免責でも賠償金は支払われる!

Point
  • 自賠責保険・自賠責共済の免責事由は、重複契約を除き、悪意事故だけです。悪意免責に該当したとしても、被害者請求はできます。
  • 重複契約の場合も、1契約分については被害者請求できます。

 

通常の保険は、免責事由に該当すると保険金は支払われません。自賠責保険・自賠責共済も同様で、被保険者が保険金の支払いを請求しても、保険会社は免責を主張できます。

 

しかし、自賠責保険(自賠責共済を含む)では、悪意免責に該当しても、被害者が直接、保険会社に賠償金の支払い請求したときは、保険会社は免責を主張できません。

 

免責事由に該当しても被害者請求できる理由

免責事由に該当しても、なぜ被害者請求ができ、保険会社は支払いを拒否できないのか。簡単にいえば、法律に定めがあるからです。自動車損害賠償保障法(自賠法)で、被害者の直接請求権を特別に定めているからです。これが、一般の自動車保険(任意保険)との違いです。

 

被害者の直接請求権は、保険契約にもとづく保険金請求権とは違い、自賠法によって定められた被害者の特別の権利なのです。

 

そもそも賠償責任保険契約というのは、保険会社と被保険者との間の契約です。保険契約者が保険料を支払い、保険事故があった場合には保険会社が被保険者の損害を填補するために保険金を支払うものです。

 

自動車保険も同様です。事故が発生したとき、加害者は被害者に対して賠償金を支払います。支払った賠償額は、加害者にとっては損失(損害)となります。その損害を補填するのが自動車保険です。

 

自動車保険の中でも自賠責保険は、単に保険契約にとどまらない被害者の保護・救済を目的に、法律(自賠法)にもとづいて創設された強制保険です。被害者救済を保障する制度という位置づけがあります。

 

そのため、自賠責保険でもカバーしきれない部分については、政府が直接保障する制度(政府保障事業)も設けています。

 

ですから、通常なら、保険契約の当事者(保険契約者・被保険者)が故意に事故を起こし、保険金を騙し取る行為に対しては保険金は支払われませんが、このような免責事由に該当する場合でも、被害者の直接請求権は否定されず、被害者請求が可能な仕組みになっているのです。

 

悪意免責の場合の被害者請求後の処理

悪意免責に該当する場合に、被害者が直接請求して、保険会社が賠償金を支払ったとき、この賠償金は、保険会社にしてみれば、本来なら免責になり、支払う責任がないものです。

 

そのため、保険会社は、被害者の直接請求に応じて支払った金額について、あとから政府の保障事業(自動車損害賠償保障事業)に請求できる仕組みになっています。つまり、保険会社は被害者に賠償金を支払いますが、賠償額の支払い義務があるからでなく、立替払いをしているだけなのです。

 

保険会社から請求があると、政府は保障事業から補償金を支払います(自賠法72条2項)。これにより政府は、その支払金額の限度で、被害者が加害者に有する損害賠償請求権を取得します(自賠法76条2項)。最終的には、政府から加害者に対して求償がなされるという仕組みです。

 

重複契約の場合、一番最初の「1契約分」は支払われる

重複契約は、1台の車に複数の自賠責保険が契約されていることです。重複契約の場合の免責とは、一番最初の契約だけが有効で、あとから契約したものは免責になるということです。

 

この場合、免責といっても、「1契約分」については支払われます。これは、加害者請求でも被害者請求でも同じです。

 

被害者が知らずに「契約が後の保険会社」へ請求したとき

被害者が重複契約を知らずに、該当する保険契約(締結時期がもっとも早い保険契約)以外の保険契約に賠償金の支払いを請求し、保険会社も知らずに支払ったときは、どうなるのでしょうか?

 

この場合、保険会社は本来免責となるものを支払い、被害者が不当利得を得たことになるので、民法703条の規定(不当利得の返還義務)により、保険会社は被害者に対して返還請求できることになります。

 

しかし、それでは被害者救済になりません。そこで、本来なら免責を主張できた保険会社は、給付した額を限度に、被害者が加害者に対して有する損害賠償請求権を取得し、被害者に対する返還請求権を失う仕組みになっています(自賠法第82条の3第3項・4項)。

 

こうして、その保険会社は、被害者に支払った額を加害者に請求して回収します。加害者は本来請求すべき保険会社に保険金請求することで、損害が補填されます。

 

重複契約は、保険会社と被保険者の間の問題です。被害者は、加害者が契約しているどの保険会社から支払いを受けても同じです。このように処理することで、被害者が不利益を被ることのないようになっています。

 

ただし、スムーズに被害者請求するためには、加害者が複数の自賠責保険を契約していることが分かったなら、最も契約締結時期が早いのはどの契約かを確認し、そこに対して請求するようにしましょう。

まとめ

自賠責保険・自賠責共済は、「保険契約者・被保険者の悪意によって生じた損害」と「重複契約」に限り、免責事由に該当します。

 

ただし、たとえ悪意免責に該当する場合でも、被害者請求の場合は、保険会社は免責を主張できません。

 

お困りのことがあったら、今すぐ「保険会社との交渉に強い弁護士」に相談することをおすすめします。早く弁護士に相談するほど、メリットが大きいのです!

 

弁護士法人・響

関連ページ

自賠責保険は同乗家族の負傷・死亡でも保険金請求できる
自賠責保険・自賠責共済は、運行供用者(車の所有者・運転者)以外は全て保険金支払いの対象です。加害車両の同乗者(家族も含む)が死傷したときは、保険金の支払い請求をできます。
自賠責保険・自賠責共済の支払基準
自賠責保険・自賠責共済は、傷害、後遺傷害、死亡ごとに被害者1名あたりの支払限度額が定められています。被害者が複数いる場合は被害者それぞれに限度額まで支払われ、加害車両が複数の場合はその数だけ限度額が増えます。
自賠責保険と自賠責共済の違い
自動車損害賠償保障法により自動車の保有者に加入が義務付けられた自動車保険には、自賠責保険と自賠責共済の2種類があります。制度は同じで、契約の引き受け主体が異なるだけです。
自賠責保険・自賠責共済の過失相殺
任意保険は、被害者の過失割合に応じて賠償額が減額(過失相殺)されますが、自賠責保険・自賠責共済は、被害者に7割以上の重大な過失があったときに限り過失相殺されます。
自賠責保険の加害者請求と被害者請求の違い
自賠責保険・自賠責共済には、被保険者による保険金請求(加害者請求)のほか、被害者が保険会社に損害賠償額を直接請求(被害者請求)できる制度があります。
自賠責保険・自賠責共済の仮渡金
自賠責保険・自賠責共済には仮渡金の制度があり、被害者が当座の治療費や生活費を必要とするときや、遺族が葬儀費用を必要とするときは、損害賠償額が確定していなくても加害者の保険会社に請求できます。
自賠責保険・自賠責共済の免責事由
自賠責保険・自賠責共済は、被害者の保護・救済が目的なので、免責事由は法律で制限されています。事実上、悪意免責だけです。なお、悪意免責に該当しても、被害者請求には賠償金が支払われます。