「補償の範囲」も「保険の性格」も異なる

Point
  • 人身傷害補償保険も搭乗者保険も、被保険自動車の搭乗者全員を補償対象とする点は同じですが、人身傷害補償保険は、被保険者が歩行中に事故に遭ったときなども補償対象とされ、補償範囲が広くなっています。
  • 人身傷害補償保険は被保険者の損害を填補する「損害填補型保険」ですが、搭乗者傷害保険は契約金額に応じて一定の保険金が給付される「給付型保険」で、そもそも保険の性格が異なります。

 

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は、被保険自動車に乗っていて事故に遭い、運転者や同乗者が死傷したときに保険金が支払われる保険で、よく似ています。

 

2つの保険は、どう違うのでしょうか?

 

大きくは、補償範囲の違いと、そもそも保険の性格(損害填補型・給付型)が違うということがあります。

 

補償範囲の違い

人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険も、被保険自動車に乗っていて事故に遭ったとき、その搭乗者(運転者・同乗者)の全員が補償対象となる点は同じです。

 

人身傷害補償保険は、それ以外の事故も補償されます。

 

人身傷害補償保険は、被保険自動車に搭乗中の事故のほか、記名被保険者(保険証券記載の被保険者)やその配偶者、同居の家族、別居の未婚の子などが、他の自動車に搭乗中の事故や、歩行中に車やバイクにはねられたなど車外での自動車事故により死傷した場合も、補償の対象となります。

 

つまり、人身傷害補償保険の方が、搭乗者傷害保険よりも補償の範囲が広いのです。

 

搭乗者傷害保険の被保険者は、被保険自動車の搭乗者ですが、人身傷害補償保険の被保険者は、記名被保険者とその配偶者、同居の家族、別居の未婚の子、被保険自動車の搭乗者です。

 

保険の性格の違い

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は、搭乗者に対する保障ということで同じように見えても、実は、そもそも保険の性格が異なります。

 

人身傷害補償保険は、保険契約の範囲内で、被害者(被保険者)が実際に被った損害を填補する保険です(損害填補型実損填補型)。

 

一方、搭乗者傷害保険は、被保険者の損害を填補する保険ではなく、被保険者が該当する事故に遭ったときに、保険契約の範囲内で一定額の保険金を給付する保険です(給付型)。

 

そのため、人身傷害補償保険は、相手側から既に支払いがあった場合などには、支払いのあった額(相手自動車の自賠責保険などからの支払額、加害者からの賠償金など)を損害額から控除した額が、保険金として支払われます。

 

それに対して、搭乗者傷害保険は、加害者からの賠償額や相手自動車の自賠責保険からの支払額などに関係なく、保険契約金額に応じて一定額が支払われます。他の保険と重ねて支払いを受けることができます。

 

また、人身傷害補償保険は「損害を填補する保険」ですから、治療費などのほか、休業損害や慰謝料も補償の対象になります。一方、搭乗者傷害保険は「損害を填補する保険ではない」ので、休業損害や慰謝料は支払われません。

 

このように、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は、そもそも保険の性格が異なるのです。

まとめ

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違いをまとめておきます。

 

  人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
補償の範囲 被保険自動車の搭乗者全員

そのほか、被保険者が歩行中の事故や被保険自動車に搭乗中の事故なども補償

被保険自動車の搭乗者全員

保険の性格

【実損填補型】
被保険者の損害を填補する保険で、すでに損害が填補されている部分は、その額を控除される

【給付型】
契約にもとづき一定額の保険金を給付する保険で、賠償金や他の保険から支払いを受けていても重ねて受け取れる

 

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険について、詳しくは次のページをご覧ください。

 

人身傷害補償保険は過失相殺なしで被害者の損害を全額補償

搭乗者傷害保険は定額で支払われ損害賠償額から控除されない

 

ここで紹介しているのは一般的な内容です。保険会社や個々の保険によって異なることがありますから、必ず、ご自身の保険契約・保険約款をご確認ください。

 

お困りのことがあったら、今すぐ「保険会社との交渉に強い弁護士」に相談することをおすすめします。早く弁護士に相談するほど、メリットが大きいのです!

 

弁護士法人・響

関連ページ

任意保険の種類と内容|被害者は自分の任意保険から補償を受けられる
自動車の任意保険には、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、人身傷害保険、車両保険があり、備えたいリスクに応じて自由に選んで契約できます。
人身傷害保険のメリット・デメリット
人身傷害保険(人身傷害補償保険)は、被害者に過失があっても過失相殺せず損害を補償します。約款所定の損害額算定基準(人傷基準)で損害額を算定するため、示談成立前でも保険金を受け取ることができます。ただ、人傷基準は裁判基準より低いため、人傷基準損害額は裁判基準損害額より低額です。
搭乗者傷害保険は定額で支払われ損害賠償額から控除されない
搭乗者傷害保険は、運転者・同乗者が死傷したときに定額で支払われる保険で、損害賠償額から控除されず重ねて受け取ることができます。
自損事故傷害保険は単独事故・無責事故を補償
自損事故傷害保険(自損事故保険)は、単独事故や無責事故により運転者や同乗者が死傷した場合に備える保険です。自賠責保険から補償を受けられないときに保険金が支払われます。
無保険車傷害保険は無保険や当て逃げの死亡・後遺障害を補償
無保険車傷害保険は、自動車事故で死亡または後遺障害を被り、相手の車に対人賠償保険がついていなかったり、当て逃げなどで相手が分からない場合に補償される保険です。
車両保険は事故、台風、盗難などで被害損害を受けた車両を補償
任意保険の車両保険は、自動車事故や単独事故、盗難、台風などにより被保険自動車が損害を被ったときに保険金が支払われます。
任意保険に共通する免責事由
任意自動車保険には、任意保険全体に共通する免責事由と各保険ごとに定められた免責事由があります。任意保険に共通の免責事由をまとめています。
対人・対物賠償責任保険に特有の免責事由
任意自動車保険の賠償責任保険(対人・対物賠償保険)は、被保険者が加害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、任意賠償責任保険に特有の免責事由があります。
傷害保険・車両保険に特有の免責事由
任意自動車保険の傷害保険・車両保険は、被保険者が被害者になった場合に備える保険です。任意保険全体に共通する免責事由のほか、傷害保険・車両保険に特有の免責事由があります。