、今すぐ交通事故の損害賠償請求に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。早く弁護士に相談するほど、メリットが大きいのです!

 

弁護士法人・響

 

あなたにおすすめのページ

交通事故被害者は弁護士にいつ相談するのがよいか
交通事故被害者が弁護士を選ぶとき大切な5つのポイント
交通事故の示談交渉を弁護士に頼む5つのメリット・1つのデメリット

関連ページ

交通事故を起こした当事者がしなければならない4つの義務
交通事故を起こした当時者(加害者・被害者)がしなければならないことは、道路交通法第72条で定められています。違反すると罰則があります。
ひき逃げ・当て逃げ(救護・危険防止義務違反)の罰則
交通事故直後にしなければならない負傷者の救護措置義務、道路の危険防止措置義務、警察への報告義務に違反すると罰則があります。
交通事故に遭った被害者がよくやる初期対応3つの間違い
交通事故に遭った被害者が、すぐに現場を立ち去ったり、その場で示談金を決めたり、自分の過失を隠したりすると、正当な損害賠償金額を受け取れなくなります。
実況見分調書は過失割合の判定に影響する
実況見分では自分の主張をしっかり述べることが重要です。実況見分調書をもとに過失相殺率や過失割合が判断されるからです。
交通事故が起きたとき保険会社への連絡はいつするべきか
交通事故が起きたとき、直ちに保険会社に事故の発生を連絡しなければいけません。これは保険約款に規定した保険契約者・被保険者の義務で、事故通知を怠ると支払われる保険金が減額される場合があります。