主婦・主夫の収入額の算定方法

Point
  • 専業主婦の家事労働も金銭的に評価でき、交通事故で家事労働ができなくなった場合は、逸失利益や休業損害が認められます。
  • 専業主婦の基礎収入は、一般的に賃金センサスの女性労働者平均賃金を基礎とします。
  • 男性の家事従事者(主夫)の場合も同様に、一般的に賃金センサスの女性労働者平均賃金を基礎とします。
  • 有職主婦の場合は、現実の収入額と平均賃金額の多い方を基礎とします。

 

専業主婦・主夫も休業損害や逸失利益が認められる

専業主婦は、現実に収入を得ているわけではありません。しかし、家事労働という労務を提供しています。家事労働は、他で労務提供すれば、金銭的に評価され、相当の収入を得ることができるものです。

 

そのため、専業主婦が交通事故で従前のように家事労働ができなくなった場合は、休業損害や逸失利益が認められます。

 

主婦でない家事従事者、例えば男性の家事従事者(いわゆる主夫)の場合も、主婦の場合と同様に休業損害や逸失利益が認められます。

 

専業主婦の逸失利益を認めた最高裁判例

結婚して家事に専念する妻は、その従事する家事労働によって現実に金銭収入を得ることはないが、家事労働に属する多くの労働は、労働社会において金銭的に評価されうるものであり、これを他人に依頼すれば当然相当の対価を支払わなければならないのであるから、妻は、自ら家事労働に従事することにより、財産上の利益を挙げているのである。

 

ただ、具体的事案において金銭的に評価することが困難な場合が少くないことは予想されうるところであるが、かかる場合には、現在の社会情勢等にかんがみ、家事労働に専念する妻は、平均的労働不能年令に達するまで、女子雇傭労働者の平均的賃金に相当する財産上の収益を挙げるものと推定するのが適当である。

 

最高裁判決(昭和49年7月19日)の詳細はこちら
 ※最高裁のWebサイトにリンクしています。

 

専業主婦の基礎収入の算定方法

専業主婦の基礎収入の算定には、次の4つの方法があります。

 

  1. 賃金センサスの女性労働者の平均賃金を基礎とする
  2. 家政婦の賃金を基礎とする
  3. 家政婦の賃金と女性労働者の平均賃金の範囲内で相当額を認定する
  4. 家政婦などの代替労働を雇い入れた出費を基準とし具体的に認定する

 

このうち、一般的には「1」の賃金センサスの女性労働者平均賃金により算定する方法が用いられます。ただし、平均賃金には、全年齢平均賃金と年齢別平均賃金があり、どちらを基礎とするかは統一されていません。

 

全年齢平均賃金を用いることが多いのですが、高齢者の場合などは、被害者の年齢に対応する年齢別平均賃金を用いる場合もあります。

 

なお、東京・大阪・名古屋の各地裁交通部では、原則として全年齢平均賃金を基礎とすることにしています。

 

有職主婦の基礎収入の算定方法

有職主婦の場合は、「現実の収入額」と「賃金センサスの女性労働者平均賃金額」のいずれか高い方を基礎とします。

 

主夫(男性の家事従事者)の基礎収入の算定方法

男性の家事従事者(主夫)の場合も、主婦の場合と同様に、賃金センサスの「女性労働者の平均賃金」を基礎収入とするのが通例です。

 

「男性」労働者の平均賃金でなく、「女性」労働者の平均賃金である点に注意してください。

まとめ

専業主婦・主夫など家事労働従事者の場合、実際に収入がなくても、家事労働を提供していることに対して休業損害や逸失利益が認められます。基礎収入の算定には、一般に賃金センサスの女性労働者平均賃金が用いられます。

 

パートなどで働きに出ている場合は、現実の収入額と平均賃金の高い方を基礎に収入を算定します。

 

お困りのことがあったら、今すぐ交通事故の損害賠償請求に強い弁護士に相談することをおすすめします。早く弁護士に相談するほど、メリットが大きいのです!

 

弁護士法人・響

関連ページ

給与所得者の基礎収入の算定・証明方法
会社員や公務員など給与所得者の逸失利益・休業損害を算定する際に必要となる基礎収入額の計算・証明の方法について解説しています。
会社役員の基礎収入の算定・証明方法
会社役員の役員報酬の逸失利益・休業損害を算定する際に必要となる基礎収入額の計算・証明の方法について解説しています。
個人事業主の基礎収入の算定・証明方法
個人事業主の逸失利益・休業損害を算定する際に必要となる基礎収入額の計算・証明の方法について解説しています。
18歳未満の逸失利益の算定方法
交通事故の被害者が幼児・小学生・中学生・高校生といった18歳未満の未就労年少者の場合の逸失利益の計算方法について紹介しています。
高校生・大学生の逸失利益の算定方法と計算例
交通事故被害者が高校生・大学生などの場合、逸失利益の算定にあたって、基礎収入に賃金センサスの学歴別平均賃金を使うことができます。
年少女子の死亡逸失利益の算定で男女間格差を解消する方法
交通事故による逸失利益の算定において、女性の逸失利益は賃金水準の男女間格差を反映して低めになります。年少女子の死亡逸失利益の算定では、男女間格差を解消できる算定方法があります。